« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

サザンセト前日

 今日は午前中20km。やはり最初は体が重かった。6kmすぎくらいらいから動き始める。ただ、風が強くて向かい風の時は足は動かしているのに進んだ感じはしなかった。2時間弱で走る。ちょっと嫌になるのは昨年は前日21kmを走り1時間54分少々で走りきっていた。

 考えてみればこのブログの最初の記事は「サザンセト大島」に参加したことだったと思う。あれから1年たった。

 「サザンセト大島」は今回で2回目の参加となる。昨年は前日まで雪が降っており無事到着できるか不安だった。昨年の記録を見ると高速道路が「冬用タイヤ着装」となっていた。今のところ雪の心配はないようだが、風が強くて寒そうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

昨日

 は仕事で遅くなり走れなかった。

 今日は、ジョグで12km。1日置いたら体が軽いかと思ったら重かった。

 明後日はサザンセト大島。

 あ!Mステーション見てるけど「いとしのエリー」が3位。私と妻は1位だと言っていたのに。

 昭和の1位って何だ?と書いていたら2位が「マイレボルーション」????

 てっ書きながら平成の2位が「TSUNAMI」サザンはすごい!

 昭和の1位は「I LOVE YOU」だった・・・・・。うーん・・・・・。

 平成の1位は「世界に一つだけの花」と妻は言っているが・・あたった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

スーパー銭湯

 のタダ券が手に入った。しかし1月までである。

 というわけで今日は前後のジョグを短縮して、400m10本を走った。合計7km。

 1分30秒越えが5本ぐらい。

 それから銭湯へ。サウナ水風呂パターンで気持ちよかったー。

 銭湯とか温泉に行くと、友人同士で来ていて裸になっているせいかついついテンションが上がって大声で話をしている人がいる。聞いて面白い話しならいいのだけど、バカ丸出しの場合が多い。私は1人で来ているのでそんなことはないが、みなさん気をつけよう。

 そもそも公共の場で大声で話をする人は恥ずかしい。自分も気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

大阪国際女子マラソン

 みなさんはレース終了後まず何をしたいだろうか?

 私の場合、普通であれば軽く柔軟をして少しジョグをする。滅茶苦茶疲れた、ということは調子の悪かったレースはへたり込む。

 どちらにしても、そのあとすぐにウェアを脱いで汗を拭いて着替えたい。理想は風呂。

 さて、昨日、録画していた大阪国際女子マラソンの渋井陽子のインタービュー部分を見た。

 レースそのものはブログに書いたとおり日曜の夕方に見たのだが、その後は見ていなかったのだ。

 いつもの優勝者のインタビューのあと会場のスタジオ?にいた小倉さんと高橋尚子さんのところへ出て来た。ユニフォームのまま。臨場感を出したかったのかもしれないが、必要か?「おめでとう!」とかいっていたけど本当に気遣うのなら着替えさせてはどうだ?

 あれって、例えば外国人ランナーが優勝しても同じことをやったのだろうか?また、打ち合わせになく急に「こちらに来てください」といわれたんだろうか?

 もちろん、渋井陽子さんは私ではないので感覚が違うかもしれない。でもとりあえず「着替えさせてくれ。」と思わないんだろうか・・・・。

 昨日はレースの疲れから完全休養。今日は12kmジョグ。気持ちよく走れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

渋井陽子

 昨日は大阪国際女子マラソンをリアルタイムで見ることができなかったので、録画していた。

 それで一切の情報を聞かずに、昨日夕方から見た。

 よかった。

 渋井陽子はペースメーカーに関係なく、いつも前半飛ばして「面白いなあ。」と思っていた。見ているほうとしては、どうしてもハラハラドキドキを期待してしまうので、渋井選手のレース展開は、申し訳ないけど見ているほうは興味深かった。

 しかし、今回は皆さんご存知のように30kmまで我慢してそこからペースアップ。ゴールまで余裕があるようにも見えた。

 これからは、誰かが、最初からぶっちぎりで・・・というより、トラックで鍛えられた渋井選手や赤羽選手、また福士選手のようなランナーが30kmまでは自重し、勝負はそこからといった展開が多くなるんだろうなあ、と当たり前のようなことを思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゃっくり

 昨日書き忘れたのだが、大体ハーフ以下のレースで、自分なりにスピードを出したな、と思うとき、必ず走り終わってしゃっくりが出る。

 昨日もレース直後からと午後から断続的にしゃっくりが出続けた。呼吸が日常生活ではありえない状況になるので、それに呼吸器官が慣れていないから起こる現象なのだろうか?

