« 心機一転 | トップページ | 高橋尚子 »

2008年3月24日 (月)

続獄窓記

休養期間なので、週末に長距離を走らない。空いた時間は読書。

山本譲司著『続獄窓記』を読了。『獄窓記』『累犯障害者』に続き3冊目。どれも面白かった。

もしこの本に出てくるような障害者に出会ったら、どう接していいか正直わからん。

申し訳ないけど、刑務所を出て「この先どうするんじゃろう・・。」と考えるだけで終わってしまう。

山本さんの行動が面白い。特に、感情が高ぶったり落ち込んだり正直に自分のことを書いているのが、面白い。

保護司さんが約束の時間にいなかったのを詰るfaxを送ろうとしたところなど、自分にもありうる話だと思った。

今日は久々に走る。ゆっくりキロ7分で11km。疲れた。

|

« 心機一転 | トップページ | 高橋尚子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/40625137

この記事へのトラックバック一覧です: 続獄窓記:

« 心機一転 | トップページ | 高橋尚子 »