« 吉備路マラソン | トップページ | そうじゃ吉備路マラソン(反省編) »

2011年2月27日 (日)

そうじゃ吉備路マラソン

 久々に、しんどいレースになった。

結果は、復活吉備路3回目でワースト記録となってしまった。がっかり・・。_| ̄|○

さてさて、失敗の原因を分析して、今シーズンラストの鳥取マラソンに備えなければいけない。

 ブログを読んでいる数少ない人たちならお分かりと思うが、わりと、いい練習が積めていたのである。30km走もそこそこ走れて、ミドル走なんかも取り入れちゃったりして。

 しかも、風邪気味だったせいとドリエル(1錠)のおかげで爆睡。めずらしく、夜中にも目が覚めず、相方に起こされて驚いたくらい。(おかげで、運転中も眠かった。ドリエルの副作用?)睡眠もばっちり。

 さらに、トイレもばっちり。天候も問題なし。悪条件は考えられなかった。

 ので、スタート前に相方に「困ったなー、タイムが悪かったときの理由がないよー。足でも蹴ってくれん?」とか言ってたのだ。

 で、レース展開である・・。

 20kmまでは、ほぼ予定通りのペースを刻んでいた。

 「このままいけば、自己ベストは無理でも、3時間15分は切れそう・・・。」と思っていたのだが・・・・

 25km、30kmあたりから苦しくなる。調子が良かったら、ここまでそんなに力を入れなくても走れるのだが、結構無理した気がした。

 で、30kmからいつものようなペースアップというか、ペース維持もできず、失速し始めた。

 もう、こうなったら地獄である。とにかく後ろには下がってない、前に行かないと終わらない、という気持ちで走る。

 そのうち、吐き気もしてきた。胃が「走り続けると、吐いちゃうよ。」と言い始めたのだ。頭もフラフラする。

 結局、残り4kmの表示から歩く。レース中に歩くのって、何年ぶりだろう。いつかのベイマラソン以来。

 残り3km手前の喫茶店で水を出していたので、立て続けに飲み、そこから、ゆっくり走り始めた。

 もう何度か「また歩こうか」と思ったが、結局ゆっくり走って(といっても体感的にはいっぱいいっぱい)ゴール。歩き始めた時は、抜いていたランナーたちに抜き返されて、「もう好きに抜いてくれ~。」って気分に。これも10年ぐらい前の100kmマラソン以来の気分。

 んで、やっとのことゴール。ゴール後、喉が渇いて、水やスポーツドリンクをもらう。

 一体全体、何でこんな結果になったんだろう・・。

|

« 吉備路マラソン | トップページ | そうじゃ吉備路マラソン(反省編) »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/50986129

この記事へのトラックバック一覧です: そうじゃ吉備路マラソン:

« 吉備路マラソン | トップページ | そうじゃ吉備路マラソン(反省編) »