« 続 ホウ酸ダンゴ事件 | トップページ | 死刑絶対肯定論 »

2010年9月29日 (水)

焦り

 まだ痛みがある。

 こういう時って、「治って走れるようになるのか?」と思ってしまう。

 改めてイチローってすごい・・・というより・・・「すごい」という言葉で表すのも何か、軽々しくなるぐらい、「すごい」。

 10年連続200本安打ではなくて、そのことに取り組める体を維持していることに。

 白鵬も連勝中はほぼ決まりきった生活をしていたと、新聞記事に書いてあった。

 クルム伊達さんも、頂点から引退、そして復帰してがんばっとるし。かつて若い頃の「ベストだった自分」でないのに、それはそれで前向きにがんばっているのがすごい。

 もう、前よりもどんどんタイムが落ちてきたらどうしようと思う。果たして、伊達さんのように前向きに取り組めるか・・・。

 などと考えつつ・・・。

 しわいマラソンを走った人たちで、ブログを書いていたりするランナーが、「何km走った」とか書いているのを見ると焦るなあ。

  でも、たまたま、今日の新聞に、岡本綾子がタイトルが取れなかったとき『焦りは禁物。メンタル面でも肉体面でもいいことはない』と言っていた。

 ということで今日も完全休養。本でも読もう。

 

 

|

« 続 ホウ酸ダンゴ事件 | トップページ | 死刑絶対肯定論 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/49593754

この記事へのトラックバック一覧です: 焦り:

« 続 ホウ酸ダンゴ事件 | トップページ | 死刑絶対肯定論 »