2017年9月20日 (水)

俘虜記

(大岡昇平著)を読了。

 面白かった。『アーロン収容所』も面白かったけど、個人的に「捕虜物」(そんな分野があるのか?)が好きかもしれない。映画の『大脱走』や『遠すぎた橋』も面白い。

 限定された状況で人間どんな行動するのか・・「人ってそんなもんだよなあ」って思ってしまう。

 特にこの『俘虜記』を読んでいると、ベタな表現だけど「もしかして、今の日本もこの『食うに困らない』俘虜と同じ状況かもしれない」と思ってしまった。

 昨日は5kmをキロ7分35秒。今日は15kmをキロ5分10秒。10kmまでは5分16秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

その辺を走る

 家を出発しK町からD町からF町をぐる~~~~~~と回って自宅へ。

 45km。休憩時間はガーミンを止めてキロ7分40秒。補給とか休憩時間を入れたら6時間以上走ったか・・。500mlのペットボトル4本、携帯ゼリー、カロリーメイト1本、山賊おにぎり1個を補給した。

 それでも昨晩食事前より体重が2.8kg減。

 帰って、カープの試合、優勝を見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

台風

 が来る前に走る。

 一昨日、昨日と走らず、本日に備えていた。てことは体は本番使用で軽い感じがしていいのだが、それが重くて重くて・・。実際、体重も増加してダルダルである。

 中止になったため予定(実家に行く)も入れたので、1時間で走り終わった。キロ7分30秒の8km。途中でトイレにも行く。

 これって、もしレースがあったらどうだったんだろう?とっても39kmのトレイル走る感じの体じゃなかったんだけど。やっぱメンタルって大きいのかも。こんなド素人中高年市民ランナーでも微小なアドレナリンでも出るんだろうか?

 実家に行ったら、避難するよう町内放送が流れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

白竜湖トレイルランニング

 中止になった。

 台風直撃で、残念だけど仕方ない。もし開催されたら、雨の中ドロドロになって半ばやけくそで走ろうと思っていたのだが・・。

 本日用事はあって走れず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

vol2200

 この記事、2200回目のようだ。

 とはいうものの、いつも通り。昨日は10kmをキロ5分で。前後1kmジョグ。

 今日は、ゆっくりキロ7分05秒で5km。

 カープの優勝持ち越し・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

あ!

 さっきチェックしたら、今日も「宮園・四季が丘」だった。しかも今度はいつものコースが四季が丘、流しが宮園になっている。

 ちなみに、白竜湖トレイルの試走の表示は「河内町宇山」であった。こっちの方が誤差が少ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太陽フレア

 の影響か・・

 先週走ったコースが、ガーミンではなんと廿日市の辺りを走ったことになっている。地図はいつもの家の近辺のコースで正確なのだが、表示が以下のようになっていたのだ。

Photo

Photo_2



 いつものコースが宮園、団地内の流しが四季が丘・・。報道されている以上に、GPSがとんでもない誤差なんだけど。

 今日は10kmをキロ6分55秒で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

白竜湖トレイル 試走

 今日も試走に出かける。予定では10kmor2時間くらい走ったら引き返すパターン。

 ところが!前回教えてもらった山道への入り口はわかったのだが、そこから先を迷ってしまった。ほんと、山に入ってすぐ。

 「いったいどこから、例の池のあたりに行くんだったけー?」と行ったり来たりししてたら、同じように試走に来てた2人組の人が私が右往左往していた道のすぐ上を歩いていて「こちらです」と教えてくれた。馬鹿かワシは。

 そこからは特に迷うこともなく、試走した。出会ったランナーは先の2人組を除いて2名。みな早そうだ。

 今回、500mlのペットボトル2本と、ゼリーをリュックに入れて走った。往復20km+迷い道1kmだったが、これできっちり飲み切った。当日は倍の距離だが、給水があるので500ml×2本で行けるかもしれない。初回に参加した時、初めてのトレイルでよくわからず、手ぶらで臨んで、給水にすごく苦労した覚えがある。

