« 裏切り | トップページ | 老化 »

2009年4月29日 (水)

ゆるせない話

 娘がお笑い好きで、この前テレビにとっていた「ゆるせない話」を一緒に見た。そのなかでバナナマンの設楽さん(だったか?)が、「昼ドラで仲の悪かった2人がドラマが終わった後、仲良くDVDか何かの紹介に出ていたら、冷める。」とか言っていた。

 確かに。

  子どもの頃、テレビで見ると洋画の方がのめり込めた。邦画はだめだった。それは邦画の俳優は別な番組やドラマで出ているのでそのキャラクターが邪魔になった。

 さらに、ゴジラとかウルトラマンとか、他の番組で等身大のまま、つまり人間と同じ大きさのまま出るのは腹が立ってしょうがないのである。

 一体全体あれをOKする感覚って何なんだ?一気に冷める。しかも音声だけ「ンギャー」とか「ジュワ!」とか別な感じで聞こえるのも腹が立つ。

 さらに、ゴジラでいうと、映画でイヤミの「シェー」とかしていた。

 子ども心に冷めまくった。ありえない。子どもに「シェー」がはやっているからOKを出したのかもしれないが、絶対にない!

 今日は12km。リラックスして走れた。ストレッチがいいのかもしれない。

 

|

« 裏切り | トップページ | 老化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/44835602

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるせない話:

« 裏切り | トップページ | 老化 »