« スコラ高原クロスカントリー | トップページ | 寒くなった »

2009年10月26日 (月)

日本の殺人

 『日本の殺人』(河合幹雄著 ちくま新書)を読む。

 面白い。「殺人」の分析も面白い。統計の面白さということもある。つまり、殺人事件に関する常識を覆す面白さ」ということだ。しかし、それ以上に著者のところどころの表現が面白いのである。バラバラ殺人は体力も知力もない人間のすることだとか・・・。時々、冷静な分析に著者の感情的な意見が入るのが面白い。

 統計的な面白さでいえば、無差別殺人で殺される人より、ハチに刺されて死ぬ人が多いとか、交通事故死者数は確かに減っているが、それは24時間以内の話で、実際には交通事故が原因で死ぬ人は1万人以上とか、殺人事件で死ぬ人より家の風呂場で死ぬ人の方が何倍も多いとか・・。

 図書館で借りてもう返したので、うろ覚えなのだが他にも興味深い記述はいくつもある。読んで損はしない本である。

 今日はレース後なのでジョグ。15kmを1時間38分50秒くらいで。

|

« スコラ高原クロスカントリー | トップページ | 寒くなった »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/46590939

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の殺人:

« スコラ高原クロスカントリー | トップページ | 寒くなった »