« 50km走 | トップページ | パロマ事件 »

2010年5月11日 (火)

谷亮子

 谷亮子氏が参議院の比例代表に民主党から立候補するそうな。

 そこでのインタビューで、小沢幹事長が「知名度が抜群で百万、千万の味方が・・・」と言っていた(多分)

 正直、これは「ハズレ」ではないだろうか?知名度は確かだがそんなに彼女って好感度を持って迎えられているのか?

 彼女を見ていると、何か柔道でも家庭でも「幸せ感」というか「幸福感」を無理に演出している気がしてならないのである。正直、うんざりさせられるのだ。柔道の選手なのに「政治家に・・」と言う話にのってしまうセンスもわからん。だから、そんなセンスのない人物が、国を引っ張る政治家になることが怖い。

 実際のところはわからない。会ったこともないし。 「スポーツ振興のためにがんばる」らしいが、その分野って事業仕分けで民主党が削ってるではないのか?

 もう、「知名度」だけでは票は集められないのではないか?何か+αがないと。逆に、「知名度」だけで候補者にしてしまうと、票集めの魂胆が見え見えで、引いてしまう。魂胆が見え見えなものほど覚めることはない。

 

|

« 50km走 | トップページ | パロマ事件 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/48330539

この記事へのトラックバック一覧です: 谷亮子:

« 50km走 | トップページ | パロマ事件 »