« 30km走 | トップページ | 人間ドッグ »

2011年8月28日 (日)

街並み

  昨日、いつも行ってる、予約がいる1000円散髪屋に行ったのだが、そこで、

「ごめんなさい。もう20分ほど待って下さい。」と言われ、その近辺を散歩する。

 これが、「当たり」だった。昭和的な街並みを残している風景が多々あり、非常に堪能した。「こんな、アパートに誰が住んでいるだろう?」「こんな、古い平屋が!」とか、実に有意義な時が過ごせた。

 当たり前だけど、古い物は新しくつくることはできない。貴重である。

なんでだろう?昭和的風景に郷愁をそそられてしまうのだ。実際、今の暮らしぶりの方が快適でいいのだが。

 「故郷は遠くにありて思うもの」じゃないけど、「昭和」にもいえるのかもしれない。

 ところで、こういう時心配なのは、「不審者扱い」される可能性があるということである。かといって、同好の士が男性ばかりでは、「なんじゃ、この人たちは?空き巣の下見?」って思われそうで、恐い。考えすぎか?

 今日は、アップダウンのある昔のコースを久々に走る。最終的にキロ6分で走ることができた。

|

« 30km走 | トップページ | 人間ドッグ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/52590772

この記事へのトラックバック一覧です: 街並み:

« 30km走 | トップページ | 人間ドッグ »