 みなさんはどうでしょうか?ちなみにうちの妻はなりません。

続きを読む "しゃっくり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

星の郷健康マラソン

 の10kmに初めて参加した。

 場所がよくわからず、しかも地図を忘れた。「これでいいんか?」と思いながら運転していて「えらい山の中に入るなあ。こりゃあ間違えたか?」と思い、引き返そうとしたら目印だったガソリンスタンドがあった。

 さて、スタート40分ぐらい前からストレッチやらジョグやらダッシュをした。

 10時20分スタート。前の玖珂のイメージがあって最初は様子見で走った。距離表示がよくわからなかったが、3kmの部の折り返しあたりから体が動くことがわかり、前のランナーを追いかける感じで走った。アップダウンが激しいというよりあまり平地がない感じ。

 距離表示もないので時計も見ずに走った。でも玖珂と違うのは、「ここでスピードを上げよう。」と思ったら体が反応してくれたことだ。呼吸はしんどかったが足は動いてくれた。

 結果的に玖珂より27秒ぐらい速くゴールができた。コース的にはアップダウンがあるのでタイムは期待できなかったが、とりあえず玖珂よりはいいタイムを出したいと思ったのでよかった。

 来週はサザンセト大島。左のお尻に違和感があるのでこれを何とかしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

さぶー

 今日は久しぶりに外の仕事だった。

 寒かった・・・。マジに。

 寒いのはわかっていたのでそれなりの格好をしていったつもりだったのだが、甘かった。風も強かった。風邪気味になった気がする・・。

 さらに家に帰って風呂に入ったら久しぶりに鼻血が出た。

 こういうとき体に何が起こっているのだろうと思う。実はものすごい強力な風邪菌かインフル菌に冒されているのだが、私の超人的な力でせいぜい「風邪気味か?」ぐらいで収まっているのではないか、と思ってしまう。他人が同じ風邪菌に冒されたら即座に倒れてしまうような・・・・。

 などといいつつ今から2年位前に妻に風邪をうつされて三日間ぐらいぶっ倒れたことがある。風邪って人にうつしたら治るというより、人のなかで風邪菌が強力に育てているのではないかと思った。

 そんなこんなで夕方少しだけ走ろうと思ったが、やめた。ここ最近、「練習の一環だ!」というわけで本命レース以外は前日には必ず走っていたのだけど、どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

オバマ大統領

 世間ではオバマ大統領の就任演説とか以下同文的なことが話題である。

 ここのところ忙しく、あんまり見ていないが、たまたま朝の出かける前の民放ニュース、(目覚ましテレビか?)で、オバマ夫妻だけのダンスとかある女性歌手が歌っているシーンがあった。指をさしながら「いよ!このー。」といった雰囲気。見詰め合って陶酔している(フリ?)のオバマ夫妻。

 滅茶苦茶恥ずかしシーンではないか!

