« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

ウルトラマラソン

 「にちなんおろち100km」に出場する。本番まで1ヶ月を切った。

 100kmのウルトラマラソンは2回目である。1回目は7、8年前の「丹後100km」だ。まあ、40kmまでは「楽勝!」だったのだがそれからが地獄だった。80km過ぎからは走っているつもりだったが、歩いているのと変わらないくらいだったと思う。「ヤバイ、関門に引っかかるのでは?」と何度も思ったが、幸い制限時間40分ぐらい前でゴールできた。

 それで、足がボロボロになり、2ヶ月くらい満足に走れなかった気がする。その後の秋のレースは散々だった。予定では100kmをラクーに完走し、持久力をつけたため、フルマラソンも「楽勝だね!」の予定だったのだが。

 ということで、久々の100kmウルトラマラソン。どんな練習をすればいいのかというのは、1度に走る距離を長くするとか知っている。だから、例年になく5月に長い距離を走っている。

 しかし、さすがに近づいてくると疲労を抜かなければ・・、と思うのだが残り1ヶ月弱、どんな調整すればいいんでしょう?

 で、今日は近くの山に上り、降り、わき道にそれ「名水」で水分補給し、また上り、降り。それから家で補給して近所を走って44km。4時間40分ぐらいかかった。さすがに疲れた。

 心拍数の低いラインを115に設定しているのだが、山から降るとき、この心拍数を下回ることが度々である。かといってスピードを上げると足を痛めそうなのでそれほど駆け下りない。下りのときって心肺君はやっぱり休んでいるのね。もちろん、上りの時は心肺君は大活躍なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

トイレ

ブログネタ: トイレを我慢したときのエピソードを教えて!参加数拍手

 ランニングにとって、『トイレ問題』は重要である。さいわい、本番でピンチになったことはないが、練習中に大ピンチになったことが数回ある。

 走り始めは「大丈夫」と思っていてもそれは「突然」やってくる。「引き返そうか・・。」とも思うが、ついついランナーの真面目な?習性が邪魔をしてほとんどの場合「何とかなる。」と考え、そのまま突っ走ってしまう。

 そのうち、「わが軍は放出されることを希望するであります!」とばかりにお腹がズキズキしてくる。そういうときは「走って早く、家orトイレのある場所までたどり着こう!」と「お腹に刺激を与えてはまずい・・。歩いて行こう。」を交互に繰り返すことになる。まことにツライ。もはや、練習なんか2の次、3の次。頭の中はトイレでいっぱいとなる。「あの時引き返しとけば・・。」と後悔しまくりである。そんなことを書いても何度も同じ失敗をしている。

 今日は、街中を歩きっぱなし。私は歩くのは遅い。ちんたらしている。その後、15kmをlLSD心拍数で。1時間37分ぐらいで。しかし、体がほぐれて気持ちよく走れた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

赤まむし

 さて、この前手に入れた赤マムシ。程よく乾燥したので食べることにした。

適当な大きさに切って、フライパンで炒めてシンプルに塩コショウで味付け。

何のことはない、魚というか、鳥の皮というか、それをパリパリにして食べたような感じ。変な味も匂いもない。

 ついでに、それを食べたからといって精力がついたこともない。「うぉー、この火照る体をどうすればいいんじゃーい!」ということもなく、「仕事でもしますか・・。」と言いながら相変わらず昼間は眠い状態。

 これなら食べてもいいけど何の効果も期待できない。もしかして、「血」とかがいいんだろうか?吊るすとき2~3滴落ちたけど。それともやっぱり焼酎に生きたままつけるのか?

 今日は15kmと1kmのクールダウン。走る前は「だりー。」と思って走り始めたのだが、15kmを1時間08分弱で走れた。多分今シーズン最も早いペース。平均心拍数も160を超えた。昨日のLSDが積極的休養でよかったのだろうか?

