« 針とマッサージ | トップページ | ウォーキング »

2008年4月28日 (月)

正しいフォーム

 昨日NHKスペシャルを見た。「ミラクルボディー 第3回」である。

 走り高跳びの世界で、元バスケット選手のトーマスは走り高跳びを始めて1年半、世界陸上で金メダルを取ってしまう。しかし、そのフォームは走り高跳びのセオリーを全く無視したものであった。ライバルはきちんと基本をマスターし身長のハンディを乗り越えたホルム。

 これは面白かった。我流の天才と努力家の秀才といった感じ。結果的に

トーマスはより高いレベル(世界記録)をめざして、正しいフォームに挑戦するが、それで故障してしまうのである。

 レベルはまあああああたく違うが、私もこの休養を機会に正しいフォームを身に着けたいなあ、と思っていた。ランニングを趣味にする前から、私の歩き方はおかしく、どっちか(多分、右を引きずる感じ)に傾いて歩いていた。それでよく人から「足が悪いんですか?」とか聞かれたこともある。

 回復したら、へそから下に足があるように腰高を意識して、左右均等に胸を張って歩くか、軽いジョグから始めようかなと思っている。問題は、それをチェックするのが自分ということ。ついつい惰性で流されるかもしれない。

 針がきいたのか、マッサージがよかったのか、休養しているせいなのかわからないが、大分右尻から右足太腿裏の痛みが軽くなってきた。ただ、まだこわばりがある。

|

« 針とマッサージ | トップページ | ウォーキング »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/41024546

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいフォーム:

« 針とマッサージ | トップページ | ウォーキング »