« 高橋尚子選手 | トップページ | 福士加代子と高橋尚子 »

2008年3月 9日 (日)

苦しいレース

フルマラソンの終盤、35kmぐらいで苦しくなった時いつも思い浮かべることがある。

「苦しいけど、後、1時間もかからんじゃないか。」

「これが終わったら、風呂(スーパー銭湯or温泉)に入ってビール飲むぞー。」

と気力を振り絞る。

走り終わった後の解放感は日常生活ではなかなか味わえない。しかし、この解放感は私がど素人ランナーで、別に生活もかかってないからだろう。

高橋尚子選手はどんな気持ちで走ったのだろうか?テレビでバイクレポーターの宮原さんが「沿道の声援とQちゃんのうつむき加減の表情が痛々しくて・・・。」と言っていた(正確な表現ではないかもしれないが)。声援は・・・時に残酷なことがあるかも。

子どもの頃に自分が失敗して、同級生から「快走ちゃん大丈夫」とか「快走ちゃん悪くないよね。」とか必要以上に慰められたら泣きそうになった。そんな感じだろうか?

スポーツ選手の引き際って・・・。

今日の練習。10kmを1時間01分。

|

« 高橋尚子選手 | トップページ | 福士加代子と高橋尚子 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/507454/40438562

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しいレース:

« 高橋尚子選手 | トップページ | 福士加代子と高橋尚子 »