 にもかかわらず、「えらいよかった」風に(目覚ましテレビ?)の出演者がまとめていたけどさすが恥を知らない業界の人たちは違う。

 日本人なら無理だし、それを日本人が「よし」とするのはどうかと思うよ。咸臨丸で幕末にアメリカに渡った武士たちが、こういった風習を見て「恥」とか「破廉恥」とかいった気持ちがよくわかる。

 なんでアメリカ人はこんなことができるのかね?そうそうアメリカの映画ではよくハイスクールで、ダンスパーティに女の子をどう誘うかというのがでてくる。あの。「バックトゥーザフューチャーⅠ」でさえないマクフライも誘おうとするのだから、日本人から見ればすごい話である。ああいうのを見ると日本人でよかったと思う。

 今日は400m×10本を含む10km。昨日の20kmの疲労が残ってどうかなあと思ったが、1分37秒が1回、30秒が3回であとは何とか30秒を切れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

20km

 夜、普通に走り始めた。昨日走っていなかったので「まあ15kmぐらいかなあ。」と思いながら走った。

 走りながら「昨日走っていないのでなんか体が軽いな。」と思った。

 さらに「そういや今週の土曜日、仕事が入ったな。」と思ったら、「20km走っとくか。」という気になった。幸い、娘の塾の時間に迎えに行くのに2時間30分あるので、何とかなるじゃろうと思い走る。

 結局20kmを1時間56分少々で走る。前半10kmは59分。後半は57分。週末以外で仕事をした日に20km走ったことは多分、そんなにないはずである。

 さすがに疲れた。帰って風呂に入って塾に迎えに行って、発泡酒2缶飲んだらいい気分になった。このブログを書いて寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

浅田真央

 1月20日の朝日新聞に「二人三脚『陸トレ』効果」という記事があった。というか見逃していた。私はフィギュアスケートには全く関心がないので読んでいなかったのだが、スケート好きの妻がチェックしていた。

 浅田選手に森永製菓の陸上トレーニング専門コーチがついたそうである。それまで我流でやっていたそうだ。驚いたことに浅田選手の腹筋と背筋は同年代の女子高生と変わらないそうである。ということは、筋力の問題ではなくフィギアスケートのテクニックが大きかったということだ。

 例えば、筋力では明らかに自分の方が上回っているのに畑仕事や巻き割りで義父にかなわないのは鍬や斧の使い方とか技術の問題だが、それと同じようなものなのだろう。

 で、このコーチについて30分ほどストレッチや筋力効果のトレーニングをしていると書いてあった。

 私はついついストレッチはサボりがちなので10分でもしたら違うのかもしれない。

 昨日は気持ちよく10km。今日は仕事で遅くなったし、雨かみぞれが降っているので完全休養。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

400m×10

 昨日は結局キロ7分の10km。疲れて疲れて・・・。

 で今日は体は疲れていないだろうということで400m×10本をメインに。やっぱり体は軽かった。1本目が1分29秒。で次が1分30秒。それから残りは30秒を切れた。最高は1分25秒。太腿がピキピキした。それからジョグで合計13km走った。

 メニューとか考えずに適当に走っているけど、きちんと練習している人は体がしんどくても決められたメニューをこなすのかね?例えば、週末は時間があるのでなるべく長距離を走るようにしていたが、昨日のようにどうも疲れているときでも、いつものように週末20~30kmをこなすんだろうか?

 そういう練習が体をつくって行くのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

スランプ

 というわけで男子駅伝を見に行く前に、15kmぐらい走ろうかと思ったが、全く体が動かなかった。しんどくてしんどくてキロ7分以上かかって10kmでやめた。

 昨日といい今日といいさっぱりである。そんなこともあって気分転換に男子駅伝を見に行ってモチベーションをあげようとしたのだが。

 体が疲れているのかもしれない。ちょっと真面目に鉄分をとってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都道府県男子対抗駅伝

 を見に行く。

 このようなメジャーな駅伝大会を観戦に行くのははじめてである。といっても全区間を見れるわけはなく、とりあえず柏原選手や佐藤選手、中国電力の伊達選手油谷選手が出る3区の一般ランナーの区間を見ようと決めた。

 で、何とかなるじゃろうとよく調べずに出発した。安芸グランドホテルの近くで「ほーここが折り返し地点か・・ここをUターンするんじゃな。」とか言っていたら、そこは4区の高校生区間だった。「間違えた!」ということでそこから宮島口まで歩いた。

