« なるほどー | トップページ | 希望が丘の人々 »

2013年6月 1日 (土)

悪の教典

(貴志 祐介著)を今さらながら読了。

 まあ、小説だから・・・・ということなんだけど、それでも上巻を読み終えて、続きが気になり、すぐさま下巻にとりかかり、瞬く間に読んでしまった。

 これを読み終えて、重松清の『希望が丘の人々』を読み始めた。まだ4分の1程度だが、主人公がぬるすぎてぬるすぎてイライラしてしまっている状態。でもこっちの方が深みがある話になるんだろうなあと思う。

 何か対極にある感じ。

 昨日は疲労がピークだったのか、11kmをキロ7分35秒。途中で何度か止めようと思ったが、10kmは走ろうと思い踏ん張る。最後の辺はほとんどキロ8分近くになった。

 今日は30kmをキロ7分で。15kmで自販機給水。23kmで家で補給と給水。11kmまでは新しいコースで走った。

|

« なるほどー | トップページ | 希望が丘の人々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/57504069

この記事へのトラックバック一覧です: 悪の教典:

« なるほどー | トップページ | 希望が丘の人々 »