« 気持ちよく | トップページ | 階段 »

2012年4月 3日 (火)

正木山トレイルラン 假谷国明杯

に参加。

 初参加だけど、実にユルユル感がよかった。スタート前になって、「おお、ここから」っていう感じでスタートライン線を引き始めるし。「大切なことを忘れてました。」ってまたまたスタート前に折り返しでチェックを受けることを言うし。

 スタートはピストルではなく、総社市長による「笛」。笛でスタートするのって、いつ以来だ?

主催者の人のいい意味でのテキトーさ加減がよかった。マジに。大会の日も「自分の都合で決めた」って言っていたのも良い。

 レースそのものは、よくわからんペースで走りはじめというか降り始め、山の上りは走れないので歩いて、他は走る。ニット帽を被って走ったのだが、何度も何度も枝にひっかかり落ちた。これは失敗だった。

 給水は1箇所だが2度通るので、実質的には2度給水できる。スポーツドリンクはなかったが、水、バナナやパン、梅干などがある。

 ここできちんと補給しとけばよかったのだが、今回、久々に「ガス欠」になってしまったのだ。

 水と梅干1個のみ。そのときは全然問題ない、と思っていたのだが、20kmすぎの表示があり、そこから「あー、腹減った~。」と感じはじめ、あっという間に足というか体に力が入らなくなった。

 もう、あとはひたすらゆっくりでも前に進むだけを心がける。

 ゴール前の最後の上りで歩いていると、明らかに私より年齢が上の人に「ファイトー!」と声をかけられる。「ガス欠でだめっス」と返事をし、そのランナーに抜かれる。

で、ゴールが見えて走り出したが、「まあ、タイムも特にこだわらんし、無理なく・・・。」とラストスパートせず(できず?)必死感なくゴール。

 ゴールして完走証を受けとったら、なんと、あと1歩で(マラソンに「あと1歩」ってどうなん?)、年代別での入賞だった。

 ああああ、あの時の年上ランナーが・・・と思ったが後の祭りである。

 それと、今回、唯一のランパンランナーだった気がする。白龍湖のときも思ったのだが、暑いのでハーフもロングも、はきたくないのだが、やっぱり、転げた時とか木の枝とかにひっかかれるとかの用心のために、はくのだろうか・・・。

 昨日は休養、本日は土砂降りで無理せず。

|

« 気持ちよく | トップページ | 階段 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/54378930

この記事へのトラックバック一覧です: 正木山トレイルラン 假谷国明杯:

« 気持ちよく | トップページ | 階段 »