« ノーベル賞 | トップページ | 2km »

2010年12月13日 (月)

酸素カプセル

 高地トレーニングの理屈からいえば、酸素の薄いところでトレーニングしたら、

酸素が普通にあるところでいい結果がでる。つまりトレーニングの効率がいい、という。

 逆だと、つまり酸素が普通にあるところから薄いところに行くと、体が慣れてないのでタイムは悪くなる。

ということは、酸素カプセルってーのはランニングにとって効果はどうなんだろう?

斉藤(もってる)選手が高校生の時、酸素カプセルで疲労回復していたって聞いたので、

疲労回復にはいいのかもしれない。

 なーんていいながら、この前酸素カプセルに入ったのだ。通常、60分で3~4000円ぐらいとられそうなのだが、そこはなんと1050円なのだ。予約もいっぱい入っていて、かろうじで、時間を確保し体験した。

 初めてなので1.1気圧だったけど・・・。果たして効果はあったのか正直わからんのである。カプセルの中で1時間寝て気持ちよかった・・というのはあったけど。

 「次、どうされますか?」と聞かれて、「ちょっと考えます。」と言ったけど、予約がいっぱいなところから、こういうのって継続しないと効果がないのかもしれない。

 昨日は、キロ7分・・・のLSDのつもりだったけど、6分58秒で20km。わりと気持ちよく走れた。

 今日は小雨の中12kmのジョグ。GH-625が充電切れで速度は計れず。今週は練習量と食事を減らさねば・・。

 

|

« ノーベル賞 | トップページ | 2km »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/50282534

この記事へのトラックバック一覧です: 酸素カプセル:

« ノーベル賞 | トップページ | 2km »