« 疲れている日 | トップページ | 大ピンチ »

2013年1月14日 (月)

第14回玖珂桜づつみロードレース大会

の10kmの部に参加。もう何年か連続して出場している。

 過去の練習日誌を見ると、前日30km走を行い、レースに参加していた。今年は5kmほどのランニングで参加なので、疲労度は少ないはずだったのだが・・・。

 会場へ向かう途中で、「あ!時計忘れた!」と気付いたが後の祭り、こんなことは初めてである。いかに緊張感がなかったか・・。

 1時間前からストレッチや軽くジョグをしてスタート地点へ。先頭に尾方広島経済大陸上部監督(でいいのかな)がいらっしゃった。写真や握手を求められると、気さくに応じていた。

 さて、スタートして、最初の1kmは「こんなもんか」と走りだしたのだが、2km以降から足が動いて、「いい感じ」と思い出す。ただ、このペースでどこまで持つか・・という不安がありながら走っていた。時計もなく、距離表示もないので、体調のみで走る。風もなく条件はよい。

 ラストの坂で前のランナーを抜こうと必死で走ったら、差込が起こり呼吸が出来なくなった。そこからはフラットな直線コースなのだが、最初は思うように走れず、呼吸を一生懸命整えてラストスパートをした。

 時計もないのでタイムもわからない。何かクジの当選番号を待つ感じで、完走証発行のところへ行くと、不具合で、発行が遅れるのことだった。

 お汁粉を食べて待ち、発行されるようになったので、貰いに行くと!

 

 普通の記録であった。かろうじて40分を切るタイム。「いい感じ」はおおいなる勘違いだったようだ。

 昨年、一昨年よりタイムは悪い。気持ちよく走れたと思ったのは、そんなに必死に走ってなかったからなのか?まあ、こんなもんかなあー。

|

« 疲れている日 | トップページ | 大ピンチ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/56541204

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回玖珂桜づつみロードレース大会:

« 疲れている日 | トップページ | 大ピンチ »