« リセット | トップページ | さらに食品偽装 »

2013年11月 1日 (金)

食品偽装

 毎度のことながら、こんな事件が起こるたびに、「結局、偽者でも『一流ホテルだから旨い』と味以外のことに自分が惑わされてるだけやんけー」とか思ってしまう。

 「さすがに、○○ホテルの食事は旨い!」とか「国産品は違うね」とか言っていたのだろうか?さも「味がわかる」的な態度をとってしまうことが恥ずかしいことである。

 私は前から「何食っても旨い。」と言っているのだが、こうなると、人は騙されて「アホ」と思われたくないため、料理の高い店にいかなくなるのではないか?

 つまり、高い店に行って、騙されて「偽装食品」を食べさせられるより、安い店に行って、最初っから「外国産」「養殖」「まがい物」とわかって食べた方が、少なくとも「騙された」ということはないからである。

 それか、もう個人店に行って、シェフとかオーナーの顔が見えるというか、知り合いの店でしか食べないようにするかだ。さすがに、知り合いを騙すような店・・はないと思うのだが。それでも騙されたら、そんな店のシェフなりオーナーなりを信用した自分の不明を恥じるしかない。

 こういうことって、海外ではどうなんだろう?

 本日12km。キロ5分57秒。途中で腹が痛くなった。

|

« リセット | トップページ | さらに食品偽装 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/58495291

この記事へのトラックバック一覧です: 食品偽装:

« リセット | トップページ | さらに食品偽装 »