« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火)

気持ちよい

今日は、足が動いた。15kmをキロ5分30秒で。

気温もちょうどよく感じて、足も万全ではないが、足裏マッサージが効いたのか、痛みも少ない。これくらいのスピードだけど、気持ちよく走れた。帰ってから、水シャワーを浴びるのも気持ちいい。

 今朝は、何でか船の中のトレッドミルで走ってる夢を見た。何か見知らぬ人と喋ってたのだが、もう思い出せない。

 娘が買ったニコンのcoolpix s3000が「レンズエラーです」という表示が出て、レンズ部分が閉じなくなった。購入して3ヶ月くらい。昨日の夜のことである。

「もー、腹立つ」と思い(こういうのって、ささいなことだけどイラつく)、朝一番で、修理センターに電話して担当者に状況を説明してたら、直っていた。「また、故障したらお願いします」って電話を切った。

 マーフィーの法則か?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

ホームレス歌人のいた冬

 (三山喬著)を読了。

 昨日も雨ではしれなかったので、読書。

 ホームレスのことを考えるたびに、「自分もいつこうなるか?」とか「こうなってもおかしくはない。」とか思ってしまう。全く無縁な話・・・とも思えないのである。

 短歌には全く興味が無いので、その作品の良し悪しはわからないが、ホームレス歌人を求めていく話は面白かった。

 特に、最後のあたりで、意外な人物がホームレスになっていることがわかる・・・。

 この本ではないけど、ホームレスは文字通り「ホームレス」で「ハウスレス」ではないということを聞いたことがある。

 今日は15km。キロ6分。2日間休養していたせいか、足は大丈夫だったけど、やっぱり、心肺機能はしんどい。

 GH-625の心拍計は電池切れだったのだが、そんなに使ってないんだけどなあ・・。

 今日から「スーパークールビズ」だそうである。前から流行っているのかもしれないが、扇子が今年も流行りそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

足裏マッサージ

 昨日、マッサージ店に行く。

ここは、前に通っていたマッサージ店で、いつも指名していた人が独立してつくった店。

1人ではなく、もう一人と一緒に。

 そこで、初めて足裏マッサージをしてもらった。左足の親指の下あたりが自分でも、「ぐりぐりして欲しい」と思っていたが、「ここ、えらい固まってますね。」と言われた。足の裏でも凝るようである。

 実に気持ちよかった。

 一昨日は12km。昨日は、近くのトレーニングセンターに行ったのだが、機器が一新されていた。なんと、バイシクルで心拍数が計れなくなっているのだ。

 これって、どうなん?なんぼ機械が新しくても、私にはダメな気がする。

 心拍数といえば・・・

 一昨日、久々にGH-625の心拍計をつけたのだが、全然反応しなかった。長いこと使ってなかったからか・・?

 比婆山スカイランの結果が出ていました。http://www1.ocn.ne.jp/~hgakuren/ibento/ibento.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

900号

 気がつけば、この記事で900号のようである。

たまたま、「記事数」を見たらそうなっていた。

といっても、特に何もない。

今日は13km。キロ6分20秒くらいか。

 1ヶ月休むと、心配昨日じゃない心肺機能がかなり落ちている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

少し

 走る。昨日は6km。キロ7分ぐらいか。太股前面がパンパン。

今日は休養か?足の裏を揉んでもらいたいー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

新徴組

 (佐藤賢一著)を読む。

面白かった。よくこんな題材を見つけてくるなと思う。

 佐藤賢一さんの本はちょくちょく読んでいたが、どちらかというと苦手な世界の歴史に興味が湧いてくるような本ばかりだった。

 新撰組は有名だが新徴組というのがあるのを初めて知った。さらに、「庄内藩」も藤沢周平の「海坂藩」のモデル・・と聞いたので、貧乏藩のイメージがあったのだが。

一度も藩主は転封・改易されず、官軍に負けなし。幕末では東北諸藩のうち、会津藩のみ悲劇の藩というイメージがあったのだが、おそるべし庄内藩である。

こんな藩があったとは知らなかった。

 西日本に住んでいると、ついつい、薩摩長州、つまり官軍の方をひいきしたくなっていたのだが、大人になると、「負けるにしても負け方がある。」と思うようになった。結果からではなく、過程が大切だなあと。

 東北地方は一度も行ったことがない。全く馴染みがない地方だが、この本を読んで鶴岡に行ってみたくなった。

 今日は休養。足は筋肉痛だが、脛は無事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

比婆山スカイラン

 に出場。

 あいにくの雨模様だったが、そんなに気にならなかった。結局、途中で晴れてきた。

 今日は後ろのほうからスタート。足の様子を見ながらぼちぼちと。最初に出場した時もそうだった、と思い出したのだが、山道は細く急であり、そんなに走れない。歩いて、ちょこちょこっと走って、っていう感じ。

 道はズルズルだったので、やっぱりトレイル用シューズでよかった。下りは、前回は恐る恐るだったが、今回は、勢いよく下った。しかし、最後の方で転んでしまった。

 それよりも、上りで踏ん張っても足が滑って、「スカッ」って感じになる。

 レースは、練習不足なので用心して走ったつもりだったが、10km過ぎたあたりから、ガス欠&バテバテとなる。だた、幸いなことに、シンスプリントの心配は無かった。

 ラストの坂は、歩いたが、ゴール付近で走る。前回より10分近く遅かったが、何とか走りきれてよかった。

 多分、無理をしなければそこそこ走れることがわかった。やれやれ。まだ、走り預金が残っていたということか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

比婆山スカイラン

 さて、明日は比婆山スカイランである。

 とりあえずは、完走が目標である。しかも足が通常の筋肉痛でおさまってくれればなお良し。明日の天気は残念ながら雨模様。こりゃあ、ずるずる滑りまくるかもしれん。トレイルラン用のシューズを買っといてよかった、ともいえる。

 今日は休養。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月20日 (金)

殺人症候群

貫井徳郎著を読む。

 知らなかったのだが、著者には「症候群シリーズ」があり、これが3作目、シリーズ最後の作品だった。

 シリーズを最初から読んだらもっと面白かったのかもしれないが、これだけでも充分面白かった。いろんな話が平行して展開していくのだが、一体これがどう関連しあっていくのか、また、過去の話もどう絡んでくるのか・・・。

 それと、「ああ!なるほど!」という小説ならではの仕掛けが・・。

 しかしながら、結末はハッピーエンドではない。

 今日は12km。キロ6分を切るペース。昨晩、足がうずいたのだが、これぐらいのペースなら何とか走れる感じ。暑くなって、走り終わった後の水シャワーが気持ちいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

12km

 昨日は休養。

 今日は12kmをキロ6分で。昨日休養した割には体は重かった。足も、若干鈍い痛みがときどきある感じ。

 これぐらいなら無理して走ってないのでいいのだが、もう無理はできないのだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

それなりの

 練習をしている。

 昨日は12kmを5分40秒で。わりと気持ちよく走れた。

 今日は、LSD90分。13km。多少痛みがあった。帰ってからアイシングをした。

多分、一進一退なんだろうなあ・・。

 たたた体重が、1.5kg増えとる・・・・。走りだした分、食べてるのか・・・。

 れれ!?MBTシューズを履いて30分ぐらい散歩したり、そのまま仕事もするんだけど、これぐらいじゃあ、効果ないの?それともこれから?

 でも、MBTシューズ。悪くないですよ。そこも厚くてフワフワ感はあるし、ただ立ってるだけなら、「かかとーつま先」でローリングしてみたりして。

 だから、買っても損はないと思う・・。

 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1025/210046.htm?o=0

 こんな意見もあります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

トレイルラン用

 シューズを購入。「SALOMON(サロモン) XT WINGS 2 9」である。

 シューズを履いて確かめずに、ネットで購入したのは初めて。1万5000円前後のが、1万円を切るぐらいのものを探したら、これだった。靴紐がワイヤー式のも初めてである。

 トレラン用シューズはアスファルトのような通常の道は靴底がちびやすいと聞いたので、近くの山道を走ることにした。

 登山道までの歩きを入れて、6km。山道は往復4kmぐらいだろうか、急勾配であんまり走れなかった。

 別段、靴擦れもなく(わりと新しいシューズを履くと、水ぶくれがよくできる)、シューズは全く問題がなかった。

 特に、下りが滑らず降れてよかった。

 もう少し走りたい気もしたけど、無理せず今日はこれぐらい。 

 ちなみに、相方が買ったシューズはこれ。これも、問題はなかったけど、何でこんなに安かったの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

破産

 もう、走り始めて8年ぐらいか?コツコツと「走り預金」をしていたのだが、どうやらこの1ヶ月の休養で、かなり使い尽くしてしまったようである。

 昨日は8km。坂道のあるコースだったが、かなり「ゼーハー」した。

 今日は90分のジョグのつもりで走り、平坦な道15kmをキロ6分35秒ペース。といっても、前半が6分20秒台、後半が40秒台と、今までなら体が動き出す後半の方がいいのだが、疲れて失速した。

 うーむ。「走り預金」、というより、「走り債券」か?シンスプリントショックで暴落してしまったようである。たった、1ヶ月で8年の投資が怒涛の如く目減りしていくとなると、さすが、シンスプリントショック、わが体に相当なダメージを与えたようである。

 「走り債券」一体、今どれだけ残ってるんだ?

 まあ、もともとスポーツとは無縁だったので、「元本割れ」はしてないと思うんだけど。

 不幸中の幸いはシンスプリントショックからは回復しつつあるということ。これも「クララの馬鹿!」じゃないけど、本当はなんでもないのに、気のせいかもしれないちょっとした痛みでも「あ、いけん。」って思ってしまうんだよなー。

 まあ、ぼちぼちと、堅実な「走り定期預金10年満期」を目指していくかー。(もはや、何のたとえかわけがわからなくなってる)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

久々のランニング

今日、久々に5km走った。キロ6分23秒。平坦なコースである。

結局、4週間休養した。

 足の痛みはなかったが、体が重かった。たった5kmなのに、えらい長く感じた。

 走りながら、「そういや、初めて5km走った時、『やったー、5kmも走れるなんて、すげえ。』って思ったよなー。」とジョギングを始めた頃のことを思い出した。

 あの頃は、3kmぐらいでヒーヒー言っていたのだが。

 とにかく、走れてよかった。シャワーを浴びてさっぱりした。水中ウォーキングもいいけど、「汗をかいて、さっぱり感」があまりなかったのである。

 とりあえず、当面はタイムうんぬんよりも、気持ちよく走ることが目的。もし何とか復活できたら、休むことも恐くなくなるかもしれない・・。

 医者からは「無理せずに練習を再開してください。」と言われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

マサイ・ベアフット・テクノロジー

 はたして、「わけあり」であった。

と言っても、「わけ」はシューズではなく、お店の都合のようだ。

で、購入してしまった・・・。Photo

 歩き方のDVD付きである。

ずっと前に説明を聞いたときも思ったのだが、結構慣れるまで面倒だな、とも思った。

 とりあえず、最初の週は15分を3~4回のウォーキング。1日1時間を目安に、とある。

Mbt

どうやら、正規には27,300円するものらしい。http://jp.mbt.com/Home/Collection/Shoes/Kimodo-Black-SS10-M.aspx

 さて、その後帰ってから、色々調べてみると、ネットでは安売りしているようだ。

例えば下のように。どうやら、この店が一番安いようである。

  ↓ ↓       

話題でのシューズMBT♪Nama ナマ ウ...

話題でのシューズMBT♪Nama ナマ ウ...
価格:5,688円(税込、送料別)            

カスタマクリード通販

 で、本家では、「ネット通販にご注意を」的なメッセージもある。http://jp.mbt.com/Pages/Counterfeit.aspx

 どうなんでしょう?ちなみに、私が購入した店はHP上の「正規販売店」にはなかった・・・。(しかし、トレイルランシューズでは今まで行った店で最も豊富であり、ちゃんとした店である)

 ちなみに、履いたらこんな感じ。

Photo_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MBT

  シューズというのがある。http://jp.mbt.com/default.aspx

  知る人ぞ知るシューズなのだが、なんせ高い!3万円前後するのだ。

 何年か前、取扱店で説明を聞いたのだが、結局、値段がネックであきらめたことがある。

 昨日、トレイルラン用のシューズを捜しに、「某店」に出かけた。足を痛めているので、山道でも安定性のあるシューズの方がいいかなあ・・とも思って、である。

 トレイルランの世界はよくわからないので、店員さんの丁寧な説明を聞いた。

 メーカーは、「バスク」「モントレイル」「コロンビア」など・・価格はどれも1万2000円~1万6,7000円ぐらい。足を入れると、ランニングシューズにはない安定感があり、思いのほか良くて、欲しくなってしまった。

