2020年9月16日 (水)

些細な事

 通勤途中に当然いくつ(数えたことはないが)か信号がある。国道に出る前の信号に大概引っかかる。ここは仕方ないとして、稀にその後7つくらい連続で信号にひっかからずに進むことがある。当然、安全運転で、である。

 こんなとき、すごく気分がいい。些細な事だけど。

 今日は、レース後ということもあり、足も心肺機能もある程度慣れてるだろうということで、12kmのペース走。とりあえずキロ6分ぐらいからと思ったが、走ってみたらキロ5分43秒。心拍数は大体140台、ラストは150以上になる。走り終わって、足がダルダル。

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

レース後

 久しぶりに必死に走ったのでさすがに足が筋肉痛。

昨日はレース後にいつも行うほぐし気味に5km走。キロ8分32秒。

今日は休養。

| | コメント (0)

2020年9月13日 (日)

第2回 夏の終わりの中央森林公園マラソン

の20kmの部に参加。

「マラソン大会」と名の付くものに参加したのは2月の五島以来である。半年以上たっている。例年であれば、3月にフル、4月か5月のGWにハーフ。7月に桜江、8月に都合がつけば海外、9月に聖湖パターンだったが(改めて書くと毎月何かに出てたんだな)、本当に久しぶりである。

 さて、レースは1分刻みの時間差スタート。喉が渇くと嫌だったので、走る直前に自販機の炭酸エナジードリンクを飲んだら、走ってしばらくは横っ腹が痛かった。コースは以前走ったことがあり、ダウン→アップ→ダウン→アップ→ダウンの連続。最初はダウンだったのでタイムを見たらキロ4分台で「ふふふ。練習ではさっぱりだったがいざとなったら走れるもんだ。」と思ったのだが、ダウンが終わるとともに失速。どんどん抜かれて5~10kmまでは「こんなしんどかったっけ?」と思いながらが走る。とにかく体が重いのと呼吸がしんどいのでどうにもこうにもである。

 15km過ぎてから残り5kmとなり、下りは足を気にせず飛ばして、上りは「ヒーヒー」いいながら辛抱して走って何とかゴール。キロ5分07秒だった。やっぱり練習タイムは嘘をつかないな、と感じる。レースに出ないととても一人でスピード&距離的に追い込んだ走りはできない。レースがあることで何とか走力を維持できていたのかもしれない。

 木金土は休養。久々のレースはよかった。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

涼しくなった

 昨日は10kmをキロ6分16秒。この夏では一番早いタイム。夜は涼しくなったからだが、本番用のシューズで走ったせいもある。このシューズを使用するのも2月の五島列島のハーフ以来である。半年以上前。半年以上レースに出てないということになる。

 今日は休養。

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

マイナポイント

 やれやれ。「7」はコピー機の所ではなく「7」銀行で手続きができることが分かった。「7」銀行を利用していないのでダメなのかと思ったが関係なかったのである。これで何となく「損した感」が解消された気がする。

 昨日は16kmをキロ7分56秒。今日は10kmをキロ6分35秒。キロ6分台って久々。日差しも陰り、風が吹いて涼しかったせいか。

| | コメント (0)

2020年9月 5日 (土)

トリック

 今日街へ出る用事があり、大型ショッピングセンターの駐車場に停める。このような駐車場に停めるとどこに停めたかわからなくなるので、スマホのメモに打ち込む。今回は「赤19R」。

 さて、買い物を済ませ、駐車場へ。しかし、「赤19」はあるものの「R」という筋がない。「おっかしーなー、離れたとこにあるんかなー」と探してたら、娘1号が「ここにあるじゃん!」と見つけてくれた。それは「赤19B」

 「なんでBなのにRって入力したんだろう・・・」とつぶやくものの娘1号からは「こっちが聞きたい」と言われる。「ボケたのかも」と思って自分でも嫌になる。

 で、運転席に乗り込み駐車場の柱のアルファベットの印を見ると隣の車のせいで「B」の下の曲線部分が隠れて見えたのである!「あ!これで『R』に見えたんじゃ!」これが真相であった。

 今日は午前中に15㎞を8分10秒。昨日は5kmを走るも足が3.5kmで止まりそこから歩く。どうにもならん。

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

夜は涼しい。

 あくまで日中と比較しての話だが。

 ところで今「にっちゅう」と入力したら「日中」と出てきたのだが、これであってるのだろうか。もしあっているのなら、「アメリカ合衆国は素晴らしい国だ。あくまで日中と比較しての話だが。」でも文章的には意味が通じる気がする。内容的にはどうかしらないが。こういうとき、何を「モノサシ」にして判断するかは人それぞれである。

 や、話がそれた。つまり夜は涼しいが今日走ってみてキロ7分20秒の7km。涼しいわりには早く走れなかった、ということが言いたかったのである。

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

立腹

 マイナポイントのことである。

 ipone6sではできないので、一昨日「7」に行ったら、「混雑してます。時間をおいて・・・(多分こんなメッセージ)」で一向につながらない。んで昨日別な「7」に行ったら、何でかその登録そのものの案内がない。しかも平日は20時までと時間制限がある。役所仕事だからか。

 キャッシュレス決済を勧めたいのはよくわかるのだが、それにしても手続きのための環境設備が不十分な気がする。置いてきぼり感がひどい。

 昨日は仕事で遅くなり走れず。今日は12kmをキロ7分。久々に「走った」って感じ。この前の登山の帰りに「天下一品」でたらふくラーメン食ったので体重が今シーズン最高の64.3kgだったが、今日でなんとか63kgに戻す。

| | コメント (2)

2020年8月31日 (月)

登山

 昨日は県内最高峰の恐羅漢山に登る。トータル5kmの行程。久々の登山は登りで足を上げるのがしんどかった。下りは下りで、足ががくがく。「恐羅漢は見晴らしがよくない」と本に書いてあったが、その通りで、あまり周囲の景色が森林のせいで頂上でもいまいちである。ついでにそれほど涼しくなかった。もしかしたら標高は若干低いが比婆山の方が涼しいかも。

 土曜はキロ8分26秒で14km。本日は休養。

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

睡眠

 昨日は7kmをキロ8分少々。

 今日は14kmをキロ8分26秒。今日は、休日だったため、いつもより30分ほど遅く起きた。(「寝た」というより30分ほどぐずぐずした感じ)そのせいか、「よく寝た」感じがして(ガーミンの睡眠判定では深い睡眠が1時間少々だったが)、走り出しても「眠たい」ということはなかった。体もそんなに重くない。

 にもかかわらず、そのキロ8分30秒前後のゆる~いペースでしか走れない。もうこの年になると「よく寝た~。体もシャキーン!」てなことはないのかもしれない。薬局で睡眠導入剤のコーナーを熱心に見ていたら薬剤師さんに「説明しましょうか?」と声をかけられた。(断った)。

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

疲労

 一昨日は休養で昨日は12kmをキロ8分05秒。

そして今日はどうにもこうにも疲れてて休養。たいしたことはしていないのにとっても疲れている。

 この夏にはクーラーをつけっぱなしで寝ている。多分自宅では初めてのこと。夜中に暑くて目が覚めることもなく、なんでかトイレに行くこともなく、(ただ、目が覚めることはある)よく寝ているはずなんだけど、本当に疲労が抜けない。クーラーつけっぱなしで寝てるからか。つけっぱなしと書いたが、明け方に「寒ッ」って思って消す。で、消したら目覚める頃には「暑ッ」って思って目が覚める。

 疲労が抜けないのは、当たり前だけど老いたからか。走れんので体重は増えてるんだけど。

 

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

 仕事終わりで夜に5km。キロ7分30秒。日差しがない分、楽なはずだがそれでもキロ7分30秒。距離も短いのに、である。

それにしても、夏でも食欲は落ちないので体重も落ちない。

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

長い距離が走れない

 金曜は疲れてて休養。3kmのウォーキング。

 昨日は11kmをキロ8分01秒、今日は14kmをキロ8分15秒。

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

いつの間にか

 年をとった。50歳後半である。

 大体30歳過ぎたくらいから「年をとった。精神年齢(または中身)は20代くらいなのに。」と言う。この年齢になっても「精神年齢(または中身)は40代くらいなのに」とは言わない。となると性格なるものが固まるのが20代くらいで、そこから先は「微調整」くらいなのかもしれない。性格が固まり出した頃の年齢を「精神年齢(または中身)」とか言うのかも。

 逆に50代後半で「精神年齢(または中身)が70代じゃわい。ぬははははははは。」ということを言う人はあまりいない。50代後半なのに、70代にふさわしい精神年齢(まやは中身)の在り様がわからないからである。ただし30~40代にも関わらず「老成している」と言われる人もいる。こんなことを書きながら、年齢にこだわるのは日本、というか東アジア文化圏で欧米は「年齢」でなくて「能力」ということを聞く。

「能力は20代くらいなのに」というのが、スポーツ選手以外で誉め言葉になるかどうかはよくわからない(そもそもなんの能力だ?)。

 昨日は11kmをキロ7分13秒。今日は12kmをキロ7分52秒。日が落ちた夕方(夜)の方が走りやすい。

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

記憶にございません!

