« ソーティjapan | トップページ | 休養日 »

2008年3月 4日 (火)

東京奇譚集

『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んで、村上春樹に興味をおぼえた。

長編はきついので短編集『東京奇譚集』を読了。どれも透明感が感じられる作品だった。

文体がそうなのかな?「読書感想文」的なことは学生の時以来なのでうまく書けないが、どれも興味深く読んだ。

最後の『品川猿』の話。「ああっ、そんな猿!?」と思ったが「自分の名前」は確かに危ういものだと思う。平安時代だったか、(陰陽師?)名前を他人に知られると呪いに使われるので極力隠したという話を聞いたことがある。

「紫式部」「清少納言」も本名ではないし。

で、このブログ・・・というか、ランナーが書くブログでは本名がばれる可能性がある・・・。

あっ!もう寝る時間。続きはまた。

|

« ソーティjapan | トップページ | 休養日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/40374746

この記事へのトラックバック一覧です: 東京奇譚集:

« ソーティjapan | トップページ | 休養日 »