« 車の修理3 | トップページ | 東京マラソン »

2009年3月21日 (土)

サブフォー

 鳥取マラソン。妻は2度目のサブフォーだった。そこでこんなことがあったらしい。

 35kmの坂あたりで、ずっと併走していたおじさんが遅れた。妻が気になり後ろを振り向いた。おじさんは「先に行って・・・。」というような、しんどい表情をしたらしい。(声は出していない)

 妻は「もう5kmだから、このままがんばりましょう!」と励ました。「じゃあ、ひっぱってもらおうかなあー。」とおじさん。「いや、私がついていきますから・・。」と妻。

 で、二人で残りを引っ張り合って40kmの給水すぎたあたりで妻はスピードを上げた。「もうおじさんも大丈夫だろう。」と思ったらしい。

 妻も、そのおじさんもこれでサブフォーを達成した。おじさんは初マラソンの人だった。57歳の人だ。

 人の目というか、他人の力ってすごいと思う。妻はおじさんがいたからこそ最後踏ん張れたといっていた。もし、一人だったらサブフォーは無理だったかもと。

 トレーニングもそうで、家でやるトレーニングって誰も見ていないからついさぼるけど、スポーツジムだったら、他人の目もありがんばるだろう。

 それにしても、人はいろいろである。今までレースをしていて今回のようなこと(声をかけて一緒に走る)は初めてだそうだ。どうも、妻はいいオーラを感じる力がある。ちなみに私は全く振り返らないし、オーラをぶち切るタイプのようだ。

|

« 車の修理3 | トップページ | 東京マラソン »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/44420554

この記事へのトラックバック一覧です: サブフォー:

« 車の修理3 | トップページ | 東京マラソン »