« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

微妙な行為

 この前、ホテルに泊まったとき朝食はバイキングだった。

 パンコーナーにはオーブントースターが置いてある。そこに幼稚園か小学校低学年くらいのお子さん2人を連れたお母さんが来た。

 お母さんは、持ってきた袋から食パンと菓子パンを取り出し、そのオーブントースターで焼き始めた。

うーむ・・・

 確かに、バイキングのパンを持って帰ってるわけではないので、損害・・を与えているわけではないが、なかなかマネできない行動である。

 そういう、「ちょっとマネできない微妙な行動」で、コンビニでトイレを使用して何も買わずに出てくること、というのもある。

 この前の富士登山競争で、スタート会場のトイレは混んでいることが予想されたので、近くのコンビニのトイレを相方が使用した。

 当然、その後適当なものを購入した。

が、中には何も買わずに出て行く人もいるのである。

 確かに、スーパーではそういうことをすることがある。(ランニングの練習コースにスーパーがあり、ちょくちょく利用している)

 が、コンビにではそれが出来にくい。狭いからか?

 さらーに、最近スーパーで、こんな光景を目撃した。

 オバサンが店員に

「この御寿司、いつになったら半額になるの?」

と、結構切れ気味に聞いていたのである。値引きを待つ気持ちはわかるが、店員に聞くのはマナー違反のような気がする・・。

 うーん、これらの行動が平気にできる人は・・・・。

 といいながら、自分も他の人から見れば、デリカシーのないことをしているかもしれない。

 と思いつつ、本日は15km。前半はキロ6分51秒。トータル6分36秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月30日 (火)

富士登山競争

今年、私は出場せず、相方のみの出場。

 5合目まで車で行ったのだが、5合目の売店から1.5kmほど降ったところの駐車場に停めることができた。

 で、せっかくきたので頂上を目指すことに。昨年参加したときはとにかく早く登らねば、と夢中でよくわからなかったのだが、今回、より空気の薄さを感じた。

 とにかく、少し歩けば「ぜえぜえはあはあ」なのである。ルートを確認しようと頭を上げると

 ふら~~

 となって、倒れそうになる。

 それに、「こんなに登りにくかったっけ?」と思うくらい砂というか砂利でずるずるするし、岩場でゴツゴツしたところを四つんばいになって登ることに。

 ということで、頂上に到達。今回も500円でペットボトルのコカコーラを購入した。

 それにしても、疲れた。登ったら降りんにゃあいけんし。

 ということで、木は移動で走れず。金はトータル15kmぐらい?土日月は疲労で全く走れなかった。

 今日は走れるかと思い、走り出したのだが、12kmを7分13秒かかった。全然走れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

12km

 キロ4分49秒。10kmまでは48秒だったが、失速。しんどかったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

鳥人計画

(東野圭吾著)を読了。 あっという間に読んでしまった・・。

 スキーのジャンプのことはまったくわからないのだが、動機が「そんなことで、殺人を犯そうとするか?」という疑問が残ってしまった・・。

 ところで、ちょっとばかり古い小説には「携帯電話」が当然出てこない。この「携帯電話」がある・ないで様々な状況が変わってくるよなあ。

 時代劇なら古過ぎて「別世界」なんだろうけど、携帯やインターネットが普及する、ちょっと前の社会が舞台となる小説やドラマって何というのだろうか?「現代」ではない気もするが。

 昨日は12kmを7分弱で。疲れていて残り4kっまでは7分10秒くらいだった。

 本日は休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月21日 (日)

ウルトラセブン

 がアイスラッガーを武器に使うとき、頭が「禿げた」ようになる。子どもの時、紅白帽子をペコっと半分にしてかぶり、ツバの部分をアイスラッガーに見立てて「アイスラッガー」をまねて飛ばして遊んでたと思う。(ってこの文章でわかるのか?)

 そりゃいいのだが、アイスラッガーを投げた時のウルトラセブンは禿げた感じがするね、って友人同士で話していた。

 で、ウルトラセブンはM78星雲から来た宇宙人である。まあ、宇宙人だから体の造りは人類と違うと思うが、ロボットではあるまい。となると、アイスラッガーは「武器として着脱可能な体の一部」ということになるのか?神経は通ってないと考えると、髪の毛が硬質化してしまったのだろうか?

 そもそも「帰ってきたウルトラマン」っていう言い方も変なんだけど。多分「新ウルトラマン」とか言っていたするけど無理あるなあ。兄弟名として。

 結局、シリーズ化して、兄弟という設定が後付けになりつじつま合わせに四苦八苦したということになる。

 「帰ってきたウルトラマン」はマイナーな感じがして、何か悲壮感があったなあ。

 そんなどうでもいいことを考えながら20km。キロ5分40秒。最初の5km5分55秒だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

ああー

 しばらく、更新してなかったなあー。

順を追って書くと、9日(火)は休養。10日(水)は15kmのジョグ。11日(木)は12kmをキロ4分57秒のミドル?走。12日(金)は昨日の疲れかヘロヘロでキロ7分20秒少々の12km。

 本日は30km走。12kmと20kmで公園で水のみの給水。23kmで自販機で給水。やっぱり水だけではきつい。22kmまではキロ7分05秒だったが、そこからペースアップして最終的にキロ6分56秒。でもくたくただった。

 帰って、水風呂にザブン。夏はほとんど水風呂かぬるーい風呂なんだけど、疲労回復にはどうなんだろう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

普通に

歩いていても、

「足が痛いんですか?」と聞かれることがある。一番古い記憶では中学生の頃。近所のおばさんにである。その時は、「そうかな?」ぐらいだったのだが、ちょくちょく言われるところをみると、どうやら歩き方が偏っているらしい。

つい最近も、聞かれた。

 どうも、右足をひきずって歩いているようだ。これは若い頃からそうなので、ランニングをしているからではない。正確には左足を軸にして踏ん張って、右足は添えて歩いている感じ。

 寝転がっても、右足が開き気味になる。左足が45度の方向なら、右足は床面から20度くらいしかない感じ。股関節のせいだろうか?極端にいうと、走っていても右足を外側に回す感じである。そういえば、なかなか立って歩くのが遅かった・・ということをお袋から聞いたことがある。歩行器で歩いてばかりだったそうだ。

 左右均等に動けば、もう少し効率よく走れるかなあ・・ということと、

 なぜか小学校の時、片足の悪かった理科の先生のことを思い出した。

 本日20km。最初の5kmからキロ5分38秒、33秒、29秒、23秒。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンプリート ライジン

 練習用シューズをamazonで購入。昨年買った「ライジン」がよかったので、同じものを求めていたら、送料込みの5000円弱であった。

 同じ型なので、全く問題ない。プーマのシューズは3足目だが、作りが「柔らかい」感じと適度に軽く走り易い。

 昨日は30km。13kmと21kmで給水。徐々にペースダウンして結局キロ6分53秒だった。Photo Photo_2 Photo_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

まとまらないのだが

 多分、実業団や大学の陸上部や駅伝部に属していないランナーを「市民ランナー」って呼んでいると思う。

 これって、欧米から伝わった言葉なのだろうか?それとも、日本から?(とはいうものの、「ランナー」自体が外来語なのだが)

 「runer」の訳も面白い。まあ、「走る人」っていう意味なんだけど、「競争者」というのもある。野球でも「一塁ランナーが・・」って言ってる。

 野球ならば「打つ人・投げる人・守る人・走る人」ってことなんだろうが、市民ランナーならば 「市民競争者」か・・どうもイメージは違う。「市民走る人」っていうのも変だ。単に「走者」という訳もある。「市民走者」これなら割りとイメージに近い。(イメージってこれも外来語だ!)

 「使い走り」とか「使者」とか「集金人」とかの訳もある。

 で、野球の場合、素人集まりは「草野球」という。これの応用で「草サッカー」とか「草バスケ」とかいうのかどうかしらないが、「草マラソン」「草ランニング」とは言わない。実業団も出場する場合があるからだろうか?そもそも「草」って「草競馬」からきたのだろうか?

 てなことを考えながら、午前12km。キロ6分47秒。夜に8km。キロ7分15秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

失敗

 今日は久々に、昔走っていたコースを走る。

 夕方から夜となり、ラスト1kmぐらいで普通に降っていると・・

 「あ!」と思ったときには、道路を超えて、斜面に落ちてしまった・・。暗くてよく見えなかったのである。

 なんとか底までは転げ落ちなかったのだが、臀部左上を打った。力を入れると痛い。この臀部左上はそうでなくても、凝り固まった感じがする部位なのに。

 明日、どんな感じなっているだろうか・・・・。

 そんなこんなの16km。キロ6分43秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月11日 (木)

間違い電話

 携帯電話をほとんど利用しないのだが、時々間違い電話で留守番録音されているものがある。

 今日は、「お母さんだけど、家に電話があったいうんで・・」というもの。途中で「ばってん」っていう言葉もあった。

 「ばってん」って九州だけどどこだっけ、熊本?福岡?の方言かなあ。

 間違い電話の留守録で「とんでもないもの」や「面白いもの」がちまたにはあふれてるんじゃなかろうか?

 昨日は眠くてなんとか15kmをキロ6分47秒で走る。今日は休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

今の限界か

キロ5分で12kmのペース走。これが今のいっぱいいっぱい。汗びっしょり。

昨日は疲れていたけど、ゆううううううううくり5km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 7日 (日)

殺人の門

(東野圭吾著)をこの週末で一気に読んでしまった。

 最初の頃、主人公が「毒殺」に興味を持ったため、次々に毒殺していく・・のかと思いきや、そうでもなく、誰かを殺そうと思うたびに、踏みとどまるので、「殺人の入り口で止まってしまう・・だから『殺人の門』なのか・・。」と思いつつ読み進めた。

 読み進めるうちに、主人公のお人好しというか、友人「倉持」にいいように扱われることにイライラしながら、「どうなるどうなるどうなる」と昼寝も忘れて読んでしまった。

 「倉持」が実際のところ、悪辣な人物でありながら、何故か恨まれ破局寸前で踏みとどまるという・・。小説だけど、人って矛盾したところに魅力が生まれる場合がある。

 本日20km。キロ7分。昨日の疲れがあってしんどかった。14kmで給水。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休養のツボ

 水曜日は時間的にはゆとりがあったのだが、どうにもこうにも疲れて走る気にならなかった。

 翌木曜日は、雨の合間を縫って10km。休養したせいもあり、気持ちよく走れた。

金曜は12kmのジョグ。キロ6分20秒くらいだったか。

 昨日、つまり土曜日に30km走をキロ6分で、と思い走り出したのだが、15kmまでキロ5分43秒。そこで家に帰って給水をとっていたら土砂降りとなり止める。

 で、夜に走り出し20km。これがキロ5分40秒。最後のあたりはバテバテだった。

 結果論かもしれないが、「この日に休んだら、体がよおおく回復する。」という「休養のツボ」なる日があるかもしれない。水曜日に時間があるからと無理して走ったら、週末これだけ走れなかったかも・・。よくわからんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 2日 (火)

 昨日はゆっくりキロ7分を目安に走っていた。12km。

 すると、あと2kmぐらいで土砂降りになる。それから急いで走ったためキロ6分55秒ぐらいとなった。

 本日は15km。キロ5分50秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »