« 坂の駆け下り | トップページ | ジョージ・タケイ »

2008年9月17日 (水)

AIG

 リーマンブラザーズが破綻して「ほー大変なことになったなー。」とか思っていたら、なんと次に危ないのは「AIG」と新聞にある。株価も大幅に下落して、アメリカ政府が公的資金を投入しないと、もうすぐ破綻してもおかしくない状態になっている。

 「おいおいおいおいおいおい!うちが入っている生命保険会社ってAIGじゃったろう?もし、破綻したらどうなるのか問い合わせてみる?」

 「全額保障は無理みたいだけど9割は保障してくれるんじゃない?何かに書いていたような・・・。」

 「もし、どこかの金融機関か、何かが引き受けてくれたら大丈夫じゃないんか?」とか

 「アメリカ最大の生命保険会社じゃけえ、政府も公的資金を投入するじゃろう?」とか

 「今、解約したら破綻したときよりも得なんじゃないんか?」とか朝から大慌てだった。

 結局、「公的資金が投入されれば大丈夫じゃないんか、まあ、問い合わせてみようや、わし仕事があるけえ、奥さん頼むよ。」と朝仕事に出かけた。

 「やばいなあ、まさかなあ・・・。」とAIGのHPを休憩時間、職場で見ていて「あれ?何か違うなあ?この前チェックしたばっかりだったんだけど・・・。あ!」

 うちが契約していたのは「ING」というオランダの会社だった。慌てて奥さんに電話して、問い合わせたかどうか確認したらまだだった。

セーフ。恥かかんですんだ。

 帰ってから10km。昨日の坂の駆け下りのダメージがありしんどかった。奥さんと一緒に走ったが、ついていくのがしんどかった。

|

« 坂の駆け下り | トップページ | ジョージ・タケイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/42508760

この記事へのトラックバック一覧です: AIG:

« 坂の駆け下り | トップページ | ジョージ・タケイ »