 ところで、いっつものことだが、これでも平均ペースはキロ4分30秒を超える。とてもしんどい。にもかかわらず、10kmやハーフではこれ以上のペースで走っている。練習ではとても無理。速い人って、練習と本番のペースの差が少ししかない気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

LSD

 今日は、LSD。20kmを心拍数120~130ぐらいで。2時間07分ぐらいかかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

GH-625M その3

 さて、GH-625M君である。購入を考えている方、付属のソフト「GS-Sport」の心拍数やスピードの表示については、一部こんな感じである。

Photo この上に、グーグルの地図が出る。切り替えると、自分が走ったところを「マーク」が走る。最初の頃は「すげえ」と思ったが、いつものコースなのですぐ飽きた。これは旅先やレースで走るコースのとき有効だと思う。

 ところでGH-625M君。心拍計をつけていないのに、距離表示アラームのとき「タカスギル」「ヒクスギル」とピー音が鳴ることがある。なんでだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もったいない主義

 (小山薫堂著)を読む。『おくりびと』の脚本家だそうである。それと知らずに手にとって読んだ。異なるものをつなげていく発想や、幸せを感じる基準を下げること。なんでもプラス思考に考えることなど面白かった。

 『おくりびと』もレンタルDVDで見てよかった。世の中、あたりまえだけどいろんな仕事がある。

 さて、『もったいない主義』に面白そうな商品が紹介されていた。全自動トイレである。「アラウーノ」というそうだ。使ってみたい。一生縁がなさそうだけど。

 わが実家、家は古いがトイレは豪華である。当然、ウォシュレットでありボタンで便座が開閉する。手すりもあり、広い。

 何故なら、今は亡きオヤジが足が不自由になったためトイレを改造したのである。皮肉なもので、改造してしばらくしたら亡くなった。

 今日は21km。アップダウンのあるコースで。1時間51分50秒くらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

ショーシャンクの空に

 昨日『ショーシャンクの空に』を見た。

 よかった。実は原作の『刑務所のリタ・ヘイワース』(スティーブン・キング著)の方は読んだことがあった。小説も良かった。

 運ももちろんあるけど、目的に向かって冷静に、コツコツと、希望を捨てずに・・・ということだろうか。あと、仲間を思いやる気持ち。

 特に、春から(学校、職場、家庭などの)環境が急に変わってボーゼンとなり、「どうしよう」と思っている人にお薦めの映画である。

 昨日は休養。今日は16km。最初調子良かったのだが、途中でトイレに行きたくなり大ピンチになった。近くのスーパーのトイレに行くと、こういうときに限って先客が・・・。「早く出てくれー。」と思いノックしようかと思っていたら、出てきて事なきを得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

ジム

  結局、トレーニングジムに行って、トレッドミルで12km。1時間7分ぐらいかな。

 最初歩きから初めて、時速10kmにして走り始め、少しずつペースをあげ、時速14kmまで。それから11.5kmぐらい走って残り500mはペースを落として最終的には歩きでクールダウン。

 9kmの地点でタオルで拭いているときに眼鏡が落ちた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 昨日は体が重くて、2時間のLSD。18km走る。

 今日は大雨・・・、と思いきやそんなに今は降っていない。しかし、体が「雨だから休み。」というモードになっているから走る気力がわかない。まあ、休養ということで。 

 やっぱりトップランナーたちは関係なく決められた練習メニューをこなしているのかなーと思う。しかし、普通市民ランナーならほとんど走るのを止めるのであろう。「雨」でもレースはあるのに。

 なんでか?

 まず、靴というか足が「ぐしょぐしょ」になり走りにくいというのがある。それと、「雨」がうっとーしー、邪魔くさいというのもある。

 今の時期、雨ぐらいのほうが気温は丁度いいのだが。

 猛暑というか、日光も雨とは違う意味で走る気力を奪う。

 しかし、こんな日でも走っている人を見かけると「くっそー、やられた。」と思ってしまうことがある。ヤレヤレ。病気ですな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

赤マムシ

 昨日のことである。

 妻が走っている最中に、頭がつぶれた赤マムシを見つけた。

で、これをもって帰って干して食べてみることにした。実家ではよく義父がしていたらしい。

 しかし、どうやって皮をむいでいいのかわからなかった。義父によれば簡単にむけるらしい。

 マムシ料理のの簡単なものでもあるかと思って、クックパッドで「まむし」と入力して調べたら5件でてきた。「すげえ!さすがクックパッド。」と思ったら

 「粉をまむして・・」に反応しているだけだった。「まぶしてだろ!」と思ったが、こんな言い方をする地方もあるのかな、とも思った。

 さてさて、そんなこんなで皮を剥くことになり、やってみたら最初はおっかなびっくりだったけど、思いっきりつまんで引っ張ると義父のいうとおり簡単に剥けた。Photo_2

 剥いてみると、生白くて意外においしそうに思えてきた。細いささみ肉のような感じ。

 それから、干した。果たしてどうなるだろうか?さらに、それを食した後の私たちの運命は?

 今日は15km。最初は今日は快調かと思ったが、昨日の21kmの疲れが残っていたのか後半はだめだった。ジョグ。 Photo_3

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

体脂肪率

 今日は21km。タイムは・・・忘れたがまあまあ走れた。

昨日は雨でオフ。

 何とか、体脂肪を落としたいと考えている。体重はそれ程不満はないのだが体脂肪がランナーにしては高い気がするのだ。

 いろいろ調べると空腹時に走るのが良いとある。

 この時期、それほどしんどい(スピード)練習をしなくてもいいと思っているのだが、(というより、秋から冬にかけてもそんなにしてないけど)疲労をためずに効率的に落とすには、脈拍数115~130ぐらいがいいんだろうか?

 さて、どうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

坂本竜馬

 ちょっと前の新聞に坂本竜馬が「『いろは丸』沈没で、本当は銃火器などをは積んでいなかったのに、紀州藩に対して『積んでいた』と主張し、それを含めた賠償金をとった」という記事があった。(多分こんなかんじだったと思う。手元にないので)

 wikiではこうなっている。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF%E4%B8%B8

 で、その新聞の見出しが「竜馬 したたかに交渉」のような・・つまり褒めていたのだ。

 んーーーー?それでは、嘘をついて利益を上げたり、虚偽記載などがあれば、その新聞は

「したたか○沢」とか「駆け引き上手○○産業」とか、「だまされるやつが間抜け、○○詐欺」とか言っているのかというと、そんなことはないのである。

 やっぱり、人をだまして金をせしめる奴は悪く書かれている。

 ではなぜ、坂本氏はこのように持ち上げられるのであろうか?そんなに「竜馬かぶれ」が多いのか?

 「交渉に当たった紀州藩担当者がバカ」なんて、言えるのかね?

 どうも、坂本氏からは山師の臭いがぷんぷんするのだが・・。

 今日は16km。1時間22分少々。折り返してからの心拍数145以上を維持しながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

12km

 今日は12km。1時間13分少々かかる。疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

給水

 さて、休みの日なので40km走ることにした。前の50km走のときのように家で給水を約10kmごとで。

 ところで給水のことである。かつては、小銭を持って自販機およびコンビニで給水をしていた。理由は一度家に帰るとつい怠けてしまいそうな気がしたからと、コース的にアップダウンがあるとこで走っていたからである。

 ところが、さる事情により、というかGH-625Mやにちなんの100km参加料や、ちょっと習い事をはじめたのでその入会料および授業料、さらに通いの交通費などで小遣いがピンチになっている。

 この暑い日に40kmも走れば補給は3~4回。全部自販機でジュース類を購入すれば400~500円近くかかる。それを毎週すれば1ヶ月2000円近くにもなりそう。

 ということで、家の周りを走っては補給のために帰宅している。靴を脱がなくてもいいように玄関に水分と菓子パンを置いている。

 他の皆さんは、長距離走のときどうしているのだろうか?やっぱり金の力?家で給水している人はどれくらいいるんでしょう?

 32kmまでは3時間30分のLSD。脈拍数の警告音を115~140に設定。大体120~135ぐらいの間で走る。「ピーピッ」といわれると低いとあせるし、高いと抑え目に走ろうとする。平坦なコースで、スピードでいうと、最初らへんは6分30秒くらいなのだが、最後のへんは140以内ではキロ7分以上になる。

 残り8kmは脈拍数に関係なく走る。5分50秒くらいのペースか。

 ある本で(多分)「210分以上のLSDは意味がない。」ということと「余裕を持って」ということから、3時間30分のLSDと「余裕があるぞ!」というのを確認するために残り8kmはそんな走りになっているのだが、さてどうだろう・・・。

 ある本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

昼食

 気づいたことがある。

 休日に走るわけだが、た・い・が・い体重が増えている。平日より距離を走っているにもかかわらず・・である。

 やはり、昼飯なのだ。焼き飯、スパゲッティ、日清焼きそば3玉・・・。さらに菓子パン。バクバク食べてしまうのだ。味は単調なのについつい食べ過ぎる。(ちなみに休日の昼は自分でつくる)

 1品料理は太る!

 これが、白ご飯におかず3品(つけものを含む)+お汁ぐらいだとそんなに食べない。が、わりと満足する。

 で、このおかずは前の晩の残り物というパターンが多い。

 それで「この世で誰もが一番旨いとおもうものは?」と、勝手に自分に問いかけ、「前の晩、旨かったおかずの残り物を次の日に食べること。」と勝手に自分で答え、「これはすごい名言だ!」と自画自賛して妻と子にご披露したら

 「出来立てのほうがおいしいに決まっとる(カレー以外)。」と言われた。

 「残り物の方が旨い!」と思われる方、いませんか?

 あと、この世で一番旨いものパート2に「つまみ食いは旨い!」もあります。

 今日は12km。ヘロヘロ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

マッサージ、整骨院

 整骨院はいろいろ行った。

 書いたっけーなー。ある整骨院に行ったとき、マシンガンというか掘削機というかそんな感じのマッサージ器で治療をしてもらったとき「ひでえ、ここはひどい。」と思った。

 なんと、後日その接骨院の院長は「わいせつ罪」で捕まっていた。捕まっても「やっぱり。」としか思わなかったが。

 あと、気功で治療するところ。悪い気を紙袋に入れるのだ。ここは更なる修行をするためかどこかに行ってしまった。評判は良かった。新しい人が来たけど1度いったきり行っていない。

 あとはまあまあ。

 マッサージは「ここに決めたー。」というとみんな遠くの店に行ってしまうのである。(と言っても2人だけだけど)

 さて、妻がある整骨院で治療を受けたときのことである。なんと、50代?60代?のおばさんがお尻丸出しで治療を受けていた。「普通そういうときってカーテン閉めるだろう。」と妻は思ったところ、おじさんが入ってきて、そのおじさんに丸見えだったのだ。おじさんも「ギョッ」としたらしい。

 この話を聞いたとき「その接骨院ヤバイ」と思った。

 今日は15kmを1時間11分40秒。4月以来一番早かった。ゆっくりだったからか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

レッドクリフ

 レッドクリフを見る。

 あんまり期待していなかった。三国志の『赤壁の戦い』はもうわかっているので、のめり込むこともないであろうと。

 ところが、見始めるとすぐひきつけられた。途中の琴を合わせるシーンはだるかったが、その後の戦の陣形や戦闘シーンは見入ってしまった。それにBGMが耳に残る。音楽の影響力ってすごいと思う。

 孔明は「人形劇三国志」のイメージ、特に森本レオの声のイメージが強く、孫権を説得するシーンや周瑜との駆け引きなどは人形劇の方が面白いと思った・・・・。と思ってwikiで調べたら、周瑜は音楽に詳しいとか、「三国志演義」では孔明の引き立て役になりすぎているとあった。なるほど。

 ストーリーよりも映像と音楽で見入ってしまった。

 水は15km。これはキロ6分弱で。しかし、今日の15kmはしんどくて1時間36分ぐらいかかる。疲労が蓄積している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

パロマ事件

 またまたニュースネタでごめん。

パロマの事件。というか、パロマの機械を不正に修理して死亡した事件に対する責任問題。

執行猶予付きの有罪。

 遺族の方には申し訳ないが、パロマの責任・・・・なのか?

 例えば、モデルガンを販売して、これを改造して人を殺傷したらモデルガンを製造していた玩具メーカーにも責任があるのか?改造しやすいモノだったということで。

 何かを不正に改造して被害が出た場合、改造した奴だけでなく、その元を製造したメーカーにも責任があるとしたら、厳しくないか?

 「指定店以外で修理した場合、それに関わる損害は一切認めません。」じゃだめなの?

 今日はは15km。時間を計らず気持ちよく走る。昨日は休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷亮子

 谷亮子氏が参議院の比例代表に民主党から立候補するそうな。

 そこでのインタビューで、小沢幹事長が「知名度が抜群で百万、千万の味方が・・・」と言っていた(多分)

 正直、これは「ハズレ」ではないだろうか?知名度は確かだがそんなに彼女って好感度を持って迎えられているのか?

 彼女を見ていると、何か柔道でも家庭でも「幸せ感」というか「幸福感」を無理に演出している気がしてならないのである。正直、うんざりさせられるのだ。柔道の選手なのに「政治家に・・」と言う話にのってしまうセンスもわからん。だから、そんなセンスのない人物が、国を引っ張る政治家になることが怖い。

 実際のところはわからない。会ったこともないし。 「スポーツ振興のためにがんばる」らしいが、その分野って事業仕分けで民主党が削ってるではないのか?

 もう、「知名度」だけでは票は集められないのではないか?何か+αがないと。逆に、「知名度」だけで候補者にしてしまうと、票集めの魂胆が見え見えで、引いてしまう。魂胆が見え見えなものほど覚めることはない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

50km走

 午前中から走り始める。平坦なコース。心拍数は115~140に設定した。

 体が重く、心拍数は120後半で推移。10kmごとに家に帰って給水。これで40km走る。平均心拍数は128、タイムは4時間13分15秒。

 それから給水後、心拍数を気にせず残り10kmを走る。平均心拍数149、タイムは56分48秒。何とか50kmを走りきる。

 アップダウンのあるコースの練習も考えているが、給水の問題がある。自販機やコンビニで補給するのだが、このお金が馬鹿にならん気がしているのだ。そんなに度々はしたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

ドリエル

 昨日、久々にドリエルを2錠飲んで寝た。ウルトラマラソンの前日に飲む予定なので、体がどんな風になるか事前にチェックするためである。

 寝つきは良かった。夜中に1度喉が渇いて目が覚めた。しかし、ドリエルのおかげだと思うが、すぐ眠ることが出来た。いつも、夜中に目が覚めるとなかなか寝付けないのである。

 その後、ぐっすりと休み気がついたら朝の7時前だった。たっぷり8時間近く寝たことになる。

 起きはじめは寝たりない気がして頭が重かったが、しばらくすると全く問題がない。

 それにひきかえ全く効かなかったのが『めぐり○○』「すぐ眠れる。」と聞いていたが全くそんなことはなく、逆に気になって眠れなかった。結局、顔からとったのである。

 やっぱ、ドリエルだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車

 昨日休んだせいか、15kmを快調に走れた。1時間11分50秒。

 さて、午後から出かけた。久々に電車に乗ったがいろんな人がおるなー。

 どおおおお考えてもおばさんというか初老なのに、どえらい少女趣味のファッションをしているとか・・・。自分のことを棚に上げて言うが、とてもそんな雰囲気の容姿ではないのだ。

 耳が「痛い~」って言うかもしれないほどピアスをつけていたバンドの兄ちゃん。「うわー、すげえな。」と思っていたらお年寄りに座席を譲った。

 英語をしゃべっていたので、おそらく米国人のカポー。目の前に立っていたのだが、いちゃいちゃいちゃして、最終的にはキスを何度もし始めた。

 ここは日本じゃーい!

 と言いたくなったけど、言わなかった。

 たまに乗ると面白い。来週も乗るけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

走り疲れ

 昨日は12km。そして今日朝起きたら「足 ダル~~」という状態だった。走るのをやめようかと思ったが、「たいぎいときの心拍数はどうなんだろう?」と思い、ゆっくり走り始めた。

 予想では、いつもより心拍数がすぐ上がる・・と思っていたが、特にそんなことはなく下限を115に設定していたのだが、それ以下の心拍数になり「ヒクスギル!」と注意されっぱなしだった。

 つまり、「体」ではなくて「足」が疲れていたんだろう。全く走れなかった。

 結局、1.5km過ぎたら歩いた。そのまま歩いて6km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

15km

 心拍数を気にせず走ってみた。坂道のあるコース。

最大心拍数168。平均心拍数147。1時間26分12秒。これが無理せず走っている心拍数かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

40km走

 久しぶりに40km走る。平坦なコース。

 32kmまでは心拍計で120~140までの設定で。130台か。そこから8kmは心拍数を気にせず走る。平均心拍数は150弱になった。32kmまではキロ6分30秒以上のペース。終盤は7分近い。残り8kmはキロ6分少々のペース。

 途中家によって何度か給水。結局4時間19分少々かかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

故郷

 古い映画を見た。山田洋次監督の「故郷」。これは私のふるさとの隣町が舞台の映画である。

 風景や雰囲気が懐かしかった。公開が1972年。もう小学生だった。高度経済成長の末期である。確か、翌年から「第1次石油危機」がはじまり、不景気になる。船をやめて、工場勤めになる主人公一家のその後も大変だったろうと思う。

 もちろん、1972年の段階では全くわからない。

 一家が引っ越すことになり、子どもが転校するのだが学校や地域の人総出で送っている。私の小学校ではそんなことはなかった。隣町の小学校はそんな雰囲気だったのだろうか?それとも演出?

 私のふるさと付近に住んでいた人。必見である。

 今日は26km。30km行きたかったが暑くてやめた。心拍数の設定は120~140。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

にちなんおろちウルトラマラソン

 に出場予定。そのため、コースの下見に出かけた。午前2時過ぎに出発。一般道で2時間ぐらいで到着した。1時間仮眠をしてコースの下見に。なんと、看板がコースのポイントごとに設置されていてわかりやすかった。

 アップダウンばかりである。途中で、37kmに出場する鳥取県女子クロスカントリーに唯一出場する人が試走をしていたので思わず車を止めて声をかけた。(妻が)

 こういうとき、女性っていいよなー。この場合、いきなり私が声をかけるとちょっと警戒されるよね。男性ランナーが試走してても女性が声をかけてもおかしくないどころか喜ぶ奴もいる。

 一体、男性は何歳になったら「枯れた爺」に思われて女性に声をかけても大丈夫なのだろうか?

 なーんて、そもそもハンサム(死語)ならそんな問題もないんだろうけどね。

 帰り道、反対車線はめちゃくちゃ混んでいた。

 で、夕方16km。アップダウンを見てしまったので、坂道周回コースで。平均ペースは5分08秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最大心拍数について

 これがいろんなHPなりブログなりを見て考えた。

 まず、220-(年齢)。これだと175になり、60~70%の練習(LSDか)で約105~122である。この脈拍ではすぐに超える。

 運動している人は210-(年齢)というのがある。これだと185となる。60~70%の練習(LSDか)で約111~130である。これでも、実際走ってみるとゆっくりすぎる気もする。

 最大心拍数を出す目的は心拍数に応じた練習をするためである。「コンコーニテスト」といって、100mごとにスピードを上げて、1.5kmぐらい走るのだが、ある地点までは脈拍数とスピードが比例しているが、それを過ぎると、心拍数はあがらなくなる。この比例していた心拍数を基準にして練習強度を決めるようだ。

 しかし、実際にやってみようにも適当なコースがない。んで適当に平坦コースでやったが、ペースアップがわからず800mぐらいで息も足も絶え絶えになった。そのときの心拍数が190少々。

 心拍数トレーニングはかなり個人差があると思う。本格的に体験できる人(研修会とか)以外は自分の感覚でつかんでいくしかないのでは?と思った。

 以下、私の場合、今のところ120~140までがLSDのような感じ。ちょっとした坂道になるとすぐに140は超える。

心拍数なんか関係なく気持ちよく走ると130~150ぐらい。これがジョグかな。

しんどいのは160~180。坂道になると180後半になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

走行距離

 とりあえず、5月1日は12kmぐらい。心拍計を試すためにダッシュしたりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

GH-625M その2

 まだ、きちんと使い方をマスターしていないが、結論から言おう。

 某Fアスリート製がいいのと思うが、いかんせん値段が高すぎる。それとの比較において、このGH-625Mはお買い得である。

 欠点は・・・

 皆も書いてあるとおり、操作スイッチが硬い。これは慣れるしかない。それと手首に装着すると結構硬くて痛い。これはリストバンドをすれば問題ない(私は靴下の切れ端だけど)。

 そしてなんでか1kmの距離設定とラップ設定が若干ずれる。(1kmの距離アラームがなり、しばらく走ってラップアラームがなる。30kmぐらい走るとその誤差は100m近くになる)。あと、1km以下、つまり数百メートルのラップ設定ができない・・・(これは私がまだ操作方法をマスターしていないだけかもしれない。誰か教えて!)

 最初は信じられない心拍数をたたき出した。「187・・・え!あんまりしんどくないのに!」

 その後は全く問題ない。体感と心拍数が一致している。買ってすぐ試した人は最初の心拍数にあわてないように。

 と、まあ欠点を先に上げたが、この値段なら問題ないじゃろうと思う。

 次回はこれを装着しての練習である!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GH-625  その1

 数週間前、ランニングの友「フォアアスリート201」をなくしてしまったのである!

 久々にとある場所でランニングをして、その後車でで帰宅したのだが、着替えるときに車の上に「ポンッ」と置いたまま走ってしまったようだ。

 買って、何年だろう?5年くらいは使ったか・・・。ここ1年は何回か調子も良くなかった。それと「心拍計」つきのやつが欲しいなあ・・、と思っていたので・・となくしたことを自分で納得させて、新しい「フォアアスリート」をさがすことにした。心拍計付きをである。

 しかーし、これが高いのだ。高いと知っていたが、いざ買おうかなと思うと「馬鹿みたいに高いな。」と思ってしまった。「フォアアスリート305」で5万円を超える。これでフルマラソンのタイムが20分も短縮されたら嬉しいのだが、あんまり関係ない気もする。

 しょうがないので、心拍計の機能は諦めるか・・・と思ったが、さすがインターネット時代。検索を駆けるとGPSと心拍計付きで2万円を切る商品がAMAZONにあるではないか!

 それがこれGH-625M

 しかし、「評価」が全くなかったので「安かろう悪かろうか?」と思ったが楽天では感想が結構書かれていて、そこでは「この機能でこの価格はお買い得!」という意見が多かった。

 ということで、GH-625Mを購入。さて使い心地はというと(次回へ続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »