« なんじゃこれは | トップページ | 短い距離 »

2009年1月 4日 (日)

またまた箱根駅伝

 三度目の箱根駅伝についてである。朝、新聞を見たときに駒澤大学がシード権を逃し、「下位の走り方がわからなかった。」と書いてあった。

 これだけでは、いまいちどういうことか私にはわからない。走るときって、自分の実力と当日の調子、さらにシード権をとるためにはこれぐらいで走らなければ・・と想定して走るのでは?

 もちろん実力・当日の調子が伴わず、想定したタイムを走れないことはある。大失敗レースとかある。

 でも、この記事では「実力はあるのだけど。」ということが前提にあって、全力を出し切ったというより、何か余力を残してしまった感じが伺われる。

 そうなんかね。

 ところで、城西大学。8区で棄権してしまったが、9区の伊藤選手は区間賞よりも速いタイムである。この場合、記録に残らないのはルールで仕方ないけど「下位の走り方云々」は関係ないんだろうなあ。個人的に裏金栗賞である。どんな気持ちか知りたいけど、報道されていないんだろうなあ。

 今日は午後から22km。昨日の疲れが残っているのでいつものコースを普通に走った。2時間10分少々。

|

« なんじゃこれは | トップページ | 短い距離 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/43637564

この記事へのトラックバック一覧です: またまた箱根駅伝:

« なんじゃこれは | トップページ | 短い距離 »