« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

歩いても歩いても

って、ウォーキングではなくて映画の話。

 家族がそれぞれこだわりを持ち、長男の命日に帰ってくる。最初はそうも引き込まれなかったが、だんだん、特に樹木希林の演技に引き込まれる。

 特に、長男は溺れた子どもを助けようとして死んだのだが、助けられたその子が成長して仏壇に参って帰った後、次男の阿部寛とのセリフがすごい。こわい。

 全然知らなかったのだが、阿部寛の妻役の夏川結衣がよかった。

 今日も休養。右足の甲の横がふくらんでいる・・というか腫れている。昨日に比べて、左足はよくなったが、右足のほうは痛みが増している。

 でも、数年前の丹後100kmのあとは1ヶ月以上満足に走れず、フルマラソンも散々だった。そのときのことを思えば、ましかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

ダメージ

痛みは主に左足の親指の付け根あたりと、右足の甲の内側。

あとは若干の筋肉痛。歩けるけど、走れる状態ではないし、ここで走る意味もわからない。

 そうそう、とんねるずの田島美容室格だっけ、その格好で走っている人がいたけど早かった。申し訳ないけど「あんな格好をしているので、いずれ落ちてくるのでは?」と思ったのだが、そんなことはなかった。

 仮装して速い人を見ると「結局、ユニフォームとかスパッツの機能面てたかがしれてるのでは?」と思う。

 サプリメントもそんな気がする。走り始めの頃はめちゃくちゃ気にして飲んでいたのだが、今は「テキトー」。ユンケルも飲むけど、ほとんど「気の持ちよう」「縁起担ぎ」のレベル。

 90%は練習で決まっているのでは?残り10%ぐらいが前日と当日の体調で、他の要素は「気休め」レベルでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

第10回にちなんおろち

 100kmに出場。

 結果的には、数年前の丹後100kmマラソンの記録を更新した。あのときは、制限時間40分前にゴールしたが、今回はそんなことはなかった。

 例によってドリエルを1錠だけ飲んで寝た。が、そのせいか最初の30kmまでは眠くて眠くて、あくびをしながら走った。体が起きてない感じ。

 そこから上りに入ったのだが、歩かず走る。小刻みに。ここで、体がやっと目覚めた感じがしたのと、歩いている人を抜くので気持ちよくなり、「結構走れるじゃん。」と思った。

 が、登っては少し降り、また登っての繰り返し。しんどくなる。

 応援してくれる人には申し訳ないけど「頂上まであと少しー。」と聞くと「なに、もうちょっとか!」と思い期待するのだが、この「あと少し」がくせもの。全然「あと少し」でないのだ。励ましてくれてるのだろうけど、心が折れそうになる。

 あ、そうそう。雨はそんなに気にならなかった。カンカン照りよりましだったかもしれない。

 63kmの中間地点では荷物交換はパス。でも、ここでダンゴ味噌汁やおにぎりやら結構食べた。ちょっと時間を無駄にしたか。

 ここからがしんどかった。下を向いてとにかく辛抱して登る。下りは足が痛い。

 75kmから、「残り25km、ペースアップだー」と思ったものの、よく考えたら25kmもある。すぐに挫折して、上り坂もあり、現状維持からどんどん下降していく。80kmでは、コーラばかり飲んだせいか、炭酸がきつくなり気持ち悪くなってきた。

 「あー、もう歩いても完走できるから歩くかー。」とも思ったが、村上春樹の本を思い出し、走る。

 すると、90kmすぎから体が軽くなり、いい感じで走れるようになった。最後だと思った坂での降りを飛ばす。実はゴール前にもう一つあったのだが。

 ラスト1kmは37kmの人たちと競り合ってゴール。ゴールしてみたら、何か余力があった感じ。

 終わってみたら、特に大きなアクシデントもなく無難に走り終えた。 あ!おならが結構出た。後ろにいた人ごめんなさい。「ごめん」っていうと一層恥ずかしくなりそうなので、言わなかったけど、不愉快に感じた人お詫びします。

 あー疲れた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

最終調整

 昨日は完全休養。

 今日は10km。キロ6分30秒で。明日は走らないので、これで終わり。走り始めは体が重かった。最後の2kmぐらいから目覚めてきた感じ。

 読み返してみると、2週間前が一番よく走れている。

 よく、「ピーキング」っていうけど、もしかしてこの週が・・てなことを思ってしまう。練習がよく積めているってことはそこがピークになって、本番に疲労が蓄積しとるとか・・。

 それと、最近睡眠不足。眠い。あー前日ぐっすり眠れればなー。あとトイレ。きちっと出しておきたいですね。無理だろうなあ。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

休養

 「止める勇気」「引き返す勇気」そして

 「練習を休む勇気」

 本番1週間をきって、体調の維持管理が大切な時期になった。

 でも、不安にかられてついつい走りたくなる・・・、こともなく、疲労が蓄積され昨日は「完全休養」しかもマッサージに行った。主に腰。

 「この日曜日100kmマラソンに出るんですよ。」と行ったら、「もう100km走ったぐらい、体がカチカチですよ。」と言われてしまった!

 確かに、腰がしんどい。ピキピキする。

 にもかかわらず、昨日走っていなかったので今日走る。12km。6分30秒くらいののんびりペースで。

 走り終わった後の冷水シャワーが気持ち良い季節になった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

健康ジョギング

 今日は完全休養にしようと思ったが、走ったほうが気持ちよさそうなので走る。

10kmをゆっくり。

 実際、汗をかいてシャワー浴びるとすっきりする。本当はタイムなんか気にせずに自分のペースで10kmぐらいのジョギングが一番健康にいい気もする。

 まあ、ほとんどのランナーが誰に言われたわけでもないのに、罰も報酬もないのに記録向上を目指している。

 誰に自慢するわけもなく、自慢できるタイムでもない。(世間で「フルマラソン走ってます」と言うと、「2時間30分ぐらい?」とへーきで聞かれることがある。テレビ中継のタイムからそう思うんだろうけどそんなタイムだったら、学生の頃から有名じゃーい)

 結局は己に対してのみである。

 いつまで記録にこだわっていくのか・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

大失敗

 昨日は、トレッドミルで8km走ったのだが・・・・、

 ついつい、『BORN TO RUN』の影響で裸足で走ったのだ。係りの人が「指を挟みますよ」と注意したにもかかわらず、「試しですから」って。

 最初、キロ6分の3kmぐらいまでは足裏が刺激されて気持ちよく走っていた。

 そう、何事も少しずつなのである。ここで止めとけばよかったのに、調子に乗って、キロ5分30秒くらいにした。

 しばらく走っていると足裏が熱くなって、ちくちくしはじめた。「やばいことになっとる」と思ったが、ランナーの悪い癖で、きりのいいところでと走って結局7km走って、残り1kmをクールダウン。

 終わって足裏を見たら「水ぶくれ」が両足に。アホ丸出し。

 自分の影響されやすさに腹が立つ。でも、裸足で走るのは最初は気持ちよかったのは確かである。

 この足で今日は15km。もちろんシューズを履いて。足裏はチクチクで、体は重かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

通勤ラン

 昨日は雨だったが、さまざまな事情により通勤ランを決行した。

 職場までは32km。コース的には降りである。

 にちなん対策として「ドリエル」を飲んで寝て走った。(にちなんの前日、早く寝るので飲む予定のため)まあ、ぐっすり眠れたのだが、走り始めも「ボー」とした感じ。眠い。効きすぎたのかもしれん。やっぱり1錠ぐらいでいいのかも。

 で、カーブミラーに激突。今、肩が痛い。それと、雨のせいか日頃の練習では全くそんなことなかったのに、アキレス腱のあたりに水ぶくれが出来て裂けて血が出た。

 そして、日本の国道?はやっぱり自動車用で歩行者を想定してない。走りにくいところが多々あった。また、ドライバーの方々にも多大なご迷惑をかけたような・・。

 雨のせいで暑くはなかった。ちなみにウェアは「しまむら」の速乾性Tシャツ790円のやつ。ただ、どうしても水溜りに足を踏み入れるので、靴と靴下はぐしょぐしょ。そんなことを考えると、やっぱ裸足が一番いいのかも。無理だけど。

 あと一昨日は完全休養しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

BORN TO RUN

 『走るために生まれてきた』(クリストファー・マクドゥーガル著)を読んでいる。

 「AMAZONで297人が5つ星をつけた!」とある。が・・・読めん・・というか読むのに難儀している。

 理由1、私はもともと外国人の名前が頭に入ってこない。読みながら「えっ・・誰だっけこいつ?」と言うことが度々。

 理由2、だからまとまった時間に読めばいいのに細切れ時間で読んでいるのでますます、前に返って「誰だっけ?」になっている。

 理由3、アメリカ人特有なのか?アメリカンジョーク?どーーーでもいい比喩表現が多すぎる。

 理由4、出てくる人物がウルトラランニング界では有名なんだろうけど、私が知らなさすぎるので、「誰だっけ?」とやっぱり頭に入らない。

 だ、か、ら、主要登場人物一覧表をつけてくれるとめちゃくちゃ助かったんだけど。

 にもかかわらず、諦めずに読んでいるのは、レースの展開や各マラソン、トレイル、ウルトラランナーたちのエピソードが、かなり興味深いからである。

 ザトペックのエピソードなんか「ふえー。」と感心した。

 読んでいると裸足で走りたくなってくる・・。そんな本です。

 今日は12km。疲労がピークかも。ヘロヘロ。キロ6分20秒くらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

グラン・トリノ

 昨日は疲れて、ゆっくり5km。途中で足も止まりへばった。

 それから「グラン・トリノ」を見る。

 よかった。が、絶対アメリカに住みたくないと思った。(まあそんなことはありえないけど)

 ストーリーに関係ない・・というか端々のやりとりが妙に面白い。へんな「コメディ」映画より。

例えば、イースドウッドが隣の「モン族」のばあさんに腹を立てて「ペッ」って唾を吐いたら、隣のばあさんが「ぶえー」って茶色いものを吐くシーンとか、イースドウッドと散髪屋のやりとりとか・・。

 今日は15km。キロ6分10秒かかる。どうも疲れている。何とか本番までいい感じに持っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

風邪気味

 昨日、疲れたと書いたがどうやら風邪気味。のどが痛いし、頭もすっきりしない。

とにかく眠い。

 にもかかわらず、小雨の中走ってしまった。30km。2時間45分ぐらい。最後の5kmでふらふらになってしまった。

 帰って、バクバク昼飯を食べて、頭がガンガンしたので寝た。で今起きた。

 さて、にちなんおろちまで2週間。今が疲労のピークのつもりで、これから疲労を抜いていく・・・つもり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

意外性と振れ幅

 「昔はとんでもない悪だったが、今は真面目にやっている」

こういう話に人は弱い。つまり感動する。

 で、これに対するつっこみとして、「そんなん、はじめから真面目にやっている者の方がえらい。」というのもある。

 しかし、人は結果ではなく、「意外性」や「振れ幅」の方に興味を引かれるのである。

 この前の大リーグの完全試合での誤審。当然怒っていい場面で相手を許すという「意外性」。

 これによって、許した選手は多くの完全試合を達成した投手より記憶に残るのである。

 もちろん、「誤審」ありきの感動である。誤審がないほうがいいのだけど。

 何が言いたいのか。いろいろあるけど、マラソンの付き合い方もそうではないのか?

 例えば、40代で2時間45分という市民ランナーにとって夢の記録を出してしまうと、そのときは嬉しいが、そこからタイムを縮めることは至難の業である。そこからの「振れ幅」がない。

 となると、ゆっくり、ゆっくりタイムを縮めていったほうが楽しみがあっていいのでは?と思ってしまう。

 確かに、40代、50代でサブスリーをキープ・・ということもあるが、「自己ベスト」ではない。

  もちろん、100kmマラソンの自己ベストに挑戦するということもアリだろう。

 100kmでも自己ベストが伸びなくなったら・・・距離を求めるようになるのだろうか?

 つまり、完走だけが楽しみだったのにいつのまにか「もっと・・もっと・・」ということがモチベーションになっている。

 あれえ、なんか出だしと全然違う話になっとる。

 今日は疲れた。心拍数115~140の設定でLSDのつもり。走っている最中眠かった。20km行きたかったけど、本当に疲れて眠くて、結局15kmで止め。1時間38分少々かかった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

元祖ランニング生活

 「ランニング生活」を検索してこのブログにたどり着く人がいる。

「へ?何こいつ雑誌の名前をパクっとんや」と思われる人もいるかもしれませんが、

あの雑誌が創刊される前からこのブログは「ランニング生活」だったのです。

 もちろん、「ランニング」も「生活」もありがちな言葉なので誰もが思いつくものでしょう。他にも似たような名前のブログもあります。

 しかし、マネをしたのではないということだけは主張しておきます。雑誌の名前をパクったアホじゃ思われるので。

 例えばブログの題名に「ランナーズ」ってつける、そんな恥ずかしいランナーはいなように。(多分)

 ちなみに、雑誌の「ランニング生活」。創刊号はちらっとみたけど、それ以来見たことがないんですけど・・・。

 今日は、15kmを1時間14分17秒で。1kmはクールダウンの合計16km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

燃費

 昨年7月に自動車を買い替えた。中古というか新古車。日産ノートである。

オートマ車ははじめて。燃費は20km/ℓぐらい行くと書いてあった。(参考hp)http://www2.nissan.co.jp/NOTE/E11/0801/index.html?page=w10

 しかし、平均燃費が表示されるのだが、大体16.5km/ℓ。前のマニュアル車とそんなにかわらなかった。

 「まあ、こんなもんだろう。所詮、一番いい状況のデーターをとっているんだろう。」と思っていた。

 しかし、1年経ってやっと気づいたのだが、「瞬間燃費」を表示させて、注意して、燃費が上がらないように効率のいい運転をしたら、なんと20.3km/ℓぐらいになるのである。

 1リットルあたり、約4kmも違う。これはえらいことですよ。40リットルいれれば160kmも違ってくるんですよ。

 ランニングと心拍数もそうだったりして。急発進、急ブレーキは体力を消耗しやすく、効率のいい一定の心拍数で走れば、疲労が少なくまあまあよかったりして。

 ただ、本番レースはそういうわけにもいかないんだろうなあ。

 ということで、、今日は平坦なコースで115~140の設定。平均は127。LSDのつもりで16kmだったけど、タイムは1時間34分12秒。キロ6分を切っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ラッセル・クロウ

 昨日書き忘れたが、ラッセル・クロウである。

 『グラディエーター』で勇猛果敢な復讐に燃える男を演じ、『ビューティフル・マインド』では統合失調症の不器用な数学者を演じる。

 すごいよね。あのマキシマム将軍が・・と見ながら思った。

 もう1作『シンデレラマン』もよかった。

 って書いてwikiで調べていたら、プライベートは「短気で粗暴な振る舞いでトラブルが絶えない」と書かれており、とても傍に近づきたくないような人物だ。

 ま、だから「演技している」俳優なんだろうけどね。

 今日は昨日休んだためわりと調子よく。アップダウンがあるコースで21km。1時間46分50秒くらい。キロ5分05秒だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

ビューティフル・マインド

 今日は完全休養日にした。休むことも練習の1つ・・・ということで。

 で、空いた時間に「ビューティフル・マインド」を見る。あんまり、予備知識なく見たのだが、最初から引き込まれた。

 そしてそれから40分ぐらいで・・・「ああ!」ということがわかり、そこからはちょっと見るのがつらくなった・・。

 しかし、最後はハッピーエンドである。こういう人を受け入れている大学がすごい。懐が深い。

 だからといって、この病気を抱えて、ごく普通の才能の人もいる(と思う)。

 最近『治りませんように』という本も読んだのだが、これも考えさせられた。たまたま身近にいないから「いい話」と感じるかもしれないが、もし身近にいたらその苦労は大変で、こっちの気の持ちようも随分違う気がする。

 うーん。うまくいえないのだけど、周りに嫌がらせのように迷惑をかけて、嘘つきで横着でとても付き合いたくないような人物でも、その人を肯定して付き合うぐらい、懐の深い人じゃないとダメなのか?

 そういう人の嫌な性格もあるがままに受け止めるのか?

 そういう人が「大人物」として認められる・・ということなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

LSD

 一昨日、昨日の山の上り下りで体が「ペキパキ」といった感じである。要するに疲れている。

 休もうか、とも思ったが、まあLSDで走ったら疲れもとれるのでは、と走り出した。

 心拍数を115~140に設定。

 いつもなら、これで気持ちよく走れるところなのだが、今回はしんどかった。心拍数が上がらないのである。

 ほぼ平坦なコースで走ったのだが、最初の2kmまでは「ヒクスギル!」と注意させることが度々、その後は2度。「タカスギル!」は1度もなかった。平均心拍数は124ぐらいか。

 結果として12kmを平均キロ6分09秒というペースになった。いつものLSDなら6分30秒ぐらいだと思う。

 わからんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

努力する能力

 後藤正治著『不屈者』を読む。

 わからない世界のことだが(野球、ラグビー、シンクロ、将棋、登山・・・など)、取り上げた人物の「面白さ」が十分に伝わる本だった。

 後藤正治さんの本で他に読んだことがあるのは『牙』『リターンマッチ』『スカウト』などである。かなり前に呼んだので内容はうろ覚えだがハズレなし!どれも面白い。

 と書いていると再読してみようという気になった。

 読んでみると、「才能」とか「天才」とか言われるが、当然、努力しているわけである。

 どんなに才能があっても、「努力する能力」がないとその場限りで終わってしまう。

 そんな人、多いのではないだろうか?

 登山家の山野井さんの話で小指他を切断する話があり、3本だけになったので、5本のときより60%の力か・・と思いきやそれ以下になった。小指の力は大きい、とあった。

 ヤクザが落とし前をつけるのに小指を落とすというのはいつから始まったのかもしれないが、小指を落とすと力が半減するという経験から生まれたものだろうか?

 今日は近くの山を家から出発し、登って降りてまた登って降りて家に帰った。30km。3時間15分少々。

 心拍数やスピード、高度はこんな関係でした。

2010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

毛虫の逆襲

 この前、庭の薔薇についている毛虫をとっては足で踏みつけ虐殺していた。

 毛虫に腹を立てていたわけではなく、薔薇を守るためである。

 で、今日は近くの山に走りに出かけたわけだが、この前見つけた「名水」を飲もうとした。

 するとコップに毛虫がついているではないか!幸い外側だった。

 しかし、コップを振って落とそうとしたら内側に入り込んでしまった。しかも落ちない。

 諦めて、手ですくって名水を飲んだ。インド人の気持ちがわかった。自分の手が一番信用できる。

 あの後、何も知らずに「あーおいしいわねえ、山水は」てなことを言いながら飲むウォーキングの人とかハイカーがいるんだろうなあ。知らぬが仏である。

 今日は21km。平均するとキロ6分弱ぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

心拍数

 今日は最低を130、最高を160に設定して走る。

 最初の2kmぐらいはGH-625M君はへんな反応をしていた。どうやら、最初止まったり、急に飛ばしたりすると、とまどうのか正しい反応をしない気がする。

 以下はその記録。130160_2

最後は、ダッシュを何本か繰り返して。15km+1km。15kmは1時間20分を切る感じで。

 最初のうちは心拍数を130まであげるのがしんどい。大体5kmぐらい走って落ち着く感じである。

 今は、ウルトラにむけて、記録ではなく完走を目指しているので「まあ、走ればいいんでしょう。」的な練習だけど、秋になってフルマラソンで記録を目指す場合、体に負担がかからず、なおかつ仕事に差し障りもなく、そして記録も伸びるような効率的な練習が理想。

 そのための適切な心拍数トレーニングメニュー・・・。データを送ったらアドバイスをしてくれるような通信教育的なシステムとか、教室とかあればいいけど、つも東京とか大阪とか大都市でよくあるけど。地方都市でもないかねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

与力

 昨日、風呂に入っていたら「『大塩平八郎の乱』の『大塩』て今の警察の地位でいったら何だろう?」という疑問がふと浮かんできた。

 地位は与力。インターネットって便利。すぐ調べられる。どうやら警察署長クラスらしい。

 まあ、警察署にも大きなところ小さなところあるので、そのへんはよくわからないが、確かに、警察署長が反乱というか、暴動を起こしたのだから驚いたろうな。

 ところで、「与力」を調べていたら「与力」には驚くべき特権があったのだ。知らんかった。クイズにもなりそうなネタである。(というか、多分なってる)

 朝、女風呂に入れるのである。

 理由は空いてるからとか情報が手に入るとか・・・。ほんまかいな?

 一体全体当時の風呂の雰囲気はどうだったのかね?江戸時代は男女混浴もそれほど厳しくなかった・・・というのを聞いたこともあるのだが・・。

 まあ、毎朝入っていたら「助べえ与力」とかあだ名をつけられそうである。それとか、色仕掛けで「うちの旦那を見逃してくれ・・。」的なことがあったかもしれんし。

 てなことを考えたり考えなかったりで17km。しんどかった。

 昨日くじいたところは夕方から痛くなり、シップをした。シップをすると寝るときに端がめくれて、それが気になってよく眠れんかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

16km

 今日は2kmを適当に走って、その後、最低心拍数を130に設定して走る。

 上りでは当然、軽く超える。下りも意識して走るので超える。

 問題は平地。気が抜けると、心拍数が130以下になり「ヒクスギル!」と怒られてしまう。3回怒られた。

 で、残り2.5kmぐらいのところで足をくじきそうになったので、用心してゆっくりジョグに切り替える。幸いなんともなかった。

 それで15km走り、残り1kmは流して終了。

 心拍数130以上で設定したときは大体キロ5分40秒前後だった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

テレフォンショッピング

 マジで買うか・・。液晶テレビつきなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れた

 昨日、心拍数115~140の間で15km。気持ちはLSD。一昨日、かなりの距離を走っていたので、しんどいか、と思ったがわりと走れた。

 しかし、今日はいけなかった。足がだるいし体が重い。

 それでも、何とか5km。GH-625Mをつけずに。感覚的にはウォーキングに毛が生えたぐらいか、ジョグに毛を抜いたくらいのたどたどしい足取りで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »