« 坂町 ベイマラソン | トップページ | 休養宣言 »

2009年11月16日 (月)

東洋医学

 さて、前に悪い気を吸い取る整骨院のことを書いたが、そこの先生が代わって新しい先生が来て、院の名前も変わった。

 昨日の疲れ、特に腰を癒すべくそこに行った。

 そこで「仰向けになって、腹を見せてください。」といわれた。「腰が痛いのに何故?」と思いながら見せた。

 すると開口一番「お酒飲んでますね。肝臓が疲れています。止めた方がいい。」と言われ、びっくりした。

 「なんでわかったんですか?」と聞くと、「中国の皇帝の女を見るときに、触るわけにいかなかったので、見て判断していたんですよ。」それが東洋医学に受け継がれている・・・、ということらしい。

 不思議なもんで人間ドッグで「γ-GTPの値が高いですよ。」と言われても(ここ何年か言われ続けているが)「知るかー、健康に走っているからいいんじゃあああああい。」と思っていたので、飲んでいた。

 ところが、東洋医学に言われると「やっぱ、しばらく止めよう。」という気になる。というかなった。多分そこには「不思議さ」で説得されたのかもしれない。

 しっかし、飲むといっても350ml一缶とプラス若干の梅酒で、そんなに量は飲んでいないと思うんだけど。休肝日を設けていないのがよくないんかなあ。それと、もともと弱いのに飲み続けているせいか・・。

 今日はキロ7分以上で5km。

|

« 坂町 ベイマラソン | トップページ | 休養宣言 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/46781345

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋医学:

« 坂町 ベイマラソン | トップページ | 休養宣言 »