« 広島太郎 | トップページ | 与那国島一周マラソン2 »

2013年11月11日 (月)

与那国島一周マラソン

 に参加。与那国島は人口1500人ぐらいの日本最西端の島である。天気の良い日は台湾の山なみは見える。

 この大会に参加することに決めたとき、「国内線ドットコム」で広島~沖縄便のチケットをとろうとしたら、よくわからんのだが満席だった。

 で、岡山~沖縄便往復を予約。それから沖縄から石垣島へ。石垣島で1泊した。そのとき、空港に着いたらホテルに電話して迎えの車が来る手はずだった。

 が、携帯が通じない・・。「こりゃ、なにかあった?」ということで、公衆電話でかけようとしたら列ができていた。並んでいる人が「携帯通じないよ。何かあったみたい。」と教えてくれた。しかし、公衆電話からも通じなかった。(結局、次の日の新聞によれば、何かの故障で3時間ぐらい、石垣(八重山諸島?)全体が不通になったらしい)

 しょっぱなから「どないすべー」という状況になった。車で30分ぐらいかかるため、歩いていくのは論外。とりあえず、観光案内でバスでの行き方を聞き、しばらく待って通じなかったら、バスで行くかーと考えた。でも、こういう状況はホテル側も知っている、さらに送迎は事前に頼んでいたので、おそらく通じなくても迎えに来るのではないか?と思い、バスの発着所に行くと、ホテルの名の書いたマイクロバスが止まっていた。

 やれやれである。

 そのバスで、偶然にも石垣市で試合のある与那国島の小学校のバレーボールチームと一緒になり、与那国島についていろいろ話をする。面白い話が聞けた。(またどこかで・・)

 その日は石垣に泊まり、あちこち歩く。

 ・・・・・・・・こんなことを書いていると、レースのことがかけないので、とりあえず、今日はレースのことを書く。

 レース当日は、「真夏」といっていい天気。最高気温は28度だったが、道路上は30度近くになっていたのではないか。さらに、よく知らなかったのだが、かなりアップダウンのあるコースだった。(ホテルに向かう車で、何回も出場している人が言っていたが、その通りだった)

 で、スタート。

 思ったほどランナーが少なかったのか、「あれ?こんな前でいいの?」と思いながら走り出す。コースは本当に、のどか、というか、道と草原と放牧されている馬を見ながら走る。沿道にも給水関係以外は人はいない。天気も良かったので、2基の風車までのコースは景色がよかった!!コースのよっては、前のランナーが海に向かって走っているように見える。(富士登山では、空に向かって走っているような写真があったけどそんな感じ)

 「こちらが日本の最西端」という標識があった。のんびりレースなら立ち寄りたかったのだが、「結構、いい順位?」と思い、寄り道せずに走る。(以降明日に続く・・多分1週間このネタで引っ張る)

 さて、日常生活では先週の水は休養、木は5km。金は移動で走らず、土はレースで25km、日は移動で走らず。

 本日13km。キロ6分27秒。体重激増。

|

« 広島太郎 | トップページ | 与那国島一周マラソン2 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/58557650

この記事へのトラックバック一覧です: 与那国島一周マラソン:

« 広島太郎 | トップページ | 与那国島一周マラソン2 »