« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

今日は

 12km走る。12月はとにかく走りまくった。月間500kmを越えた。多分、過去最高である。来月はちょっとスピードにも注意しながら練習しようかどうしようか・・・。

 ここ2年、この時期に体調を崩すことが続いた。2年前の今日は夜に大声大会に出場して、途中から「えらい寒いのー」と思って帰ったら高熱がでてぶっ倒れた。昨年はクリスマス過ぎに妻と「30km走だ!」と走っている途中で、「う!気分わりー。」となって途中で引き返して(結局20km)家に着いたら即吐いた。嘔吐下痢症だった。

 今年は何とか乗り切れそうである。健康が一番。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『刑務所のリタ・ヘイワース』

 (スティーブン・キング著)を読む。この主人公のように行動できたら・・・と思ってしまった。冷静に、淡々とそして最悪の事態に備えて。

 これって『ショーシャンクの空に』の原作かね。間違えてたらごめん。妻は映画のほうを見たことがあって、「よかった。」と言っていた。私の方は映画を見ていない。いつかみてみたい。

 家の中の片付けをしたけど、例によって懐かしいものとかでてきてついつい読みふけってしまう。

 昨日は、いろいろあって走っていない。あ!夕食ができたので続きはまた夕食後に・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

オオカミ少女はいなかった

 鈴木光太郎著を読んだ。

 この本を読むとオオカミに育てられたという「アマラとカマラ」の話はでっちあげだった、と言うのがよくわかった。

 子どもの頃、何か、不思議な話を集めた本で読んで「へー、そうなんや。」と思った。小学生の頃は「活字は嘘をつかない。」とか思っていたように思う。幽霊話も宇宙人話も「まじ?」とか思いながら信じていたと思う。

 ただ、幽霊話は宇宙人話は教科書に載っていないが、この「アマラとカマラ」の話は中学か高校の教科書か資料集でも読んだ気がする。

 この本には映画に映像を挟み込む「サブリミナル効果」の話もでっちあげとなっている。他にも知らなかった話があり、どれも「疑わしい」とか「解明できていない」とある。

 きちんとネタ元を確認しないといけないことと、「科学的に真実」というためには検証の条件をいろいろ考えないといけないんだろうなあ。これは日常生活にもいえるのではないか。

 今日は、午前中12km。夕方10km。骨盤を意識して走ったつもりだけど、右の尻の上が痛い。骨盤というより尻で走っている感じ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

20km走

 午前中20km走る。前半は6分30秒前後、後半は5分30秒ペースで走り、久々にキロ6分を切って1時間58分少々だった。

 12月は距離を意識してとにかく時間をつくって走っている。で、他のランナーのブログなりHPを読むと「月間300kmでサブスリー達成!」とか見ると「ちくしょう!くやしー。」という気になってしまう。やっぱり才能というかそういう人って学生時代陸上部だったり、他のスポーツをやっていたりする場合が多い気がする。

 振り返れば学生時代、「何を好き好んで走るのじゃ?あやつらは。」とか思っていたし、「余はしんどいこととは嫌いでおじゃる。」とか言って体を動かすことは極力さぼっていた。

 今じゃ極力体を動かすようにしているから人間変われば変わるものである。

 妻が図書館で金哲彦さんの書いた本を借りてきて斜め読みした。「体幹」とか「骨盤」を使って・・とか書いていたので、夕方はそれを意識して10km。でもこういうのって、「おお!走れる走れる。」という時は調子がいいときで、疲れているときやだるい時は背中が丸くなったりして、本のように走れんよね。こういう場合、ゆっくりでもいいからそういうフォームを意識して走ったほうがいいだろうか?

 で、駅伝とかマラソンとかの解説で、離されそうになるとき「ここは辛抱です。しっかりついていかないと・・。」というけど、実際走っていて「この人について行こう。」と思っても、30kmぐらいから「明らかに無理!」となることが多い。「辛抱」とか精神力の問題ではない気もするけど・・トップレベルの選手になると精神力が大きいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

カラオケ

 娘らが「カラオケ行きたーい!」といってきた。「何で?」というと、どうも友人たちとカラオケへ行くのだが、へたくそなので練習したいと行ってきたのだ。

 「なんじゃそりゃ?」と言うと、どうやら点数が出る奴でみんな90点以上取るそうだ。まあ、子どもは何かあると|みんな」というからほんまのところはわからんが。

 しかし、点数が出るのに興味があって、10年ぶり、というか前回いつ行ったのか覚えていないくらい久しぶりに娘2人連れてカラオケに行く。

 操作の仕方もさっぱりわからないので全部娘任せで2時間。なかなか面白かった。私も歌はうまくないので90点を越えることはできなかった。

 午前中は36km走った。4時間近くかかった。この時期いつものことだが、最初寒くて思うように体が動かない。30kmぐらいでガス欠になり、自販機でコーンポタージュスープを勝って飲む。その前に20kmぐらいで500mlのスポーツドリンク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

またまた

 安部礼司。第1回から聞いたけど、何か漫画のコミックスの1巻を読んでみて

「随分今と絵柄が違うなあ。」という印象と同じ印象を受けた。

 倉橋ゆうちゃんは何と24歳だったとは!安部礼司よりも10歳若い。「安部君」とか言っていたので、もうちょっと安部礼司に近いのかと思っていた。飯野平太が26歳だっけ。

 つまり、「ナイスサーティ」という設定だったけど、安部礼司は30歳。ゆうちゃんは28歳、飯野がまあそのまま26歳という感じかと思っていた。

 最初はやっぱりどう転んでいくかわからない感じだった。これも漫画と同じような気がする。

 これからはラジオが復活するのでは?

 さて、昨日は12km。今日は21kmとちょっと疲れ気味だったので夕方ウォーキング4km。

続きを読む "またまた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

安部礼司

 またまた安部礼司でごめん。

 適当にダウンロードして聞いているのだが、第123回の『あ、安部礼司』はジョギングがテーマだった。でも、それ以降安部礼司は走っていないだろうなあ。

 で、ここまできたら最初から、つまり第1回から聴きたいと思った。

 この『あ、安部礼司』の前は松任谷由美のラジオだった気がするけど、それもマラソン大会の帰りにわりと聞いていた。

 話を戻して、「ニコニコ動画」に第1回があったのである!すげえ。2回もあった。4回も5回も・・・。でも何でか第3回だけ見当たらない。うーん。どっかないか。

 ところで、今の安部礼司の年齢は36歳といっている。うーん、20代後半に聞こえて、後輩の飯野が20代前半な気がするんだけどどうでしょう。

 今日は12km。普通に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老いては

 子にしたがい・・・ではないが「ニコニコ動画」である。

 ダウンロードするのに便利なものがあると娘から教わっていた。

 それがこれ「Craving Explorer」

 これを使えば、簡単にmp3その他にダウンロードできる。『あ、安部礼司』も聞けるのである。

http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se415099.html

 で、走りながら、曲やダウンロードしたラジオや自分のテープをデジタル化したものを聞いていて、音量が一定していないのでうっとーしーと思っていた。すると音量を簡単に一定にするソフトもあった。

 それが「MP3Gain。」

 http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se415099.html

 すげえな。こんなソフトを作れる人は。

 昨日は、朝22kmと夕方5km。どちらもゆっくり。何か速く走れない気がしてきたけど・・。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

12km

 普通に12km。

 昨日、疲れていたけど今日は普通に走れた。前に書いたかもしれないが、特にスピード練習とか坂の駆け下りとかやっていない。昨年の日記を見るとこの時期にも結構そういう練習をやっている。

 でも、そのせいで足を痛めてしまうこともあった。とにかく今年は12月は距離を意識して走ろうと決めている。で、1月になったらペースを意識した練習をできればと思っているがどうだろうか?

 昨日のM1。高校の娘の仲間では「オードリ」。1人「NON STYLE」が有名でない時からファンな子がいて、「私だけのNON STYLEじゃなくなった。」といっていたそうな。中学の娘の仲間たちは「NON STYLE」だったようである。「ナイツ」は他に面白いネタがあったのでは?と妻は言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

続M1

 あー、「ナイツ」を応援していたが、3組の決勝戦を見た限り、我が家では「ナイツ」はないということになった。

 で、「NON STYLE」も面白かったが、家族では「オードリー」の方が僅差で面白い・・・ということになった。

 しかし、結果は「NON STYLE」。でもこのコンビも面白かった。私ははじめて知ったコンビだったけど、さすがに娘は「レッドカーペットに出ていた。」と知っていた。

 昨年の「トータルテンボス」もおしかった。でも娘ら的には「トータルテンボス」が今でも好きである。「オードリー」もそんな感じになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M1

 今、M1見ている。家族の1押しは「ナイツ」。今、7組目だけど。さてどうだろう?

 今日は20km。昨日の疲れがありキロ7分以上もかかった。こういうのでもLSDっていうのかね。夕方は5km。これも疲れた。

 あ!「NON STYLE」が決勝進出。娘らも「面白かった!」と言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

ニコニコ動画

 娘がパソコンの前でいーーーーーつもニタニタしている。

 なーにをニタニタしているのかと聞けば、「ニコニコ動画」で面白いものがあるとのこと。

 今まで「ニコニコ動画」って「you tube」と同じようなものかと思っていたが、どうやら違うもののようである。(当たり前か)

 で、娘が「ラジオもあるよ。」と言っていたのを聞いて「マジ?」と思い、娘からダウンロードの仕方とかいろいろ聞いてみた。

 で、検索してみたらFMの『あ、安部礼司』があるではないか!日曜の夕方、マラソン大会が終わって帰っているといっつも『あ、安部礼司』の放送が流れてついつい聞いてしまっていたが、大体途中で家についてしまい、「ちょっと気になるなー。」と思っていたのだ。

 本当いうと第1回から順に聞きたかったけど、そんな都合よく検索もできんようなので、適当にダウンロードをした。

 それをIPODに入れて聞きながら走った。「著作権は?」と思わんでもないけど日産のCMも入っているので宣伝にはなっているなあと思う。

 35km走った。最初は寒くてだるかったか27kmぐらいからキロ6分を切る形で走った。3時間46分20秒くらい。

 なんと、「ニコニコ動画」には前書いた「金パ」も2つあった。すげえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

下関マラソン2

 この前見た下関マラソンで視覚障害者のランナーがでていた。

 で、ゴールしたとき前にランナーがいてぶつかりそうだったので伴走者が「どいて」という感じで手でよけていた。

 妻は「あれは、どうかと思う。あの前のランナーは気分が悪かったと思う。」と言っていた。私は「いや、不可抗力でやむを得ない行為ではないか。」と言った。実際、衝突したらお互いに大変なことになると思う。仕方ないのでは?

 妻は「10kmとかコースをゴール前で分けるように、ゴール何百メートルか手前で視覚障害者用に分ければいいのでは?」という代案を出してきた。

 確かにそうすればこういった事故や万が一相手に不愉快な思いをすることはないのでは、どうだろうか?

 今日は休養。昨日は5km。どうも風邪気味らしくて不調。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

ランニングの効用

 ランニングにはいくつかのメリットがある。

 なにをいまさら・・・と思うかもしれないが、改めて今日それを感じた。

 何か考え事をしたい時、悩んでいることがある時走りながら考えると不思議に落ち着くことがある。

 もちろん根本的に解決していないが、「まあ、命までとるまい。」とか思って最終的に開き直ればいいか・・・とも思ってしまう。

 今日はそんなことを考えながらゆっくり12km。いつもipodを聞きながら走っていたがこういうときは何も聞かずに。考え事に夢中になると、ゆっくりだけど「もうここまで走ったのか。」と思い、意外に疲れを感じないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

自由競争

 自由競争、実力の世界の芸能界でも芸能人は「レギュラー番組」という安定を求めている。レギュラー8本とかあれば「すごい。売れてるねえ。」ということもあるけど、次の改変期までは安定していているということだ。

 さらに、大企業を求める発想も「安定」を求めている。

 しかし、究極の安定職業「公務員」(にもいろんな種類があるけど)ばかりの国といえば「社会主義国」になってしまう。そして、社会主義国は競争原理がはたらいていないため衰退していった。

 ということは、大枠は「自由競争」ということのなかで、いかに「安定」したものを実現するかどうか・・・ということなのだろうか?

 ということを前に紹介した「芸能ビジネス・・・。」の本を読んで考えた。

 あとこの本の中で、寮で、若手のみんなが社長の批判をしていて、「社長にじかに言おうぜ!」となったとき次の日結局集合場所に来たのは吉川晃次だけで、勇気を持って1人で渡辺晋社長に言った、ということが書いてあった。いい話だけど、誰だ?一緒に行こうとしてやめた奴は?こんな人にはなりたくない。

 今日はゆっくり12km。積極的休養のつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

芸能ビジネスを創った男

 『芸能ビジネスを創った男 渡辺プロとその時代』(野地秩嘉著)を読了。

 なかなか面白かった。とりとめもなく考えたことを・・・

 「不安定な芸能ビジネスを安定したものにするために月給制を導入した」とある。またプロダクションの収入も、芸人の仕事をとってきて間を抜く仲介料ビジネスからレコードの原盤権とか、番組制作とかを収入源にしていくところとか、今では当たり前のようになっている知的財産権を確立したとか興味深かった。

 テレビ業界も不況になっているそうだ。確かに私もHDに録画しているとCMは飛ばして見る。考えてみると広告収入で番組制作が成り立っていると考えるとこれはあきらかにスポンサーにとってはまずいだろう。

 となると、スポンサーに頼らない番組作りは可能なのかどうか・・・ということになる。

 そこで、何度見ても面白い、何度でも見たい番組をつくり、DVD化して印税?著作権?で収入を得るとか、よくわからないけど番組制作のノウハウそのものをどっかに売って収入にするとかなるのだろうか?

 または某国営放送のように契約して電波代を徴収するとか・・・。

 娘をみていると、「ニコニコ動画」とか「YOU TUBE」で自分の好きなものを選んでみている。でも元は多分テレビなんだろうから著作権とかどうなっているのだろうか?ここらへん、多分偉い人たちが何か考えているんだろうなあ。

 まだ考えたことがあるのだが、またいつか。

 今日は4kmをウォーキング。それから10km走る。左の腰の辺りに違和感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

下関海響マラソン

 私はベイマラソンの日にちと重なっていたため、この大会には出なかった。

 先週、娘に頼まれて「ガキの使い」を録画しておこうと新聞を見ると、「ガキの使い」の後に「下関海響マラソン」の放送があるのがわかった。有名な、トップランナーの大会のテレビ中継はよくあるが、市民ランナーが中心の大会のテレビ中継はそんなにないのでついでに録画していた。

 この週末にそれを見たら結構よかった。特に視覚障害者のランナーを追っていたのがいろいろ考えさせられてよかった。

 今日は午前中20km。昨日の疲れとお腹の調子がよくなかったのもありキロ7分以上かかってしまった。夕方、12km。これはわりと調子よく走れた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

少数派の意見

 不思議・・・というほどでもないけど、ちょっと疑問がある。

 アンケートというか世論調査とういやつ。例えば「麻生総理の支持率が22%」「支持率急低下」とあるけど、別にこんなん調査せんでもわかっている。

 問題なのは麻生さんを支持している22%の人たちの意見である。一体全体どんな理由なのだろう?見出しも『麻生支持22%』「理由は『まだ就任2ヶ月で見放すのはどうかと思う』が最も多い」とか。

 もっと不思議なのは、来年の景気についての企業へのアンケート。90%以上の企業が「来年は今年よりも悪くなる。」と回答しているようだ。「100%悪くなるじゃろう。」と私なんかは思っているのだが、数%の企業は横ばい、またはよくなると思っているようだ。

 不思議である。悪くなるという予想はわかりきっているので、こういった少数意見の理由を見出しの1面に大きく載せて欲しい。

 今日は32km。3時間33分少々で。疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

持久係数

 今まで、自分にはスピードがないと思っていた。

 しかし、秒数を切り上げて、自己ベストのタイム、ハーフが87分、フルが194分で持久係数を考えると、2.26ということになる。10kmの自己ベストからかんがえると4.8を越えてしまう。

 市民ランナーでは2.1ぐらいが目安と何かでみたことがある。10kmであれば4.5~6のようだ。この数字から見れば、スタミナが足りないということになる。

 ということは、スピードをつける練習よりも、やっぱりある一定のペースで長い距離を走る練習が必要なのだろう。30kmを5分でとおせばいいのだろうけど、結構しんどいのだ。

 この持久係数、いろんな市民ランナーのブログを見てもスピードタイプという人はあまりいないみたい。持久係数ってどうなの?

 昨日は時間がなかったので5km。今日は10km。わりと快調だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

吉備路マラソン

 吉備路マラソンが復活すると言っていたけど、スポーツエントリーとかランネットに出ていない。「間に合うんか?」と思っていたら、何と総社市のHPにあるではないか!

 で締め切りを見たら1月初めのほうになっている。申込用紙も返信用封筒を同封して送らなければならないようだ。

 昨日は12km。わりと快調に走れた。今日は15km。1時間31分31秒だった。残り3kmでスピードを上げたつもり。5分30秒、5分02秒、5分05秒だった。5分切れるかと思ったら無理だった。

 12月にはいって、スピードは意識せず、とにかく距離を稼ごうと走っている。そのせいかどうか知らないが、足があんまり痛くない。タイムを競うのに、いいことか悪いことかわからないけれど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

食い放題

 今日は某食い放題の店に行った。食い放題の店は久々である。行ったら後悔するからだ。

 今回も案の定、食いすぎて苦しくなった。アホである。

 その後少しでも腹を減らすために10km走った。辛かった。腹が重くて走れなかった。

 ガス欠でも無理だけどガス満でも走るのは無理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンピース52巻

 娘が買ってきたワンピース52巻を読む。

 大将「黄猿」が出てきたけどどう見ても「○中邦衛」。「青雉」は「松○優作」だと思う。娘に言うと「へー。」とか行っていた。アニメの「銀魂」も時々見るけど「宇宙戦艦ヤマト」のパロディとか、この前は「デーモン閣下」のネタも出てきたし、他にも忘れたけど元ネタがあるけど娘らは知らずにまあ笑っている。私と妻も結構面白がっている。

 子どもの頃『1・2のアッホ』という漫画が好きで、その中の話に「釜プロ」が芸能界を支配していて「レコード大将」も釜社長の一存で決まる・・、とかいう話があったけど、「釜プロ」の元ネタは「ナベプロ」だったことを知ったのはもう少し後だった。(もちろん、渡辺社長の一存で「レコード大賞」が決まるとは思っていなかったけど。)

 ワンピースは登場人物をきちんと把握するのが結構大変。というか私が年なのかも、というか中年のおっさんが何をいっとるんじゃ?

 さて、次は「赤犬」ということか。モデルは誰だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ということで

 そんな昔のテープを聴きながら午前中26km走った。いつものように21kmにしようかと思ったが、思いのほか疲労感がなく、「もう少し走るか。」と思い距離を伸ばした。

 しかし、ハーフを過ぎたあたりからもろにガス欠というか力が入らなくなった。それでちょこちょこ走っていて、残り1.5kmぐらいで時々見かける、多分サブスリークラスのランナーに抜いていかれた。

 「家まで残り1km少々だから、ついていってみるかー。」と思いペースを上げたが、全然ついていける感じではなかった。私はキロ5分弱で走っていたが、追いつけなかったのでキロ4分30秒弱くらいのペースだったんだろうか?結局、この最後の1kmは上り坂もあったが、5分10秒少々だった。26kmで一番早かった。

 いつものことだが、誰かと競ってしまうとスピードが上がるのである。それまでは「もう限界だー。」と思っているのにまだ余力があるということだ。一人の練習でもそういった力を出していくことが必要なんだろうなあ。

 夕方は妻と5km。妻が早い。これも妻と走っていなかったらちんたら5kmだったろうけど、感覚では6分を切るペースだったと思う。(フォアスリートをつけていなかった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パックインミュージック

 こんな時代が来るとは・・・

 もう30年近く前、『パックインミュージック』の「金パ」、つまり野沢那智氏と白石冬美さんがやっていた深夜ラジオをよく聞いていた。

 で、そのラジオが突如(私にとっては)終了することが発表になった。多分、4月くらいに発表があって、7月に終了するというものだったと思う。「えー、楽しみにしていたのに。ショック!」と当時高校生の私は思っていた。

 で、それから終了までカセットテープにとっておこうと思い、ある程度はとっていた。

 で月日は流れ、あれほど好きだったのに、ときおり「そういうラジオ番組あったね。」ぐらいになっていた。カセットテープも「捨てた覚えがないのでどこかにあるだろう。」という感じ。

 で、さらに月日は流れ、勤め人になり、40半ばになった。会社への通勤が車で結構時間がかかる。渋滞もある。音楽も聞き飽きた。

 「金パのテープをデジタル化して聴いてみるか・・・。」とちょっと前から思い始めたのである。さっそく金パのテープを発掘し、パソコンで取り込みmp3に。ipodに入れて、ランニングしながら聞いた。1982年の4月23日分。途中から録音していたし、ところどころ切っていた。投書中心に録音していたみたいだ。懐かしかった。

 FMトランスミッターで飛ばして車の中でも聞ける。

 テープとっといてよかった。それと、ほんま、高校時代には考えられないくらいこういった製品は便利になっているね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

寒い

 というわけで、今朝起きて走ろうとしたら「雪」。積もるほどではないがそこそこ降っていた。「どないすべー。」と思っていたら妻が「私は最近食べすぎなんで走るよ!」と出て行った。

 私も走りに行った。とにかく寒い。雪は降ったりやんだりだった。雪が怖かったのでいつものコースを走るはやめて近場コースで30km走ろうと思った。5kmまでは寒いのでなんかボーと走っている感じ。途中で2回トイレに行った。16km走って「やめようか・・・。」と思ったが、雪もやんできたようなのでがんばって走った。こういう日って寒いから着込んで汗かいてまた冷えてという感じ。

 結局、途中だらだらしながら3時間31分少々で30km走った。キロ7分少々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会

 何年かぶりにやむを得ず某宴会じゃなくて忘年会に出席。

 こういう宴会に出て思うのだけど、あのお酒を持ってついで回る風習は何歳になってもできない。若い頃は「中年過ぎた大人になったらできるだろう。」と思っていたが、まあ、40過ぎてもできない。もちろん、無理矢理「これも仕事」と割り切ったらできるけど、プライベート気分が強かったら不可能である。

 ほとんどの人が「気の合った4~5人ぐらいの友人と飲むのが楽しい。」と思っているはずだ。にもかかわらず、そして日頃は「なんやあの人は。(特に上司)」と思っているにもかかわらず、ニコニコ話をしているのをボーと見ていると「みんな大人だなー。」と思ってしまう。

 で、昨日は走れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

疲労

 速く走るためのには、当たり前だが練習が不可欠である。

 しかし、練習を続けていくとこれまた当たり前だが疲労が蓄積して思うように練習が積めなくなる。

 とうことは、いかに疲労を抜いていくかが大切ということになる。しかも、練習しながら。

 しかし、朝起きて、または練習前に「昨日の疲れが全然残っていない。リフレーシュッ!」ということはなかなかない。普通に走っていなくても仕事の疲れがあるような気がする。でも、この仕事の疲れは、なんでか走っているうちにとれていくこともある。

 しかし、逆に走りの疲れが仕事をしているうちにとれることはあまりない。(なんのこっちゃ)

 こういうときストレッチが大切なんだろうなあと思う。あと私の場合、時間があれば半身浴。半身浴で『ギャラリーフェイク』を最終巻から読み返して今、6巻まできた。

 話がそれた。

 「疲労」ってなんだ?乳酸がたまることだっけ。じゃあ、どうやったらたまった乳酸がお手軽に除去できるんだろう?などと、とりとめもないことをぶつぶつぶつ。

 今日は12km。さすがに疲労がたまってきたみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

ピッチ走法

 原点に返るじゃないけど、最初の頃フルを走るときは「30kmまでは余裕を持って・・。」と思って走っていた。

 で、我流だけど小またで、つまりピッチ走法で走っていた。確かに、30kmまで余裕を持てて走れて「よーし、いくぞー。」と切り替えて走っていたつもりだった。で、このまま走りきれればタイムはよく、よくないときは35kmぐらいでつぶれそうになり、「しまったー、35kmまで我慢して走ればよかったのかも。」と思うこともあった。ここ最近、つまり米軍基地マラソンやベイマラソンははハーフを過ぎたあたりから「無理無理。」という感じだったけど。

 ここが難しいところなのだが、きちんと練習しているから30kmまで余裕があったのか、ピッチ走法だから余裕があったのかよくわからんことになってしまっている。

 タイムを狙いだして、ついついタイムが気になってピッチ走法でなくなっているのかもしれない。というわけで、今練習でなるべく「サッサッサッ。」とピッチを気にしながら足をちょこまかちょこまか動かしている。とりあえず、しばらくこのやり方で練習してみよう。

 昨日は12km。今日は15km。15kmは1時間36分24秒くらいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

宅配

 あの事件を聞いて、「宅配」って結構危ないかもしれないと思った。ネットでも「宅配を安全に受け取る方法」というのがあったような気がする。

 とにかく、玄関に入れてしまったらいけないので、チェーンをかけて荷物を置いてもらって判子をつく方法とか、監視カメラをつけておくとかが必要らしい。

 チェーンをかけて判子だけつくのって感じ悪いけど防犯のためなら仕方ないのか・・・。

 で、考えたのだが、これからは玄関のドアで小窓みたいなものがついていてそこから荷物を受け取り判子をつくっていうのはどうだろうか?

 この方法でも、でかいダンボールを外においていて、「ちょっと荷物が大きいので入らないんですけど。」という場合もあるけど「そこにおいといて下さい。」という返しも可能か。

 「宅配です。」といわれると人間、欲なもので心当たりがなくても「何かな?」と思ってしまいあけてしまう可能性が高いよね。

 考えてみれば、「金が儲かる的な詐欺」は人間の欲な心を突いているからなあ。「振り込め詐欺」も近頃は「お金を返します。」とか「宝くじが当たった。」とか導入が「人間の欲」をついてくるよね。

 今日は、10km。ジョグより早い感じ。でも寒い。右手が死んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »