« 苦しいレース | トップページ | ランニングと・・ »

2008年3月10日 (月)

福士加代子と高橋尚子

 大阪国際女子マラソンでは福士加代子が最初独走していたが、走り込みが不十分で2時間40分少々だった。これを見て「やはり、前半飛ばしすぎてはいかんな。」と思った。

で、名古屋国際女子マラソンの高橋尚子。9kmから失速。手術があり、スピード練習ができていなかった、とのこと。結果は2時間44分少々。自分自身「スピード練習?してるかなあ」と思った。

そして、両者とも「マラソンを走るための準備不足」という指摘。今日の新聞には「準備を万端ととのえて・・・。」という記述があった。しかし、トップレベルのフルマラソンの練習では何かしら不十分な点を抱えているのではないか。

私も、最初の頃は練習ペースがペース走だったが、記録が頭打ち。それでちょっときつい練習を取り入れたら足が痛くなる。当たり前のことだけど、徐々に徐々にレベルアップということだろう。

例によって、右足腰から太腿外側に違和感。2kmのウォーキング。今週は無理せず週末のレースに備えよう!それにしても腹減った。

|

« 苦しいレース | トップページ | ランニングと・・ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/40456497

この記事へのトラックバック一覧です: 福士加代子と高橋尚子:

« 苦しいレース | トップページ | ランニングと・・ »