« 防府を | トップページ | 献血 »

2010年12月22日 (水)

SAトイレ

 高速のSAのトイレって、すごいね。

 外国のトイレをそんなに知らないんだけど、このトイレの「いたれり、つくせり」感は日本独特のものでは?と思ってるんだけど。

 ウォッシュレットはもちろん。ムーブ機能までつけて、何て細やかな配慮。万事大雑把などこぞの国には思いもつかない装置だと思う。脱臭装置に便座の自動上げ下げまで。

 ここまでは家庭のトイレでもある話。

 今回のSAではトイレットペーパー交換がスムーズにいく(予備のものを横に滑らせばOK)装置があった。ここまで、気を使ってるなんて。ここまでトイレを快適空間にするなんて。

 さらーに、ドアの開け閉めのところには、あせって「バターン!」閉めるガサツな人からドアの鍵部分を守るために、クッションとして「ゴム」もつけられている。

 トイレはどこまで進化するんだ。こんな発想、他の国にもあるのか?(もし、開発者が外国人だったら、ココまでの話は土砂崩れ)

 携帯の「ガラパゴス化」とかいわれている。

長距離界もマラソンより駅伝が主流な日本の現状を「ガラパゴス化」といっている。(多分。何かで読んだ気がする)

 トイレはいい意味で「ガラパゴス化」してるのでは?日本のトイレは世界に誇ってもいい技術だ!

 日本人の若者が最近海外に行きたがらないのは、もしかして、このせいかも。マジに毎日のことなんで。

実際、私もウォシュレットじゃないと嫌になっている。さりとて、同じ「水」といっても「インド式左手」には大きく抵抗がある。

相方いわく「尻を甘やかしとる。」と。

 今日は歩きで5km。そろそろゆっくり走ろうなー。

|

« 防府を | トップページ | 献血 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/50366967

この記事へのトラックバック一覧です: SAトイレ:

« 防府を | トップページ | 献血 »