(三谷幸喜監督)を見る。たまたまなのだが、政治モノが続いている。

 面白く笑えた。思わずツッコミを入れながら、ありえない設定に大笑い。どれだけ無理ない(?)展開でギャクを詰め込めるかという気もした。

 今日は9km。キロ7分45秒。8kmで足が止まったものの再び走り出す。しかし9kmで止まってしまう。頭がピキピキした。

 

| | コメント (0)

2020年8月16日 (日)

無敗の男 中村喜四郎 全告白

(常井健一著)を読了。


 偶然であるが政治家続きである。最高裁で有罪の判決を受け、さらに小選挙区制で無所属(つまり比例復活もない)にもかかわらず選挙に勝ち続けている。とにかく地道な活動と強力な後援会組織、しかもこの後援会組織が企業とか労働組合といった「組織」でなく中村家及び中村喜四郎個人を応援する各個人、各自治会のつながりから成り立っているのがすごい。さらに喜四郎先生「わしがあれをやった」と自慢する政治家連中の中では功績をほこらないというお方。マスコミ嫌いでほとんど表立って登場しない人物を追ったこの本も面白かった。


 今日は16kmをキロ7分13秒。久々に8分を7分30秒を切るペースだった。


 


| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

第51回防府読売マラソン

 の開催が決定した!

 が・・・・

 この要項を読むと参加できるのはエリートランナーでなければ山口県民(フルでサブフォーの)・・ということか?

 山口県民でないので参加できそうでない・・残念でござる。

 

| | コメント (0)

なぜ君は総理大臣になれないのか

 を見る。

 横川シネマに初めて行った。映画館は小さい。座席は深々座れるが、新型コロナ対策で1つ開けて座る。映画は面白い、というより興味深く見ることができた。何にもないところから志だけで国会議員に立候補することが何と大変なことか。同じ選挙区に立候補し、当選を続けている人物が地元紙新聞の御曹司で国会議員の三代目なのでかなり善戦していると思う。生半可の知識なのだが、同じ小選挙区制のイギリスでは親の地盤からは立候補できないんのではないか。これで「平等な競争」とは言えないだろう。

 それにしても、政治評論家の田崎さんって、こんな野党の議員とも個人的に話をするんだとちょっと驚いた。ニコニコ(おそらく自分とは違う)意見を聞いている。こうやっていろんな情報を収集するのか、先物買いをするのか・・。

 今日は10kmをキロ7分52秒。時間はあったが、暑くてこれ以上走ってもダメだと思った。

 

なぜ君は総理大臣になれないのか

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

黒部立山アルペンルート(その3)

 一ノ越まで行ったが、その先の雄山はちょっと時間的に無理なので、いつの日か登ろうと決意する。

 

Photo_20200814205401

 そこから、また乗り物を乗り継いで黒部ダムまで下っていく。

 

 

Photo_20200814205501Photo_20200814205601Photo_20200814205602

 今日は、用事があって走れず。

 

 

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

黒部立山アルペンルート(その2)

 翌日朝6時でも心配だったので、朝の5時半過ぎに扇沢駅に行ってみることにした。無料駐車場はすでにいっぱいで(まあ、連泊する人が停め続けているので入れ替わりが少ない)有料駐車場(12時間1000円)に停める。

 早くも、行列ができており後ろに並ぶ。先頭は聞いてみると3時半に並んでいたらしい。かなわん。何とか7時半発の黒部ダム行きをゲットし、そこから、トロッコ、ロープウェイ、トロリーバスを乗り継いで一気に室堂へ。乗り物は満杯にならないように配慮されており、人が降りると座席や手すり等を消毒していた。大変である。

 天気がよくてラッキーだった。

1_20200813110001

 

Photo_20200813110101

 雪がまだあちこち残っている。室堂をあちこち散策。登山の準備をしていなかったが、一ノ越なら登れると思いそこまで登ってみることにする。途中登山道を雪が阻んでいて、関係者(?)が雪の階段を作っていた。(続く)

 

 

Photo_20200813111201

 今日は17kmをキロ8分04秒。14kmで足がパタッと止まってしまったがすぐに走り出せた。暑さのせいか。

 

| | コメント (0)

«黒部立山アルペンルート(その1)