« 「家」で困ったこと | トップページ | 休日 »

2009年5月14日 (木)

心を鍛える

 まあ、「精神を鍛える」といっても良いけど。

 例えば、スポーツド素人の私でも、コツコツ練習すればフルマラソン完走は可能であった。当時、練習で走ったもっとも長い距離でも20kmぐらいだった。

 その後はこのブログを読んでもらえばわかるように、練習して少しずつでも何とか記録を伸ばしている。

 さて、「心」の方である。私が考える心が鍛えられた状態とは「何が起こっても動じない」「平常心」というものである。

 果たして、これは練習可能なものなのか?もう少し表現を変えるとどんな「修行」をすればいつ、いかなる状況でも「平常心」でいられるのか?

 何でこんなことを書いているかというと、例えば仕事でミスをした場合や上司からしかられた場合、気持ちが落ちこんだりする。

 これをなくしたいのである。私の考える理想の精神とは、なるべくマイナス面で心が動かない状態が理想なのだ。

 マラソン完走の例にたとえると少しずつ嫌な経験をすることで、大きな嫌なこともクリアできる・・・・、のだろうか?または、全く別な体験、つまり滝に打たれるとか断食するとかで可能なのだろうか?

 どうなんでしょ。

 今日はゆっくり12km。これは別に心を鍛える修行ではない。

|

« 「家」で困ったこと | トップページ | 休日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/45013439

この記事へのトラックバック一覧です: 心を鍛える:

« 「家」で困ったこと | トップページ | 休日 »