« 第25回井原マラソン | トップページ | ジョグ »

2011年3月 7日 (月)

井原マラソン(分析編)

 何で、今回タイムが良かったのか、分析してみた。

①30km走のロング走が、結果としてハーフの余裕度を生んで粘れた。

②5kmとか10kmのレースに出ることで、体がある程度のスピードに慣れた。

③減量がいい感じだった。いつもガス欠が恐くて、食べるのだが、この前の吉備路でお腹が 張ったので、今回ハーフだし、セーブしたのだ。

④cw-xを履かなかったら、足が解放された気がした。この前の吉備路、途中で締め付けが嫌になり、脱ぎたくなったのだ。これが調子のせいかのかどうか、わからないのだが。例えていうと大リーグボール養成ギブスをとった感じ。(そんなギブスつけたことないけど)練習中のcw-xには助けられているのだが、あれが負荷になっているのかもしれない。

 うーん・・・この調子でいければいいのだけど、大体、良い・悪い、って交互にくるので・・

鳥取が恐い。

|

« 第25回井原マラソン | トップページ | ジョグ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/51059826

この記事へのトラックバック一覧です: 井原マラソン(分析編):

« 第25回井原マラソン | トップページ | ジョグ »