« オフ | トップページ | 年間走行距離 »

2012年12月23日 (日)

オクタビアヌス

『ユリウス・カエサル ローマ人の手紙Ⅴ-ルビコン以後』を読了。

 それにしても、カエサルを暗殺した、ブルータス以下10数名は何を考えていたんだろう?

1人を10数人で刺し殺すのも、嫌な感じである。

 2人のブルータスがいたことを初めて知った。

 で、その後継者争いのアントニウスvsオクタビアヌスであるが、そのとき、カエサルから後継者に指名されたオクタビアヌスは18歳。アントニウスは30代半ば・・。

 にもかかわらず、10数年後の争いの後、勝者はオクタビアヌスとなる。

 このオクタビアヌスが、若いのに、老成しているというか、冷静沈着というか・・、まさに善人の顔をした「悪人」という印象がある。

 それに引き換え、アントニウスは・・・絶対的な有利な地位にありながら、どんどん自分自身を自分で窮地に追い込んでいる。もちろんクレオパトラのせいでもあるけど、そのクレオパトラに惚れまくってるところが、すでに失敗だ。

 ちょっと、いや、かなり無理がある比較だけど、信長亡き後の秀吉と柴田勝家のような感じがする。柴田勝家には美人で有名だった信長の妹お市の方もいたし。

 金曜は15km。5分44秒。土曜は用事があって走れず。

 今日は30kmを6分38秒。20kmまでは6分50秒のLSDのつもり、そこから少しペースアップ。15kmで腹が減って、一度補給に自宅に帰る。

|

« オフ | トップページ | 年間走行距離 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/56376659

この記事へのトラックバック一覧です: オクタビアヌス:

« オフ | トップページ | 年間走行距離 »