« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

瀬戸内アイランドトレイル

呉in上蒲刈島に参加したものの・・・。

玉砕!

 まず、一山目の下り。急斜面に唖然とした。がんばって、降ろうとしたのだが、太股前面が引きつりそうになり、とても降れなかった。次々抜かれた。

 このように、上りで抜いても、下りでことごとく抜き返され、さらに後方から来た人々にも抜かれまくった。なんといっても、走って下ることができないのだ。用心して、ちょこちょこって降ろうとするものの、転げ落ちそうになり、それでブレーキをかけると太股が引きつりそうになるという悪循環。

 登りも降りもそんなに早さが変わらず、単に呼吸がしんどいかそうでないか・・ということになってしまった。

 前々からわかっていたことだが、どうも降りに関しては才能&技術がないようである。運動神経とか体の柔軟性なんだろうか?

 3つの山を走り終わり、最初の山をまた登って降るのか、と思ったが残り5kmは舗装道路を走るのだった。ちゃんとコース図を見ておけばよかった。山を下って、一生懸命走って3人ぐらい抜いたが、いやーその前に30人以上には下りで抜かれたなあ。

 帰りに、御手洗という所へ行った。古い町並みを保存している。こんな観光地があったんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

サロモン XTWINGS2

  明日のトレランのため、トレイル用のサロモンを履いて走る。リュックを背負って8km。キロ6分。

 この靴を履いてレースに出るのは、比婆山スカイラン以来だと思う。最初は、「むむ?」って感じだったけど、走るうちに違和感はなくなった。多分、大丈夫だろう。

 試し履きせずに、ネットでサイズと価格だけで購入したものだったがよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

幸福な生活

(百田尚樹著)を読了。

 ラスト1ページをめくっての一言がオチになっている。ショートショートということになるんだろうか。オチが予想できるものがほとんどなのだが、ついつい読んでしまう。話の進め方がうまい、のだろう。 「ラスト1ページめくっての一言」で統一されていることといい、前の「袋とじ」といい、本の形式を利用して読ませようと考えている。

 昨日は休養。今日はリュックを背負って16km。キロ6分23秒。これぐらいで走るのには腰は痛くない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月26日 (火)

鬼門

 やってもうた。

 例によってタイヤ交換をしていたら再び腰を痛めてしまったのだ。

 用心しながら、作業を行ったので交換中は大丈夫だったのだが、タイヤを倉庫に収める時、

 グキ!

 

 「ヤバッ」と思ったが、「気のせいだろう。多分。気のせい。」と思い込むようにした。

 が、そんな暗示は効くわけもなく、「イテテテテテテ」という状態になってしまった。

 走るときよりも、日常生活で不自由なのだ。腰を曲げると痛い。

 年度末で荷物の整理もあり、大変不自由なことになってしまった。タイヤ交換はどうやら鬼門である。金を払って業者にやってもらったほうがいいかもしれん。老いじゃ老い。

 一昨日は20kmのlsd。キロ7分。昨日はだるくて休養。本日は15kmキロ6分20秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

久々に

 昔走っていたコースを走る。

小刻みなアップダウンがあるコース。22kmを6分25秒。

 昔休日に走っているとき、よくすれ違った人が、今も走っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月22日 (金)

リュック

に500mlのペットボトル2本入れて、背負って走る。

 登りばかりで、アスファルトの道路から山道へ。木々が倒れていて走りにくく、山道は往復2kmもなかったか。

 帰りは必然的に下りばかりとなり、トータル12km。キロ6分25秒。天気も良く、ペースも気にせず気分よく走れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

カエサルを撃て

(佐藤賢一著)を再読。

 昔読んだときは、ローマ帝国のことをよく知らないまま、「佐藤賢一」の本だから、ということで読んでいた。

 今回、『ローマ人の物語』でカエサルについて読んだ後なので、背景もよくわかった。主人公は、ローマ人に抵抗するガリア人、ヴェルチンジェトリクスである。よく考えればとんでもない若者。