 ただ、年に1回あるかないかのために購入するのも躊躇われる・・・。

 「アシックス」や「アディダス」といったランニングシューズのメーカーも出しているが、その店にはなかった。店員さんによると、トレイルの世界では、これらは後発メーカーということになるそうだ。

 そうこうしていると、ふと横のワゴンの張り紙に

「MBTシューズが1万円!」というのが見えた。

「え!あのMTBじゃないMBTが1万円!?本当に?わけあり?」

と店員さんに聞くと・・(長くなりそうなで続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

3km

 歩いた。途中、1km弱くらいゆっくり走って。

 痛みはないけど、全体的に体力は落ちてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

東京島

 (桐野夏生著)を読了。

 予備知識は、無人島に男性多数と女性一人という設定のみ。

 それで、勝手に女性は若い人って思ってたら40代後半だった。てっきり、旦那と一緒のところから話が始まるのか、とも思っていたが、それも違っていた。

でも、一気に読んでしまった。横着なことを言うけど、島の地図があればよかったかも。

 トレーニングは昨日も今日も水中Wを2時間。たまに横に歩いたり、後ろに歩いたり。

ほとんど、痛みを感じなくなった。明日は陸上ウォーキングをしようかどうしようか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

温泉

 んで、帰りに温泉に入ったのだが、これが、とても温泉を営業しているとは思えない普通の民家・・。

Photo_13 「ひょうたんの湯」とも「高尾の湯」ともいわれている、秘湯・・・。

 料金は500円。(過去のHPでは400円だったけど値上げしていた)

 受付が無人のこともあり、そのときは料金箱に勝手に入れるシステム。

 行った時には、ご老人3人(男性1人、女性2人)の先客がいた。

 風呂場ははっきりいって、3人も入ればいっぱいなので狭い。

 お湯そのものは、良かったと思うのだが、(水が飲める)

いかんせん、「なんでここまで?」というぐらい炊いていて、熱すぎた。中でおじいさんと

「燃料代ももったいないのに、ここまで熱くせんでも・・」と話をした。

 出てきたら、小さい子を連れた若夫婦が来た。結構、繁盛しているのだろうか・・?Photo_17 

参考HP

http://www1.bbweb-arena.com/cla/index_334.htm

Photo_15 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 2日 (月)

比婆山

に登った。

 コースは、県民の森公園センター→毛無山途中→出雲峠→烏帽子山→比婆山御陵→立烏帽子山→立烏帽子山駐車場→県民の森公園センター。

 4時間近くかかった。嬉しかったのは、久々にこれだけ歩いて、左足脛内側の痛みがほとんどなかったこと。(筋肉痛はあった)

 痛みがあったら、途中引き返すか・・それも面倒だけど、痛いのに歩くもなあ・・と迷っていたので、本当にホッとした。

 登山道は倒木がかなりあって、障害物競走のような感じ。スカイランの時までには整備されるのだろうか?

 で、比婆山にはまだ雪があったのだ。

Photo でめずらしい、と思って撮ったのだが、そこらじゅうにあった。

Photo_9  しかも、この雪のせいで登山道が埋もれていて、道がよくわからなかった。雪道で人が歩いたあとを歩くようにしたが、ところどころ、

「ズボ!」

ってはまった後があった。

  

 特に、「立烏帽子山→立烏帽子山駐車場」は「この道であってんの?」

 というぐらい雪で道がわからないし、すべりそうになるし、かなりヒヤヒヤした。

(写真には撮っていません)Photo_11

ところで、「すべる」といえば、何年か前の「比婆山スカイラン」で何度もすべって転げたので、滑り止めをつければよいのでは?と思い、こんなものを買った。

Photo_12

  約1000円。近くのスポーツ用品店で。

 これを練習用のランニングシューズにはめて登ったのだが・・・

 効果はあったような・・・気がする・・・。まあ、登山靴でもすべってる人をみたしなあ。雪とぬかるみは仕方ないんだろうと思う。転げた時に、ハイカットの登山靴なら足首を捻らないということか・・。

 ちなみに、本来の使用方法ではなかったせいか、歩き終わったあとをみると、金具が一つとれていました。

 うーん・・トレイラン用のシューズは欲しいのだけど、そんなに年間何度もトレイルするわけでもなく・・。結構高いよね。トレイランシューズ・・。

 途中、道を聞いたときに、「竜王山はすぐ登れますよ、さっきも、女性がぶわーと走って登ってました。」と言われた。それは相方です。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »