« 走行距離 | トップページ | にちなんおろちウルトラマラソン »

2010年5月 2日 (日)

最大心拍数について

 これがいろんなHPなりブログなりを見て考えた。

 まず、220-(年齢)。これだと175になり、60~70%の練習(LSDか)で約105~122である。この脈拍ではすぐに超える。

 運動している人は210-(年齢)というのがある。これだと185となる。60~70%の練習(LSDか)で約111~130である。これでも、実際走ってみるとゆっくりすぎる気もする。

 最大心拍数を出す目的は心拍数に応じた練習をするためである。「コンコーニテスト」といって、100mごとにスピードを上げて、1.5kmぐらい走るのだが、ある地点までは脈拍数とスピードが比例しているが、それを過ぎると、心拍数はあがらなくなる。この比例していた心拍数を基準にして練習強度を決めるようだ。

 しかし、実際にやってみようにも適当なコースがない。んで適当に平坦コースでやったが、ペースアップがわからず800mぐらいで息も足も絶え絶えになった。そのときの心拍数が190少々。

 心拍数トレーニングはかなり個人差があると思う。本格的に体験できる人(研修会とか)以外は自分の感覚でつかんでいくしかないのでは?と思った。

 以下、私の場合、今のところ120~140までがLSDのような感じ。ちょっとした坂道になるとすぐに140は超える。

心拍数なんか関係なく気持ちよく走ると130~150ぐらい。これがジョグかな。

しんどいのは160~180。坂道になると180後半になる。

|

« 走行距離 | トップページ | にちなんおろちウルトラマラソン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/48265543

この記事へのトラックバック一覧です: 最大心拍数について:

« 走行距離 | トップページ | にちなんおろちウルトラマラソン »