 さて、この話はそれはそれで面白かったのだが、興味深いのはカエサルの副官「ラビエヌス」である。軍事上カエサルが最も信頼した有能な部下。

 これが、カエサルがポンペイウスと対立すると、ポンペイウスの領地内で暮らしていたため、ポンペイウスに味方するのである。そして、そのときラビエヌスは配下の兵士を一人も引き連れることなく、身一つでポンペイウスのもとへ向かうのである。カエサルに対して、最低限の恩義・・ということなのだろうか。

 塩野さんは「ポンペイウスのクリエンテスであったから」としている。この人物を主人公にした小説はないのだろうか?

 今日は15kmのジョグ。キロ6分27秒。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

影法師

 (百田尚樹著)を読了。ぐいぐい読めて、面白かったのだが・・・・。

 何か、「読んだことあるような話だなあ・・。」と思って、思い出したのが藤沢周平の『風の果て』だった。

 主人公が出世していく過程も似ている。

 ネタバレになってはいけないのだが、オチは薄々予想できるし、「影法師」になる人物が、「そこまでするか?」という必然性というか、納得できる背景が弱い気もした。

 『風の果て』を薄めた感じがするのだ。申し訳ないけど。

 って、書いてamazonの書評を見たら、文庫本では肝になる「袋とじページ」があるようだ。

 なに?単行本と違うのだろうか?これで終わりではなかった?なぜ主人公にそこまでするのか秘密が書いてあるのかもしれない。

 百田さんの他の作品の解説を見て、読んでみたいと思った。

 昨日・一昨日は休養。今日は14kmをキロ6分35秒で。走っているときはそうでもないが、日常生活で(前屈したりすると)腰があまりに痛いので、近所の鍼灸に行く。

 3月末には蒲刈でトレイルランレースがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

宿毛花へんろマラソン後・・

 で、このブログ、後から書いた記事が先に読めるので、いかんのだが、

 帰り、松山道で事故があったらしく、かなり渋滞した。

 「帰り、遅くなるなー」と相方と喋ってた。

 で、予定時刻より大幅に遅れて帰ったのだが、なんと!!家の鍵を二人とも持っていくの忘れていたのである!

 出かけたときは、自宅警備員がいたので、そのままにしていたのだが、昨日は、この自宅警備員が「飲み」で遅くなる・・・とのことだった。早く帰っても全然、関係なかった。

 鍵を持っているのは、こいつだけ・・・。

 しょうがないので、相方は車で寝るし、私は郵便ポストから新聞をとって読み始めた。自分の家の前で何をやっておるのだろう?近所の人に見られたら、恥ずかしいことこの上ない。

 結局、日付が変わる寸前に帰宅して、家に入ることができた。ふー。

 もし、家の鍵をなくして入ることができなかったら、「鍵の110番」なんだろうけど、どうやって、「自分の家」って証明するんだろう?免許証で住所を確認させ、この家に住んでいることを証明する・・のかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿毛花へんろマラソン

 に参加。

 結果かいうと、予想通りのタイムで何とか3時間15分は切ることができた。

 天気は快晴。さらに気温も20度近くと、さすが南国高知である。まるで春の陽気だった。

 早起き&運転の疲れからか、最初の5kmまではだるかった。汗もたっぷり出た。一汗かいたら体が楽になったが、15kmまでは、「このペースで42kmはしんどいなあ・・。」と感じていた。ちょっと早かったかもしれない。前半は降り基調のせいもあり、ハーフまでは自己ベストに近いペースで走っていた。

 が、そこからは公認コースとは思えない(?)ハードな登りが28kmまで続いた。

 で、今度はそれを降るのだが、登りでロスしたタイムを取り返そうと、固くなった足でできるだけ早く降る。

 そこうしているうちに、暑さのせいか、喉も渇き、ガス欠を感じて給水所では必ず給水したのだが、止まって飲もうとすると、足が動かなくなるような気がして、走りながら飲む。

 40kmまでは何とか走れたが、残り2km近く、競技場の手前では急激な登りがあり、これが一番しんどかった。

 んで、何とか15分切りでゴール。練習・天気・コースから考えて、こんなものだろう・・と思いつつ、前半抑え気味にいっていたらどうだっただろうか。

 フルマラソンで、「よかった」と思える記録が出るのは、35km過ぎ、残り7kmをペースを崩さず走れるかどうかのようだ。そこからの失速は大きい。簡単にキロ1分近く遅くなるような気がする。粘るというか、そこまで足をつくるというか・・。

 で、この宿毛マラソン、今年で最後(の予定)だそうである。寛平さんがしきりに市長に「市長、今年で終わるんですか!?来年も・・」と話をふっていた。

 人数も適度で、体育館・競技場の設備もよかった。(走り終わった後、シャワーを使った。トイレもウォシュレット。)コースは難コースだったか、タイムを求めるより、雰囲気を味わう暖かいマラソン大会だと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

船を編む

(三浦しをん著)を読了。

 評判どおり、いやそれ以上に面白かった!読書好き、というか、言葉にこだわる人だけでなく、何かに拘る(あ、「拘る」って本当は「悪い意味」だとこの本に教えられたのに・・)人にもお薦めできる本。

 「言葉」って本当に不思議だ。

 昨日休養。今日も完全休養予定。

 水曜日に、某スポーツジムの無料券があったので行ってみた。無理せず、上半身を軽く起こしてこぐバイシクル(これって、何ていうんだろう?)をやったのだが、このせいかどうかしらないが、木曜に起きてみたら、右の腰辺りが痛くなった。

 今も前屈すると痛い。

 で、この某スポーツジムで、中途半端にサウナに入ったため、湯冷め?して風邪気味となり、ノーシンピュアを飲んで寝た。

 さて、明日は宿毛マラソン。初めての大会なのでコースはよくわからないが、気持ちよく走りたい。

 ゲストは間寛平さん。昔、尾道の「百島マラソン」に参加した時、来られて生で本人を見かけたことがあった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

本番前の

 最後の練習。10kmである。防府前にはキロ4分12秒くらいで走っていたのだが、今日はひいひい言いながら、キロ4分21秒だった。10秒近く遅い。ど素人の私が言うのもへんだが、まったく体に「キレ」がない。

 これで当日のタイムが推定できないかと思う。10秒×42kmで420秒、防府より7分少々遅いタイムかもしれない。

 となると、目指す目標は3時間15分切り、ということになる。

 なかなか、いつも自己ベストの状態というわけにはいかないのだなあーと感じる。つまり、自己ベストが頂点ではなく通過点で、さらにステップアップするための1段階・・というわけにはいかないのだ。

 感覚的には、調子は笠岡ベイファームからずるずる後退している感じ。体が無理している感じがする。この宿毛マラソンが終わったら、ミドル走やペース走は控えて、しばしジョグやLSDで過ごすかなあ。

 昨日は休養。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

腹減ったー

 体重落ちた・・って書いたけど、すぐ元に戻ってしまった・・。

 今週は前半、食事の量をちょっと抑え気味にしている。おかげで、ただでさえ食いしん坊万歳なのに、始終腹減り状態に。

 昨日は夜中に空腹で目が覚めた。

 名古屋ウィメンズで木崎選手が「緊張して前の晩一睡もできなかった」って言うのを聞いて、すげえな、と思ってしまった。精神力が肉体を支配してしまうことがある。

 小さいことでいえば、寒い中スタートまでの10分間、ランパンランシャツで待っているのも、通常であれば、「さむさむさむさむさむさむさむさむー、上着上着上着上着上着」って言うところを、我慢できているのもレースによる軽い高揚感、だからだろうなあ。

 昨日は12kmのジョグ。6分05秒。本日は15kmの結果的にはちょっとしたビルトアップ。6分から5分27秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月10日 (日)

疲労

 さして走ってるわけでもないのに、体がピキピキ疲労を感じている。

 金曜は12kmのジョグ。昨日は用事があって走れず。

 今日は20km。キロ5分のペース走も考えたが、朝起きたら、体がぐったりなのである。昨日走ってなのに。

「こりゃ無理。」と思い、体調に応じて走る。最初の5kmから5km刻みでキロ5分40秒、32秒、24秒。トータルでは5分17秒だった。気持ちよく走れたのだが・・。

 走ってないにも関わらず体重が落ちている。む、やっぱ体調がおかしい?

 来週は宿毛マラソンなので、あとは疲労を残さないように・・・である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

いまいち

 昨日は休養。

 今日は15kmのミドル走。最初の4.5kmがキロ4分35秒、以下、9kmで29秒、12.5kmで31秒、で、どんどん失速してトータル32秒となった。

 うーん、思うように走れなかった・・。そんなに感じていないのだけど疲労のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

レース後

 昨日は14kmのジョグ。キロ6分05秒で気持ちよく走れた。

 今日は5km×2本。1本目キロ4分18秒、2本目はキロ4分10秒。2本目は最初からちょっと飛ばして、どこまで粘れるか・・で走ったつもり。

 うーん、持っている走力をいかに配分して出していくかということかなあ・・。昨日だけじゃないけど、ラスト1kmでけっこう走れる場合、もっと早くからペースアップしておけばいいのか?ということを考える。ラスト1kmだからこそ、このペースで走れた気もするし・・。

 持っている走力以上の走りはできないのだが、走力の「売れ残り」は避けたいよなあ・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

引退

 今日は井原ハーフマラソン。

 結果は笠岡ベイファームより1分半以上遅かった。よくなかったといえばよくなかったのだが、走った感覚はそうでもない。「まあ、こんなもんだろう」という感じ。

 もう、10年以上走っていながら、未だにハーフは「最初から飛ばしていいのかよくわからん。」と思ってしまう。10kmぐらいなら、「最初からいけるときはいっとけー。」だし、フルマラソンなら「30kmまでは、まあゆとりを持って」だし、100kmなら「まあ、走りますか・・・。」ということなんだけど。

 今回、多少抑え気味に入ったら、5kmの時点でハーフ自己ベストの時より1分近く遅かった。もっとあの最初の降りを飛ばしてよかったのかもしれない。

 折り返してからは、ペースアップしたつもり。ほとんど抜かれることはなかった。しかし結局イーブンだと思う。

 寒いかな・・と思いつつランパンランシャツ。この格好で走るのは外見上抵抗があるのだが(いかにも、「やってます!」って感じが嫌)、機能的には(蒸れない。締め付けがない)これが一番いいので仕方がない。

 さて、走り終わった後、出店でシューズを購入した。

 あああああ、やっぱり、そんな実力はないってわかっていながら、「軽いほどいい。」という考えから、「ソーティジャパンテンカLV2」を購入してしまった・・・。1万1800円。安かったのでついつい即決してしまったのである・・。調べたら「価格com」の最安値より安かった。http://kakaku.com/item/S0000742234/

 ということで、「ソーティマジック 襷」は今回の井原で引退である。このシューズでハーフもフルも結構自己ベストを出した。よくがんばってくれた。

 帰ってから、夜このテンカで試走。3kmまで走ったら、しんどくなって500mぐらい歩く。頭がフラフラしてガス欠みたいな感じになった。歩いたら楽になり再び走り結局7kmとなる。

 2


Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

明日は

 井原マラソン。何年連続で出場しているんだろう?

 今日は15km。GH君を充電し忘れてペースはよくわからない。体感では6分30秒ぐらいのジョグ。

 おっと、昨日は時間がなくて8kmのジョグ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »