« またまた箱根駅伝 | トップページ | 1km走 »

2009年1月 5日 (月)

短い距離

 この週末は10kmレースがある。10kmはしんどい。ぜーぜーはーはー走らなければいけない。

 今日は仕事で遅くなり、7km走った。短い距離なのでインターバルじゃないけどスピード上げたりジョグしたりを交互に繰り返していたのだが、5分を切って4分台になると呼吸がしんどくなる。ここ最近全くこういった練習をしていないからだろう。10kmはやばい。

 前、ランナーの掲示板かなんかで、「スピードを出すと背中をキリで刺したような痛みが起こるけどどうしたらいいか」ということを聞いたことがある。

 これは「さしこみ」というそうで、よく原因はわかっていない。ただスピードに体を慣らすことで防ぐことができると書いてあった。そのため、10km以下のレースがあると、練習で何とか短い距離を呼吸がしんどくなるまでスピードを上げるようにしている。

 この「さしこみ」が起こると、当然呼吸ができなくなりそれ以上足が動かなくなるのだ。

 足というか脚力は走ることで鍛えることができるようだけど、呼吸というか心肺機能も「ぜーぜーはーはー」を繰り返すことで鍛えられるのだろうか?もしそうなレース1週間前に何回ぐらいすればいいのだろうか?

 もう一つの悩み。今、足の裏というか、かかとが痛い。「しもやけ」と思いきや、妻いわく「ひび割れ」だと言っている。足の指も痛いけどこれはしもやけではないだろうか?

|

« またまた箱根駅伝 | トップページ | 1km走 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/43650757

この記事へのトラックバック一覧です: 短い距離:

« またまた箱根駅伝 | トップページ | 1km走 »