 宮島口では結構な人だかりだった。というか毎年こんなものなのかもしれない。しばらく待っているとトップが走ってきた。福岡だったと思う。

 それから、続々と選手が。あっという間でよくわからなかったが、妻は「柏原選手だ!」と叫んだ。私は佐藤選手と伊達選手はわかった。少し遅れて油谷選手も来た。他のランナーも腰が高く、1歩も大きく当たり前だが桁違いに思えた。テレビではなんていっていたかわからないがどの選手も通り過ぎた一瞬は速かった。

 それから、高校生が戻ってきた。最後のランナーが通り過ぎたら沿道の警備も解除され、元通り。宮島口のあたりをうろうろして、帰ろうとしたら選手を乗せたバスが通り過ぎた。

 来年は走り終わった選手がどんな感じなのか知りたいと思った。

Photo ←ランナーを待ち受ける人々。Photo_2

←ランナーもいなくなり、宮島口前に設置されたテレビで観戦する人々。

本当は、選手を撮影したかったが観戦した位置が悪かったので無理だった・・・。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

出前一丁

 今日午前中30km走ろうとしたが、疲れがたまっていたのであまりからだが動かなかった。

 さらに走る前に下痢気味だったこともあり力も入らなかった。

 「こりゃあ、30kmは無理。」という気になっていたら、今度は腹が減って腹が減ってしょうがなかった。朝いつものようにしっかり食べたのに。

 「一旦家に帰って、トイレに行ってなんか食べよう・・・。」と思い家に帰った。この時点で12km。

 で、作ったのが「出前一丁」しかもそれにご飯を入れて。

 子どもの頃から袋麺といえば「出前一丁」だった。しかも、下品なことに冷や飯を入れて食べるのが好きなのだ。麺とご飯と汁が絡まって滅茶苦茶「旨し!」である。大人になった今でも時々無性に食べたくなり作って食べる。

 今回もバクバク食べてしまった。それからまた走った。今度は腹がいっぱいになって走りにくかった。午後から用事があり、結局合計で24kmになった。ほぼキロ7分のペースだった。

 おかしいもので、昨年の日記を見てみると、同じ時期にやっぱり走りだして腹が減ってしょうがなかったという記述があった。このときは遠方に走っていたので、「自販機でキットカットを購入して貪り食った。」とある。なんなんかね。

続きを読む "出前一丁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

MBT

 『筋肉バカの壁』(水道橋博士著)を読む。その中で、こんな靴があるのを知った。

 「MBT(マサイ・ベアフット・テクノロジー)」である。日本語に訳せば「マサイ人の裸足の技術」ということだそうだ。湾曲した靴底。不安定な靴底にすることで正しい歩行姿勢に導かれ、歩くことが面白くなるそうだ。

 『ほぼ日刊イトイ新聞』でも糸井重里氏が紹介していたそうだ。水道橋博士は糸井氏が「いまのところやめる理由が思い当たりません」がこのMBTを試してみる決め手になったようである。

 私も試してみたいが、何しろ高い!2~3万円はするのだ。

 水道橋博士の試している健康法はどれも面白そうなのだが、とにかく1つ1つが庶民には高い。

 今日は、いつもの坂の駆け下りを3往復。しかしあまり下りであまりスピードをつけなかった。無理して足や腰を痛めてもと思って。合計15km。1時間29分20秒だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

銭湯

 昨日はわりと早く仕事が終わって「走ろうか」と思ったが、寒くて雪もちらつくしやめて、「スーパー銭湯」に行った。

 ちょっと前までレース後よく行っていたが、ここ1年は「風呂に入りに行くのものもたいぎい、家で半身浴でいいや。」ということが多かった。

 久々に大浴場やサウナー水風呂の繰り返しでひじょーーーーーーーーに気持ちよかった。走り疲れもとれた気がする。

 レース後は日曜日が多いので結構混んでいてそれも嫌だったのでだんだん行かなくなったのだが、今日は平日だっためがらがらだった。サウナは2~3人ぐらいで、わたし1人になることもあり、横になったりした。