 給水中はガーミンを停めて計測して、キロ10分16秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

白竜湖トレイルランニング

 に第1回大会以来、久々に出場する。そのため、先週は1年以上使用していないトレランシューズを確かめるべく試走に出かけた。

 舗装道路を走り山道に。「こっから、登ったよなー。」という入り口が笹だらけ。

 「あれ?刈ってないの?これから刈るのかな?それとも、このまま残して、『これもトレイルだ』ってこと?」と思いながら走る。

 んで、山を越えてまたまた舗装道路に出たのだが・・明らかにコースを間違えたようである。一応コース図は見たものの、「まあなんとかなるでしょ」的に走っていたからだ。しかし7トレランシューズに問題がなかったので、まあええか、とも思ったが、とりあえずは、ご老人がいたので聞いてみた。

 すると、ご老人が「あんたー、走るのに出るんか。わしの息子が、何か、草刈したとかようたで。」と言われ、「息子に聞いてみちゃる」と言われた。「いや、そんなお手間をとらせては。」と断ったのだが、親切にも息子さんに言ってくれ、息子さんが「ちょっと待って」と言って出てきた。

 走る格好をしていた。なんと、地元の走友会の人だった。

 んで、この人にコースを案内してもらったのだが、出発から違っていたことが判明。今年は違うところから山に入るのだ。だから笹だらけだったのだ。

 息子さんと言っても私より若干年上。2時間以上つきあってくれて申し訳なかった。そうそう走っていたら、他にも試走していた5~6人ぐらいのグループに出会った。

 昨日は10km、キロ7分02秒。本日キロ6分を意識して20km。キロ5分56秒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

ニューカレドニア こぼれ話(2)

 帰りの飛行機のことである。

 カクテルパーティーでそれほどビールを飲んだわけではないが、結構食べてて、なおかつフルマラソンの疲労、深夜の飛行機で眠れないことによる頭痛・・。

 この結果、もうすぐに気分が悪くなった。気を紛らわせようと備え付けのゲームで「上海」をし始めたのだが、その画面を見てるだけでますます気分が悪くなり断念。

 軽食を持ってきてもらったが、食いしん坊万歳の私が「トマトジュースだけでいいっす」と断ってしまった。

 そのうち、飛行機も揺れ始め最悪・・。とうとう我慢できずに3列先のトイレに駆け込んだ。「トイレがちかくてよかったー。」と思った。

 トイレで便器を見ただけで吐き気をもよおした。さらに変な香水の匂いも残っており、ばっちり吐ける状況である。

 が、食い物も消化されたらしく、胃が「きゅうううううううう」となり「ウエッ、ウエッ」とエヅクものの、胃液ぐらいしか出ない。

 かなり苦しんでトイレから出て隣の席のツアーの人に「ちょっと吐きました・・。」と言ったら「すべて聞こえてました。大丈夫ですか?」と言われてしまった!トイレが近くてラッキーと思ったらなんとすべて筒抜けだったらしい。

 この状態で8時間以上・・・横にもなれず狭い座席で辛かった・・。

 昨日は休養。今日は久々にペース走。5分30秒を意識して15kmを5分19秒。しんどかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

ニューカレドニア こぼれ話(その1)

 ニューカレドニアの最終日。マラソンを走って、昼食済ましてホテルに帰ってテレビをつけた。

 フランス語なのでさっぱりわからんが、まあ、時々つけていた。旅行中、まったく日本のことや北朝鮮のことは報道されてなかった。(韓国のサムスン電子で誰か逮捕されたようなニュースはあった)テレビはほとんどがフランス本国からのものらしい。ニューカレドニアのものが一局あるようだ。よくわからんが。

 話を戻して、その最終日。テレビのリモコンを適当に押していたら驚いた。

『ルーツ』を放送していたのである。

 ずーと前にブログに書いたが、私らの世代が小学校高学年の頃テレビで放映されていた硬派なアメリカのドラマ。40年以上前である。それが放送されていて本当に驚愕した。

 日本ではもはや放送できないのではないか。恐るべしフランス。

キジーの息子ジョージ。

Photo


 クンタの娘キジー(ってわかる人しかわからん)Photo_3

 全然関係ないが、旅行前は大阪泊だった。ちょうど甲子園で広陵が決勝戦を行っていたので7回ぐらいから観戦した。初めての甲子園。大差がついていた。広陵の負け試合だったけど、久々の野球観戦はライブ感があってよかった。

Photo_4


 本日、11km。キロ6分53秒。昨日の山で筋肉痛。平地と使う筋肉が違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

ニューカレドニア国際マラソン 表彰式&カクテルパーティー

 さて、夕方はタイトル通りに表彰式とカクテルパーティーである。

Photo_3


 表彰式は年代別もあり、男女ベテランの部として40代、50代、60代とある。

 タイムはワーストだったけど、50代で3位になって表彰された。1・2位はフランス人(だと思う。現地の人)3位で表彰台にいたら、2位の人が名前を呼ばれて表彰台に近づいてきて手を差し伸ばされて握手。。1位の人とも以下同文で握手。いやー、3位と4位では天と地との差があるなーと感じる。それにしてもラッキーだった。サブフォークラスの50代の皆さん。参加したら表彰されるチャンス大アリです。(今年たまたまかも)

 私ごときが表彰されるので、他にも多くの日本人が表彰されていた。

合間に現地の人のダンス。

Photo_4

 そこからカクテルパーティーへ。とはいってもジュースのことも「カクテル」って言うのでアルコールはビールだけ。つまみにサンドイッチも出た。最後らへんは甘~いお菓子も。腹いっぱいになってしまった。(これが後々に悲劇の元となる)

Photo_5

Photo_6

Photo_7

↓これが3位の盾。順位で大きさが違う。

Photo_8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューカレドニア国際マラソン こぼれ話

 ということで、マッサージを受けにコーナーへ。ベッドは4つ。満杯。

 椅子に3人座っていたので、指さして「ワン・ツー・スリー」って言って(どうやら順番だろう・・)と思い、おそらく3番目だろうと思われる人の隣の椅子に座る。

 んで、3人空きベッドができたので行って、2人新たに来た。私は「順番抜かしされないようにせねば。日本人として。」とか思ってた。

 が!

 1つベッドが空いたら、一番最後に着た奴がそこに向かった。「え!?」って思ったが、何でか私の次に来た人も特にその人を咎めなかった・・。フランス人的何か?(何じゃそりゃ)

 マッサージ師もその人が寝転がったので施術を始めた。私は隣りの人に「おぅまぁいぐぁ」と言ってみたが通じたのかどうかわからんが微妙な微笑みをうかべられた。こういうときのスマイルは万国共通なのかも。

 そもそも、フランス語も英語も満足に聞き取れないし喋れないのにマッサージを受けようと思ったことが間違いかも・・・、といささか弱気になりつつ、次にベッドが空いたら絶対に自分だと主張しようと決意する。日本人として。

 んで、ベッドが空いたので、すかさず「OK?」って言ったら頷かれた。よかったー。

 しかしながら、多分「どこらへんを施術して欲しいですか?」と言ってたと思うのだが、ベッドを確保できたことに安心して、「レッグス?」という単語が聞こえたので「ああ、足でどうかってい言ってるんだからそれでいいか・・。」と思い「イエス」と答える。実話、「足の裏」を重点的にしてほしかったのだが、どう説明したらいいのかわからんかった。今から思えば、足の裏を指さして「ここ!ここ!」って言えばよかったのかもしれない。

 本日、トレイルシューズを試しに山に走りに行く。3時間30分で20km。道に迷っていろいろ面白い出来事があったのだが、また後日・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

ニューカレドニア国際マラソン 後半戦

 コースは同じところを2度走る。1、2か所のぼりがあることはあるが、基本的にはフラット。ただ、クネクネした道を走らされるところがある。

 フルのランナーはまばらで、先が見渡せる道路では、「あー2,3人前にいるな~」って感じ。それでも、ペースダウンしたランナーを、ポツリポツリと7,8人は抜いたかもしれない。逆に抜かれたのは外国人女性ランナーのみ。体感的に35km過ぎたあたりで、前半よりペースダウンしてるなーと感じる。後でガーミンを見たら10~20秒くらいペースダウンしていた。

 すべて、後からのチェックなのだが39~41kmはキロ6分を超えてしまった。例によって時計は見ずに、「どうなんじゃろう、最悪サブフォーはいけると思うんじゃけど・・。」と思いながらラスト1km走る。結局、このラスト1kmがキロ5分10秒弱くらいで最も早かった。

 申告タイムより遅かったが、なんとか、サブフォー。しかし、フルマラソンワーストタイムを更新してしまった。一昨年のヘルシンキマラソンより2分ぐらい遅い。まあ、仕方ないか。

 海外マラソンあるあるだけど、ゴールに近づいたら、国籍と名前を呼ばれる。今回も「ジャポーネ、○○○○~!」って呼ばれた。

 やれやれと、着替えてマッサージコーナーに行く。無料でケアしてくれるのだ。

こんな貼り紙でした。

21

 「マッサージ」でも通じると思うのに「按摩」って書いてある。「足病院」って「いうのもすごい。

 昨日は10kmをジョグで。今日は2時間走。キロ7分08秒で17km。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月31日 (木)

ニューカレドニア国際マラソン

 ということで、やっとマラソンのことを書く。

 この大会、「国際」とついてはいるが、フルマラソン参加者は100人ぐらいらしい。そのうち日本人が半分くらい。主にハーフに出場している人が多い。日本のマラソン大会の「ローカル」な参加人数か。

 そうそう、前日には一般ランナーでもスペサルドリンクが置けるのである。私は置かなかったが。

18

 旅行者ごとに軍のテントのようなところに荷物を預ける。

19

 ちなみに競技場。ここはゴールでスタートは路上からスタート。

20


 気象条件はよく、昨日まで日差しがきつかったが、天気は「曇り」。旅行社の人曰く「言い訳できない天気ですね。」って言ってた。

 スタートラインでは、ヘルシンキマラソンほどではないが、背の高い人が多い。ふと横を見ると、なんと甚平のような型をしたオシャレなユニフォームを着たマッダ~ム2名がいた。色は赤と白(ピンク?)だったか・・。あまりの珍しさに「このユニフォーム売ってるんですか?」と聞いたら、手作りだった。写真に撮ってないのが残念。チャキチャキのマッダ~ムだった。

 あれれ、7時になってもスタートしない。2~3分過ぎてスタートの号砲がなる。このゆる~い感じもいいかも。

 例によって淡々と走る。久々のレースなので体感とスピードがよくわからなかったので1kmのタイムを見たら5分43秒ぐらいだった。ゴール申告タイムは3時間50分。最低限サブフォーを目指して走るものの、まあハーフまでは時計を見ずに走る。

 ハーフの選手と一緒に走るのだが、折り返しがフルの方が少し長い。競っていた人がハーフで折り返したら、「あらら、この人ハーフだったのか」と思ってしまった。フルは人数が少ないので、走っている人もまばらになる。

 折り返しで1時間57分くらい。イーブンでは申告タイムを超えてしまう。さりとて、どうもペースアップは望めそうもない感じだった。

 給水は小さいカップに水が入っている。スポーツドリンクはない。オレンジがあるくらい。文化の違いか、給水が欲しかったので手を上げたら、いらないってことになってしまい「いるいるー。」と日本語で呼びかけたらわかってくれた。

 フルだけになると寂しい感じになって、前後にランナーが見えず一人で走ってるところもある。

 そうそう、これがコース。

Photo

 今日はここまで。(続く・・)

 帰国して、久々に走る。12kmをキロ6分26秒。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ニューカレドニア旅行記

 さて、次の日は大会の説明と招待選手の紹介、そしてパスタパーティーがあった。

12

14

 日本人が多い・・というかほとんどそう。立川マラソン他で優勝した人が招待されていた。

見学した競技場で招待された東京農大の女性ランナーがいたので、いろいろ話しを聞く。

 その後は、水上タクシーで向かいの島に渡る。

15


16


17_2

 島でのんびり。なんと、のんびりしすぎてボケてたのか、帰りの船は間違えて乗船した乗り場とは違うところに降ろされた。降りてしばらく歩いたのだが「あれ?違うぞ。」と思い元の乗り場まで結構歩く。

 晩飯は近くのサンドイッチ屋みたいなところで、サンドイッチ的なパンを2個購入。ここまでまったく白米的なものを食べずにレースに臨む。いよいよ次の日はマラソンのレースである。朝7時スタートという早さ。弁当が午前4時半に配布された。久々の白米である。

(続く・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

第35回ニューカレドニア国際マラソン

 ニューカレドニア・・。実は物価が高い。日本の2~3割増し。特に、ホテルのある所はリゾート地だからかもしれない。(後でヌメア市内のスーパー付近に行って、まったく雰囲気が違っていた)朝はホテルのバイキングなので問題ないが、(インスタント味噌汁もあった)他の食事は金銭との相談で結構迷うこととなる。(これは他の旅行者も言っていた)

 深夜について、次の日の昼はピザ。ガイドさんから「パスタは止めた方がいい」と言われていたためである。総じて茹ですぎらしい。1軒だけイタリア人シェフの店があり、そこだけ美味いそうである。その店の名を忘れてしまったのだが。

7


 金がないといいながら、ビールも注文する。地元のビールである。

8


 こんな湯水のように金を使っては、えらいことになる・・と思い、夕食はスーパーに行く。リゾート地にスーパーはない。当たり前だが、コンビニもない。店は7時にしまる。バスに乗って、ヌメア市内へ。

 バス・・。ガイドさんから「10番か11番のバスに」って言われていたのに、路線図を見たら「70番でも行けるじゃん」と思ってたら70番がバス停に着て、それに乗る。

 乗ってしばらくしたら、「しまった!どこで降りたらいいのか、正確にわからん・・。」ということに気づき、ちょっと緊張する。何とか、「ここだろう」というところで降りる。

 さっきも書いたが、ヌメア市内中心はリゾート地とまったく違って、若い衆が「ボヤ~」とたむろっている。しかもかなりの人数である。

Photo

 ↑この奥が商店街なのだが、結構たむろしていた・・。平日なのだが・・。

 んでもって、「カジノスーパー」という名のカジノでないスーパーに行く。入り口で「鞄をロッカーに入れて下さい。」(多分)と言われる。万引き防止なのだろう。

 そこで、夕食に80パシフィックフランのカップ麺と価格は忘れたが冷凍食品のチーズハムカツ(4個入り)を購入する。(続く・・)

11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューカレドニア国際マラソン 2017

 ニューカレドニア。初の南半球の旅行である。季節は秋なのだが、日中は半袖で十分。日差しがきつい。時差は日本と2時間、進んでいる。

2_5


 飛行機で約8時間以上かかる。これが機内食。

3


4_2


 これ以外にも、ミニカップ麺やお菓子、ドリンクなどを自由に飲食できる。機内では特にすることもないので映画を3本見てしまった。(後日に感想を書くかもしれん)

 てなことをしている間に真夜中に到着。あたりは真っ暗。空港からバスで1時間で首都ヌメアに到着し、ホテルにチェックインである。

 これが宿泊したホテル。ル・ヌバタ(ル・パシフィック?どっちだ?)である。

5_2

 室内は金庫・アイロン・冷蔵庫・電子レンジがあるが、なぜか歯ブラシやティッシュ的なものはない。スリッパもない。スリッパは持参した方がよかった。

6_2


 オプショナルツアーに申し込まなかったので、マラソン当日までまったくフリーであった・・。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

ニューカレドニア国際マラソン

 に参加。走ったのは昨日のことである。疲れた~。

 旅行記は後日・・。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

ヘロヘロ

 キロ7分25秒で5km。走りに疲れてる。

体重の増加がが怖くて、というかおいしいものをたくさん食べたいから走ってる感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ワンピース86巻