« 全日本女子大学駅伝 | トップページ | キタキタキター! »

2010年10月26日 (火)

引き際

 昨日帰ったら、妻と娘が録画していた「プロフェッショナル」を見ていた。

バレエの吉田都さんの話。

 私は、バレエに関心がないので「へいへい。」って見てたら、段々引き込まれてしまった。(つくりは・・・ちょっとくさいけど)

 ほとんどアスリートのようなトレーニングと生活。

 で、「頂点の時に引退する」と・・・

 ちょうどあるランナーと「一体、走るのを止める時っていつだろう?」という話をしてたのだ。もちろん、市民ランナーと「プロフェッショナル」では全然違うのだけれど。

 島田紳助さんも漫才をやめるとき、「落ち目になってやめたら、次の仕事が来なくなる。」と思って、阪神巨人、サブローシローそしてダウンタウンをあげて、他から惜しまれながらも「もう彼らより面白くない。」と止めた。

 走り始めの頃、タイムが同じくらいの人がいたら、「次はあの人に勝とう。」とか思っていた。その、「あの人」が見なくなることがある。

 「もう、走ってないのかなー。」と。そして自分もいつかはそうなるのかなーと。

 どんどんタイムが悪くなって、向上しなくなってあきらめがついて止めることになるのか・・。

 それとも、気持ちを切り替えて、「楽しく走ろう!」と思うようになり、体が動かなくなるまで走っているのか・・(動かなくなるまでって・・違うか・・)

 スコラ高原のクロスカントリーで妻が話をしたランナーは、いいタイムを持っていながら、医者から「50歳過ぎて走って体にいいことはない。」と言われて、スパッ!と止める決意をしたそうな。で、他のスポーツを考えていると。

 んー、「惜しまれつつ」とか「余力を残して・・」とかの方がいい感じはするけど。

 でも、野球の江夏や、今年の工藤のように「ボロボロになるまで。」っていうのもわかるんだけどなー。

 まあ、はっきり言って、だれも私が走るのを続けようが止めようが関係ないんだけどね。自分の気持ちなんだろうな。

 って今のところ、止める予定はない。

 昨日は、ゆっくり12km。今日は15km。5分20秒だった。寒くて風強い。

|

« 全日本女子大学駅伝 | トップページ | キタキタキター! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/49850370

この記事へのトラックバック一覧です: 引き際:

« 全日本女子大学駅伝 | トップページ | キタキタキター! »