 雪がちらつく中の露天風呂もよかった。いやー平日なのに思いかけずリフレッシュしてしまった。

 ということで、昨日は完全休養。今日は400m×10本を含めて10km。久々の400mはしんどくて、1分40秒から入って、6本ぐらいは1分30秒を切った。しかし寒いせいもあって頭がガンガンしてきた。

続きを読む "銭湯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

博士の異常な健康

  (水道橋博士著)を読んだ。なかなか興味深く試ししてみたいものばかりだ。
例えば、「近視矯正手術」私も近視なのでやってみたいが、メスが見えるのは怖そう。
そして、「胎盤エキス」や「バイオラバー」。
 
 特に「バイオラバー」は「マジ?」と思ってしまった。水道橋博士がガセネタを言うわけはないと思うがにわかには信じがたい。試してみたいが値段がそこそこするのでちょっと・・・と思ってしまう。何とか試してみることができたら・・モニターとか募集してないかな。

 私には今のところ縁はないが「GH(ゲーハー)」の話も面白かった。髪の毛が生える・・GHの人には夢のような話であろう。

 この本に出ていることは全て試してみたいが「断食」(ファスティング)もやってみたい。レースシーズンが終了する春頃にかけてやってみたいと思う。

 今日は10kmのジョグ。わりと気持ちよく走れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

ソーティマジックRR3

 昨日、大会から帰った後、近くのスポーツショップでシューズの値下げ販売をしていた。記録が悪かったのはシューズのせいではないが、そろそろソーティJAPANも引退かと思い、新しい本番用シューズを購入することにした。

 安売りのワゴンから候補は2つ。1つはミズノのシューズだったが、名前は忘れたが「サブスリー」と言う名前がついていて、シューズの底に「2:59:59」とか書いてあった。値段も8980円で、なかなかよさそうだったが、サブスリーでもないのに何か恥ずかしくてやめた。

 で、アシックスの「ソーティマジックRR3」が9980円だったのでそちらを購入した。昨日ためしに夕方10km走ったがなかなかよかった。練習用の6~5000円ぐらいのシューズだと最初にはいたとき、小指とかが擦れて水ぶくれになることが多いが、そういうこともなかった。

 今日は、午前中雪だったので「今日は無理か・・。」と思ったが、昼から晴れて走る。平地の30kmを2時間48分ぐらい。先月はただ距離を踏むだけだったが、  これからある程度メリハリをつけて練習しないといけない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

玖珂桜づつみロードレース

 がっかりなレースになってしまった。前々から「練習のタイムを見ても昨年よりは早く走れない・・・。」とは思ってはいたものの、昨年よりも2分以上悪かった。8年前のはじめて10km走った時につぐ記録である。正直、あれから8年間も走っていたのだからワースト記録と言ってもいいだろう。

 さらに、20kmの白竜湖のタイムよりも1キロ当たりのタイムが悪い。白竜湖の10kmの方がいいのである。

 しかも、別に怪我をしているとか足を痛めているとかいうことも全くない。体調も万全というか悪いところがないのにである。スピード練習をしていないと言っても、まあもうちょっと速くてもいいのに・・・・。これで持久力がついていなかったらまったく・・・である。

 昨年走った時、このコースはフラットで記録が出やすいと思った。にもかかわらずである。

 レース中は思うように足が速く動くこともなく、4kmで「これは、昨年の記録更新は無理・・。」というのがわかって何とかこれ以上遅れないように・・という走りだった。

 妻は昨年よりも1分近く記録を更新してニコニコしている。

 さて、実は週間後にまた10kmレースがある。妻が申し込んでいたのだが忘れていた。このコースはアップダウンがある。どうだろうか。

 ま、気持ちを切り替えて、練習練習。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

10kmのレース前日

 だけど、今日は午前中に21km。昨日坂の駆け下りで足が疲れているせいか、だるかった。2時間20分近くかかる。昨年の記録を見たら、レース前日は20kmを1時間54分少々で走っている。

 わかってはいたけど、坂の駆け下りは足というか腰を痛める。先月あれだけ走ったが、足や腰の故障とかはなかった。無理しなかったからだろう。

 前日の駆け下りでやっぱり腰に少しの違和感が。ちょっとずつスピードをあげればよかったのだけど、ついついスピード練習していなかったので必死になってしまった。

 10kmとはいえ、11月のフル以来2ヶ月ぶりのレース。ここ何年かはフルをメインに思って、それ以下のレースは練習の一環と思っているが(その割りにフルのタイムが伸びてないのだが・・)、やっぱり「これぐらいは・・・。」というタイムで走りたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

旨い飯

 走って腹が減っているのと基本的に何を食べても旨い。

 下品だが、焼肉のたれをご飯にかけたら旨い。ここ最近寒いので、あったかいご飯に、焼肉のたれをぶっかけて、さらに七味唐辛子をふりかけて食べている。旨しである。これに卵を落としても旨そうだ。「焼き肉のたれ」っていうけど、別に焼き肉限定でなくてもいいのでは?と思ってしまう。

 今日は坂の駆け下りを含めて合計12km。1時間07分ぐらいだった。明日は雪が積もるらしい。さて、明後日はどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

家電についていってますか

 今日は走ろうかどうしようか悩んだが、「休養も練習のうち」と何かで読んだことがあるので、完全休養にした。

 さて、テレビが壊れて液晶テレビを購入した。今まで、「地デジ」なんてものに全く関心がなかったが、「これで地デジがみられるのか。」と思ったら、何と地デジを受信するためのアンテナが必要であることがわかった。

 もしかして、世間ではもう当たり前のことなのかな?

 で、そのアンテナはUHFアンテナということだが、わが団地は共同アンテナなのである。で、結論からいうと、この共同アンテナでは地デジを見ることができない。

 「それで、自治会で話し合っていたのか・・・。」とわかった。

 で、アンテナを個人で立てるためにはアンテナ代と工賃で3~5万円ぐらい必要なようだ。

 もう一つの方法は「室内アンテナ」だが、これが映るかどうかはあてにならないようだ。妻に団地の情報を集めてもらうように言っている。

 さらに、知らなかったことがたくさんあった。D端子とかコンポーネント端子とかHDMI端子とか・・・・。皆さん、家電についていってますか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

積極的休養

 昨日しんどかったので、今日は5kmをゆっくり走って消極的休養にしようと思った。小雨も降っていた。

 で、走り始めたら結局10km、1時間02分ぐらいで走り終えた。平地をぐるぐる走った。ゆっくりのため積極的休養である。

 実のところ、「あ、安部礼司」を聞きながら走っているのでついつい続きが気になるのだ。今回の「あ、安部礼司」のテーマは「見合い」だった。

 「あ、なるほど」と思ったのは、見合いって、間に入る人が「この人ならこういう人が釣り合うだろう。」ということでセッティングするので、「さえない人が来た。」ということは、「こんな人と自分は釣り合うと思われたのだ・・ショック!」ということがあるということだ。

 なるほどねえ。

 それと、前に書いたパックインミュージックの「那智チャコパック」。忘れていたけど、終了が予告された後、野沢さんは歯痛で休んだことがあり、白石冬美さんだけでやった回があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

1km走

 今日は1kmをスピードをつけて走る。平地を選んで4往復の8本。つなぎのジョグや、そこの平地に行くまでや、終わった後の2kmジョグなどを含めて合計13km。

 1kmの8本はしんどかった。1本だけ3分59秒と4分を切ったが、あとは4分10秒弱と20秒を越えた。往の方が若干上り気味で20秒を越えたのが3本。ラストの8本目はタイマーを押すのを失敗して、よくわからなかったが、明らかにペースダウンだったと思う。

 呼吸もしんどく横腹が痛くなった。

 昨年の調子のよいときには4分切りを何本か出していたが、今はそんな感じじゃないみたい。最初は骨盤を意識して、骨盤を左右に出し、足がそれについていってる感じで走ったつもりなんだけど、スピードを上げようとするとそんな感覚を忘れてしまい、足を前へ前へ出そうとするけどどうなんだろうか?本で読んだだけではさっぱりわからんし、自分のフォームがどうなっているのかもよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

短い距離

 この週末は10kmレースがある。10kmはしんどい。ぜーぜーはーはー走らなければいけない。

 今日は仕事で遅くなり、7km走った。短い距離なのでインターバルじゃないけどスピード上げたりジョグしたりを交互に繰り返していたのだが、5分を切って4分台になると呼吸がしんどくなる。ここ最近全くこういった練習をしていないからだろう。10kmはやばい。

 前、ランナーの掲示板かなんかで、「スピードを出すと背中をキリで刺したような痛みが起こるけどどうしたらいいか」ということを聞いたことがある。

 これは「さしこみ」というそうで、よく原因はわかっていない。ただスピードに体を慣らすことで防ぐことができると書いてあった。そのため、10km以下のレースがあると、練習で何とか短い距離を呼吸がしんどくなるまでスピードを上げるようにしている。

 この「さしこみ」が起こると、当然呼吸ができなくなりそれ以上足が動かなくなるのだ。

 足というか脚力は走ることで鍛えることができるようだけど、呼吸というか心肺機能も「ぜーぜーはーはー」を繰り返すことで鍛えられるのだろうか?もしそうなレース1週間前に何回ぐらいすればいいのだろうか?

 もう一つの悩み。今、足の裏というか、かかとが痛い。「しもやけ」と思いきや、妻いわく「ひび割れ」だと言っている。足の指も痛いけどこれはしもやけではないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

またまた箱根駅伝

 三度目の箱根駅伝についてである。朝、新聞を見たときに駒澤大学がシード権を逃し、「下位の走り方がわからなかった。」と書いてあった。

 これだけでは、いまいちどういうことか私にはわからない。走るときって、自分の実力と当日の調子、さらにシード権をとるためにはこれぐらいで走らなければ・・と想定して走るのでは?

 もちろん実力・当日の調子が伴わず、想定したタイムを走れないことはある。大失敗レースとかある。

 でも、この記事では「実力はあるのだけど。」ということが前提にあって、全力を出し切ったというより、何か余力を残してしまった感じが伺われる。

 そうなんかね。

 ところで、城西大学。8区で棄権してしまったが、9区の伊藤選手は区間賞よりも速いタイムである。この場合、記録に残らないのはルールで仕方ないけど「下位の走り方云々」は関係ないんだろうなあ。個人的に裏金栗賞である。どんな気持ちか知りたいけど、報道されていないんだろうなあ。

 今日は午後から22km。昨日の疲れが残っているのでいつものコースを普通に走った。2時間10分少々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんじゃこれは

 東洋大学が箱根駅伝で完全優勝した。で、柏原選手の活躍があり、興味があったのでyahooニュースから、「この件に関するブログ」にすすんでみると・・・・

 「柏原選手区間新の真実」とか「区間新の疑問」とか「区間新の不思議」とかあったので

「なにー!?何か疑惑的な裏話でもあるのかー?」と思ってみたら、なんのこたーない話であった。

 しかも、ほとんど文面は同じ。へんなのは「このニュース記事だけをもとに判断するのは難しいですけれど、いかがなものでしょうか。」とか「山上りで区間新に関して言えば、いろいろな意見があることは知っていますけど、このニュースはどうなんでしょうか。」

 あほかー!「判断するのが難しい」「どうなんでしょうか。」もへったくれもあるかー。

 これって、私が知らないだけだったと思うけど、おそらくテキトーなニュースをつけてやったらこんな文面ができるソフトがあって、ついつい私のような無知なものが「なにー!?」と見てしまうのだろう。

 「アホがアクセスしとる。」と言うことなんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

35km

 午前中走ろうとしたが、ついつい箱根駅伝復路を見始めてしまい、6区の早稲田と東洋大の抜きつ抜かれるを見入って、そのままずるずると最後まで見てしまった。

 箱根駅伝については、ランニングが趣味になる以前は全く関心がなかったので知らないことがいろいろあったのだが、インターネットで調べてみていろいろわかったことがある。

 さて、それはそれでおいといて・・・。

 見終わって、走り出したのだが、いつものアップダウンのコースを走るのはちょっとしんどかたので、平地を中心に何往復かして35km走った。昨日走っていなかったのと、平地であったためわりと調子よく走れた。3時間9分20秒くらい。計算が間違っていなければ5分30秒を切るペースだろうか。ほぼ、イーブンペースで走れたと思う。途中、20kmぐらいで350mlのコーラを補給。同じ30km走でもいつものコースはアップダウンが激しくてなかなか6分を切るように走れない。

 夜、子どもらが「めちゃイケ」を見ていたら、テレビの画面がおかしくなり、消えた。とうとうテレビが壊れてしまった。買って13年目。どうも年末年始に酷使したせいかもしれない。子どもらはボーゼンとしている。偶然にも昨日実家に帰ってみると液晶テレビを買っていて、クリアに見えて「すげえ。」と思っていたので、購入するのにちょうどよかったのかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

箱根駅伝

  をとびとびながら見た。5区の早稲田と東洋大の競り合い、そして東洋大の大逆転は見ていて面白かったし、東洋大の柏原選手が泣き顔だったので、つられてちょっと泣きそうになった。

 いろいろ「箱根駅伝」については、日本の長距離界、特にマラソンの発展につながっていないと言う意見もある、が選手は一生懸命なのでついつい引き込まれてしまう。

 なのに腹が立つことがある。

 中継中目障りなアホな奴があまりにも多すぎる。選手がインタビューされているカメラの中へ入ろうとするアホ。携帯電話で多分テレビに映っていることを誰かと話をしているアホ。選手を見ずにカメラに向かってアホ面をさらしている沿道にいるアホ。

 そんなに「テレビ」に映りたいか?

 アホがでてきたら即座にアホ面にモザイクを入れる技術は無理か?いや、これだけネットが発達していたら、投稿動画でアホ扱いしてもいいのではないか?でもアホたちはどうやら不特定多数に顔をさらすのが好きなようなので喜ぶかもしれない。

 無視するのが一番なんだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

探偵ナイトスクープ

 コネタマ参加中: 年末年始のテレビ番組、見逃せないのは何?

大晦日に放送していたっけ?録画していた探偵ナイトスクープを少し見た。

 大爆笑したのがゾンビが家に来て、幼い姉兄弟の3人がそれと戦うやつ。近所の人が協力して「ゾンビが来た~!」とみんなで逃げるところや、「今から行きます ゾンビ」とか手紙が来たり、馬鹿馬鹿しさ爆発なのだが、子どもらは真剣。ゾンビが来る前は「ゾンビなんて平気だー。」とか言っていたのにいざ着てみるとマジにビビッて、それでも必死に戦っているのが面白かった。いやー、子どもってそうだよね。

 その前の小学校3年生からソフトボールを続けて、最後の試合にでて、何とかバントする話もよかった。ちょっとうるっときてしまった。こういうのって、相手チームあるし、やらせなしだと思うのだがどうでしょう。

 「探偵ナイトスクープ」はそんなに見ないけど、ときどき「あー録画しておこう。」と思う。

 今日は、実業団駅伝を見ながら、本を読んだり、気がついたら寝てたり(?)して、最後の7区で3人が競っているのはしっかり見た。富士通が優勝。日清はいつも強いけど、なかなか優勝できない。外国人ランナーの出場区間を限定したからこんな接線になったんかね。

 で、夕方ちょっと前(というか、夕方って基本何時からなんだろう?)から走り始めた。坂道の駆け下り3回入れて、でもそんなにスピードを出さず無理せず走って、後はジョグで。合計22km。2時間6分少々。途中、雪というかみぞれが降り、めがねに水滴がつき、さらに20km過ぎたら暗くなってえらい見にくくなってちょこちょこ走りになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »